大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

せき止めシロップ

)ハーブシロップこの良い味の処方はあなたが最もそれを必要とするときのどをやわらげる。 のこれほど楽しい味が分かっている方式があなたののどを和らげるであろう。 これすべて自然、ハーブの風味がするシロップは野生の桜樹皮 (Wild Cherry Bark) ニガハッカ 、ダイオウと野生のしょうが(W Ginger) 、穀物アルコール (Grain Alcohol) とはちみつの伝統的な混合物です。

これらのハーブを望んでいる人に食餌療法のサプリメントとして目指された。

、ヘルスケア専門家によって指導されないなら、6年の年齢の下で子供たちに使わないで下さい。

咳止めシロップ〔243-29〕

エドガーケイシーは、この処方は「気管支といん頭を通しこれらの混乱した諸力と いろいろな排泄を通してもっと良い状態を作る」(リーディング# 243-29)。 、

リーディングの(243-29)では咳止めシロップの処方液が示されている。

この処方液はそれ以来すっかり一般的になっている。

この処方液は「咳止め薬、去疾剤として働き、組織毒全体へのヒーリング効果がある、とされている。

「咳を鎮めて、気管支と喉頭の荒れを治癒して排せつの働きを促進する」

その処方液の成分は、アメリカウワミズ桜樹皮シロップ、ニガハッカのシロップ、ダイオウ(大黄)のシロップ、ショウガのエキス、ハチ蜜、それとアルコールである。

それらの薬剤のいくつかは、他のエドガー・ケイシーの咳止めシロップ処方にも示されている。

リーディングでは、とりわけニガハッカとアメリカゥワミズ桜樹皮が咳止め療法として、多く見受けられる。

市販されている咳止めシロップと違い、その処方は、体に優しい排せつ剤ダイオウを含んでいる。

それ以外のリーディングでも咳止めシロップについて補足説明がある。

アメリカウワミズ桜樹皮は、迷走神経と肺全体に直接的な効果がある。(1012-1)

とりわけ血液供給のための他の成分と組み合わせた場合には、アメリカゥワズ桜樹皮は、去疾剤、また清浄剤として働く。(643-1)

風邪とうっ血の緩和のために、桜やニガハッカに見られる前記の成分を取ることは、消化を助けるのみでなく、頭の上部や気管支のあたりの循環を刺激して、喉と歯茎での循環を改善する……。(808-3)

ダイオウは乳縻管の働きを整えて、この時期に起こる強い緊張を予防する。(543-21)

ショウガは:.…胃液と直接結び付いて肝臓の働きに作用する……。(1019-1)

醸造アルコールは天然の保存剤であり、また他の薬剤の担体として働く。

また、エドガー・ケイシ一"によれば、ハチ蜜は消化吸収を助けるということである。

この処方液の大きな利点は、副作-用がなく、症状が治まるまで一時間おきに服用することもできる。

この咳止めシロップ液の使用者は、すばらしい結果を報告している。

他の咳止め療法では 咳を鎮めることができなかった多数の人が、この咳止め液で十分な成果を上げている。