大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

最後の晩さん:ケイシーリーディング

Venture Inward

一九三二年六月一四日、フィジカル・リーディングの直後、エドガー・ケイシーが、かつて述べてきた中でも最も興味を引く自発的な情報の一つが語られた。彼を覚醒させようとする暗示はすでに三回かけられていた。

 

「ここにキリストがともにおられる。晩餐で彼らが食べているものを見よ。茄でた魚、葱を添えた飯、ブドウ酒とパン、水差しの一つが欠けている。取っ手と、口もそうだ。主の衣は白いというより真珠色で、これはニコデモが主に贈ったものである。一二人の内、器量がいいのはユダで若いのはヨハネである。彼は玉子型の顔で黒髪、艶のある顔でただ一人短い髪をしている。ペテロは無精で、口髭はいつもとても短くしており、毛深くてあまりきれいではない。それと対照的なのはアンデレで、毛は薄めで顔の横と顎の下が濃くなっていて上唇で長くなっている。彼の衣はいつも灰色または黒であるが、一方、バルトロマイとピリポのは赤と茶色である。

 

主の髪は赤に近く、そこここでカ-ルしており女性的なものや弱々しさは感じられない。むしろ強健であり、青または銅色の重々しく射抜くような目をしている。体重は少なくとも一七〇ポンド(七七キロ)

はある。細長い指で爪はよく切ってあるが、左手の小指だけは長く伸ばしている。

にこやかで、裁判のときさえそうだった。

冗談を言い、裏切りの瞬間でさえそうであった。さや剣の鞘は空にしてある。

ユダが去ってゆく。

最後にブドウ酒とパンが出される。

主はそれによって、彼に従う誰にも貴重なものとなる象徴を与えられるのである。

ワンピ-スになっている衣を脇に置き、青と白の亜麻布で覆った腰にタオルを締める。

羊たち(使徒)に向き直り、ヨハネとヤコブの前に跪く。

次にペテロー彼はそれを拒んだ。……主はまた音楽家でもあった。

彼はハープを弾いたからである。……」(5749-1)

 

求めずに与えられたこのようなリーディングの中には、証明となるような通信情報も含まれている。

分量の点ではさほどではないが我々が死後に入るこの「未知の世界」の状況を興味深く描写している物もある。

そのような世界での体験を伝えられる人間は極めて少ない。

TEXT OF READING 5749-1

 

This Psychic Reading was given by Edgar Cayce at the end of

check-physical reading [1315-3], this 14th day of June, 1932,

after suggestion was given three times for EC to wake up.

 

P R E S E N T

 

Edgar Cayce; Gertrude Cayce, Conductor; Gladys Davis, Steno.

Mildred Davis and Hugh Lynn Cayce.

 

R E A D I N G

 

Time of Reading

11:30 A. M.

 

1. EC: The Lord's Supper - here with the Master - see what

they had for supper - boiled fish, rice, with leeks, wine,

and loaf. One of the pitchers in which it was served was

broken - the handle was broken, as was the lip to same.

 

2. The whole robe of the Master was not white, but pearl gray -

all combined into one - the gift of Nicodemus to the Lord.

 

3. The better looking of the twelve, of course, was Judas, while

the younger was John - oval face, dark hair, smooth face -

only one with the short hair. Peter, the rough and ready -

always that of very short beard, rough, and not altogether

clean; while Andrew's is just the opposite - very sparse,

but inclined to be long more on the side and under the chin

- long on the upper lip - his robe was always near gray

or black, while his clouts or breeches were striped;

while those of Philip and Bartholomew were red and brown.

 

4. The Master's hair is 'most red, inclined to be curly in

portions, yet not feminine or weak - STRONG, with heavy

piercing eyes that are blue or steel-gray.

 

5. His weight would be at least a hundred and seventy pounds.

Long tapering fingers, nails well kept. Long nail, though,

on the left little finger.

 

6. Merry - even in the hour of trial. Joke - even in the moment

of betrayal.

 

7. The sack is empty. Judas departs.

 

8. The last is given of the wine and loaf, with which He gives

the emblems that should be so dear to every follower of Him.

Lays aside His robe, which is all of one piece - girds the

towel about His waist, which is dressed with linen that is

blue and white. Rolls back the folds, kneels first before

John, James, then to Peter - who refuses.

 

9. Then the dissertation as to 'He that would be the greatest

would be servant of all.'

 

5749-1 Page 2

 

10. The basin is taken as without handle, and is made of wood.

The water is from the gherkins [gourds], that are in the

wide-mouth Shibboleths [streams? Judges 12:6], that stand

in the house of John's father, Zebedee.

 

11. And now comes "It is finished."

 

12. They sing the ninety-first Psalm - "He that dwelleth in the

secret place of the Most High shall abide under the shadow of

the Almighty. I will say of the Lord, He is my refuge and my

fortress: my God; in Him will I trust."

 

13. He is the musician as well, for He uses the harp.

 

14. They leave for the garden.

ホームページ先頭へ