大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

サフラン

1日量0.6g:を急須に入れ、約200m1の熱湯を注ぎ、3分間浸し、滓を漉して得たものを、朝夕食後に約100mlずつ服用

臨床的な適応症は月経困難症、月経痛、月経不順、更年期障害、不安神経症、冷え症などである。薬理学的作用については、Invitroで血小板凝集抑制作用、抗凝固作用、線溶促進作用を、invivoで家兎の血管拡張作用応報告されているが、今回得られた成績からはサフランのヒトに対する血小板凝集能の作用については各性周期で明らかな抑制を認めないほど11-dehydroTXB2の低下作用は軽度なものであった。サフランの投与によって血液粘度が月経期において低下していたことから、サフランがいわゆる潜血化おの効能を有する-二とがヒトで確かめられた。また同時にHCVも減少していたことから、HCVの減少が血液帖度の低下に関与した要因と思われた。サフランの投与によって月経期のNCVが減少したことから、サフランが子宮内膜でのフロスタグランジン合成を抑制することが推測される。以上のように、サフランは血液粘度を明らかに低下させ、血小板のトロンボキサン合成:を抑制することから、駆お血作用を有する-二とが健常の性成熟女性で示されたものと考える。プロスタグランジンがお血病態の成因の一つとして考えられる己とから、今後、月経困難症与ど性周期に伴う異常を有する対象での同様の研究が期待される。

 

生薬サフランはアヤメ科のサフラン(Cr?ussatiΨusLlNNE)の柱頭皮び花柱上部を乾燥したもので、蕃紅花とも呼ばれ、古来よむ鎮痛・鎮静・通経の目的で用いられている。漢方医学的には潜血化おの効能があるとされている

ホームページ先頭