Google

エドガーケイシー療法:パーキンソン病

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。


難治のものです。

ムハメッド・アリがオリンピックで手をがたがた震わせ、体も震わせていたのを見るとあれだけ元気な人も同様に病気になると変な気持ちになったことを思いだします。

現在はこの病気は治りませんし、進行をわずかにとめるだけです。

この頃米国でも日本でも脳ある部分に電極を入れ電気で刺激してあげるとパーキンソン症状がなくなることがわかってきました。

医学用語事典では パーキンソン症候群(parkinsonian syndrome)、 パーキンソニズム(パーキンソン症候群)とは、パーキンソン病の特徴である振戦,筋強剛,無動・動作緩慢、小刻み歩行(de marche a petits pas)、すくみ足歩行(freezing of gait)、仮面様顔貌のような錐体外路症状のいくつかが出現する疾患全体をさす概念で、多数の疾患が含まれる。

40歳以下で発症した場合は若年性パーキンソニズムと呼ばれ,家族性発症が多い。

原因疾患を大別

  1. 特発性パーキンソニズム(idiopathic parkinsonism)(パーキンソン病と同義)
  2. 原因が明らかな症候性(二次性)パーキンソニズム(symptomatic p)
  3. パーキンソン病以外の原因不明の神経変性疾患によるもの,の3つがある(表)
    L−ドパや、その他の抗パーキンソン薬は,パーキンソン病以外の疾患には有効でない

症候性パーキンソニズムの中で最も頻度が高いのは、脳血管性パーキンソニズム(arteriosclerotic p)と薬剤性パーキンソニズム(drug‐induced p)である。

前者は大脳基底核の多発梗塞や虚血性の大脳白質変性が原因で生じ、開脚位の小刻み歩行と筋強剛を特徴とする。

薬剤性パーキンソニズムの原因薬は、線条体のドパミン受容体遮断作用を有するベンザミド誘導体(鎮吐薬,腸管運動改善薬,老年者の精神症状改善薬として繁用)、フェノチアジン系・ブチロフェノン系の抗精神病薬、脳循環改善薬、カルシウム拮抗薬などで、進行が速く振戦が目立たない特徴があり、原因薬剤中止により改善する。

神経変性疾患のうち,線条体黒質変性症,進行性核上性麻痺は,初期にはパーキンソン病との鑑別が困難なことがある(James Parkinsonはイギリスの医師,1755‐1824)。


薬物療法(antiparkinson drugs)

パーキンソン病(パーキンソニズム)は黒質線条体路のド〔ー〕パミン作動性神経の変性の結果,無動,筋硬直および振戦をきたす慢性進行性疾患である。

治療薬としては,減少した脳内とくに線条体のド〔ー〕パミン(dopamine)を補う目的でレボドパ(levodopa(L-DOPA))の投与が最も効果的で広く応用されている。

レボドパはドパミンの前駆物質で,ドパミンと異なり血液脳関門を通過できるので,脳内に入ってドパミンに変化し奏効する。

しかしレボドパの単独療法では副作用が少なくないので,ド〔ー〕パ脱炭酸酵素の阻害薬(カルビドパ,ベンセラジッド)との併用が行われる。

この阻害薬は血液脳関門を通過できず,末梢でのレボドパからドパミンへの転換を抑制するため,レボドパが有効に脳内へ移行するので投与量を減らすことができる。

そのほかに抗コリン薬のトリヘキシフェニジル(trihexyphenydyl)やド〔ー〕パミン受容体*作用薬のブロモクリプチン*(bromocriptine)、ドパミン放出促進薬のアマンタジン(amantadine)、またノルアドレナリンの前駆物質の一つであるL−スレオドプス(L-threo-DOPS)もレボドパ長期投与による「すくみ足現象」を改善するという。

ノイキノンや、パーロデル、FP錠なども使用される。


パーキンソン病のリーディングと改善例:ケイシー療法

要約すると金波動の不足といっている。

金の不足では無い。

この病気は、単に、食餌中の金が不足したことにより生ずるのではたく、おそらく、消化組織が金を同化する能力に欠陥が生じたか、あるいは、肉体の各組織が同化した金を使用する能力に欠陥が生したためであろう。

パーキンソン病のケイシーリーディングの詳細と使用するウエットセルの詳細は会員のみ見ることが出来ます。それを入れるのはウエットセルという蓄電池で30分〜1時間腰椎4番と乳び槽のうえにウエットセルのプレートをおきおわったらマッサージをする。

食事も

「大部分のケースでは、脊椎から四肢の末端へ向かってマッサージするように示唆されているが、ある場合には、四肢の先端から脊椎に向かってたすように奨められた。マッサージする部位については、脊椎と四肢が最も多かったが、胸部や腹部の指示もあった。マッサージを円形に実施することも奨められた」

もとより、ケイシーの死後では、たとえ一般的には有効た療法であっても、特定のケースにどれを適用すべきかは明らかではない。

マックギャリー博士が自分自身調査した結果について述べているように『ケイシー流に』誰に、いつ、何をだすべきかを知るためには、ケイシーの潜在意識に対するまさに直観的ともいえる信頼感が必要である。

「単純な混合油は、普通、等量のオリーブ油と落花生油に、とかしたラノリン(羊毛脂)を加えたもので、その割合は、オリーブ油と落花生油がそれぞれニオンス、ラノリン4分の1オンスである。(このオイルはボディビューティフル)複雑な混合油は、オリーブ油のベースに、ピーナッツ油や、さらに、ロシア白油、杜松油、サッサフラス油、松葉油、ラノリン、冬緑油、安息香チンキ、ミルラチンキ、天然カンフル精、テレピン油、羊脂と(または)唐辛子チンキなどを種々組み合せたものを加えたものである」

これらはマッサージオイルなどで使える。

ケイシーが奨めた食餌は、この疾病を予防するうえで彼が述べた食餌と一致していた。

つまり、低脂肪で便秘を防ぐように食物をとることである。

医師は次のような発見をしている。

「ビタミンB群を含む食物を摂取することが強調され、ときには、ピールの酵母や小麦の胚芽が奨められた。肉類としては、魚貝類や、レバー、野生の鳥獣などが奨められたが、焼肉やフライはだめである。若鶏や魚の骨も、よくかんで食べるべき、一般に、揚げ物は禁止。オランダガラシ(サラダ用)や、ニンジン、セロリ、ダイコンといった生野菜や、ゼラチンを使ったサラダなどの摂取が強調されている。野菜や果物、穀類は、肉よりもずっと多く食べなければならない。このように強調された食物は、いずれも、いかなる形であれ、金を供給するものとしては指定されなかった。海産物は、ヨウ素を含んでいるため特に重要であると、はっきりと述べられている。ケイシーのリーディングは、ヨウ素が、甲状腺ばかりでなく、あらゆる内分泌腺に有効な作用を持つと述べている。」

ケイシーのリーディングを良く読む人は、彼の食事療法は金にふれていないと言う事実から、重要なことを学んだ。

即ち金の摂取が不足している事が問題では無く、体内の金の活動性が不足していることが問題なので、明らかにこの活動性は湿電池の震動の影響によって振起される。

ウエットセルを使用していただいているひとは、 使用後、明らかにコワバリがとれ顔色がよくなる、いってられます。

ケイシー療法を主な受けた人

5636-1,3026-1,3310-1,229-1,2616-1,3405-1,4085-1,1838-2,3470-1,5653-1,3005-1など

キャンペーン

商品案内