大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

ラクトフェリンのいろいろな機能と効果

ラクトフェリンとは

感染防御や免疫力増強の働きのある蛋白質

1.初乳の免疫力の主役…母乳に豊富初乳にはさらに倍以上

2.鉄不足の時吸収を促進…鉄を運ぶもの(フェリン)の名前をもつ

3.極めて安全…母乳や牛乳で実証されている。

特徴

ラクトフェリンは鉄イオンと結合すると赤色になる蛋白質です。

哺乳動物の乳や涙、唾液、胆汁などの分泌物の中に存在し、特にヒトの母乳には

1Lあたり2-4g、初乳には5-10gも含まれており、牛乳の約10倍になっています。

また、体の細胞内でも作られ、さまざまな働きをしています。

 

形態

分子量は約8万。約700個のアミノ酸が鎖になっています。柄のないイチョウの葉が2枚ついたような構造で2個の鉄イオンが結合できるようになっています。

 

 

抗菌作用

整腸作用

免疫機能調整作用

鉄吸収調節作用

鉄欠乏性貧血の改善予防

酸化抑制作用

活性酸素の生成調節鉄イオンによるラジカル生成を抑制

消化管粘膜上皮細胞などの増殖促進作用

 

ラクトフェリンの機能

ラクトフェリンの発見された新しい機能(国立ガンセンターの研究ラクトフェリンの癌転移抑制作用)がん予防物質の探索と作用機序の解析(国立ガンセンターの研究)


ラクトフェリン

ホームページ先頭へ