大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

コーヒーとお茶

エドガー・ケイシーがリーディングして答えたぶんです。

「問-コーヒーは体に悪いですか?」

「答‐−クリームや牛乳を入れなけれぱそれほど悪くない。」-1568-2

「問‐−コーヒーは良いのでしょうか?そうとすれぱ、どれくらいの頻度で飲めぱよいのですか?」

「答‐−多くの場合、この体のように、コーヒーに含まれるカフェインは消化に悪い。特に、胃の下部端に多血症の傾向がある場合はそうだ。」

「よって、コーヒーやチコリ(根の粉はコーヒーの代用品)を栄養価としてとるのも、コーヒーにパン、肉または菓子類を組み合わせるのであれぱ有益だ。」

パンはショートニングを使わないベイグルやフランスパン、チャパティ(全粒粉を使うのがいい)

「だがこの体の場合は、タンニンは除去するのが望ましい。そうすればコーヒーは一日に二、三回飲んでもよいが、ミルクやクリームは入れてはならない。」404-6

ミルクやスジャータなどのカップミルクはコーヒーや紅茶に関わるとゴム様の物質を生じこれがコロイド状になり消化も吸収もできない形となり沈着し血行不良を生じやすい形となるのでさけるべきです。

カフェオレは一番悪い。

「コーヒーは神経系統に対する刺激物としての特性を持つものだ。それから生じるくずはカフェインで、これは体内で消化できないので、必ず排泄されねばならない。これが大腸内にとどまると、毒素が発散する。体内から排泄されるなら、コーヒーは一つの栄養価で、他にとり得る多くの刺激物よりも好ましい。よいかな?」294-86

お茶とコーヒーの摂取に際しては中庸が鍵であること、また、アルコール飲料は避けるべきであること、但しワインをほどほどにたしなむのは良いことが述べられている。

いつものコーヒーやお茶やココアのかわりに、栄養価が高くしかも刺激性のないおいしい飲み物を様々な果物や野菜の絞り汁からつくることができる。これなら暑い季節に冷たいまま飲んでも冬に温めて飲んでもよい。

果物と野菜のジュースの作り方はどんな料理の本にも載っている。

ホームぺージ先頭へ