スイカの種茶エドガ−エドガー・ケイシー療法

 利尿効果のあるスイカの種茶は利尿効果があり、腎臓と膀胱の機能の刺激剤として勧められている。


これは腎臓と膀胱に反応を起こしている反応の症状を解消する、というのは、排泄が欠乏し循環が緩慢になったために、体内に大量の老廃物がたまり、システムの中で持ち続けられる、そして、これらを体から排せつする必要があるのである。他のほとんどの方法にもまして、腎臓の活動をこれ(西瓜の種茶)で腎臓を刺激する方が、より多く排せっするでしょう。(1695-2)

This will clarify those conditions that cause reactions in the kidneys and bladder, for, the lack of eliminations and the slowing up of the circulation causes a greater quantity of drosses to be held in the system, and these need to be eliminated from the body.

More will be eliminated through using this stimuli for the kidney activity than in most any way.

この時整骨アトミダインの摂取もすすめている。


この腎臓の負担を減少させ、そしてまた腹部領域にたまる水の量を減らすために〔スイカの種茶を服用すること〕。そうすれば、体からこの不調を除去するように、排せつ作用を維持する。(1148-1)

ときどきスイカの種茶を服用する。これは体内からこれを排せつすることを物質的に助ける・そこにはちょうど十分な硝酸カリウムが正しい割合で存在し、圧迫を起こしている症状を取り払うように胃液に働く…

これを2〜3日飲んだなら症状を完全に除去するように、組織の排泄作用を整える変化を増進する必要がある。…西瓜の種茶に入っている硝酸は、組織に障害を起こさない。カッブー杯分を、一日に三回か四回飲用する。起こさない。(470-28)

これには硝酸カリウムと他の成分が十分にあるので、これを飲むと、腎臓、膀胱の領域の炎症を取り除くだけでなく卵巣の症状を緩和する。(2048-8)

赤ちゃんは正常に出産されるだろうが、活動を正常に保つように適切な注意がなされなければ腎臓に障害を与える。ゆえに、出産後にはスイカの種茶をごく少量服用すると効果がある。(951-7)


飲みかた:1パイント(1/8ガロン=0.47L)の沸騰した水をスイカ種(曳いたかカットした分に)大さじ一杯の上にお湯をかけに浸したものを用意して下さい。 それを冷して、それからこして、飲んでください。少なくとも1日1回、週に3日間、スイカ種お茶を水の一部としてとって下さい。

一スイカの種茶は一パイントの沸騰した湯に小さじ一杯の割合(ティーカップに一つまみ程度)で作り、一五分浸出させ、週に一度あるいはそれ以上服用する。リーディングによれば、一日に一度たくさん飲むよりも数回に分けて少量ずつ飲む方が効果があるとしている。

スイカの種茶は数日毎に新しく作る。

……たとえアイスボックスの中に保存するとしても、二、三日以上は保存しないこと。

なぜならばもちろん・同じ場所の空気と成分からの発散により、その作用により逆効果となるからである。どうしても保存したいなら、アイスボックスの中でもビンにつめてコルクをして・飲むときには温めるようにする。(569-25)