大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ  
メルマガ登録&解除
Google

塩と高血圧

2.高血圧との関係

高血圧は、1.遺伝的要因、2.肥満、アルコ−ルの摂取、ストレスなどによる環境的要因、3.腎臓障害などの病気等が影響していると考えられていますが、塩と高血圧の関係については明確な結論が出ていないというのが現状です。なお、厚生省は昭和54年に食塩の目標摂取屋の上限植を定めて、1目10g以下が望ましいとしています。

参考までに、1988年に発表された高血圧に関する国際調査(インターソルト・スタデイ)結果の一例と国民栄養調査での食塩摂取量の年次推移を示します。

インターソルト・スタディにおける食塩排泄量と高血圧罹憲率

(田中平三・他:脳卒中の危険とその変化,神経研究の進歩33:715,1989)

本調査は食塩摂取量と血圧との関係などを調査するために1986年に実施された疫学調萱(32ヶ国、1万人対象)ですが、この図をみると末開あるいは奥地住民を除くNa+の24時間尿中排泄量(≒摂取量)は食塩換算で6〜15gの範囲にあります。また、高血圧罹患率と食塩摂取置との相関は少ないように思われます。

ホームページ先頭へ