大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

オリーバ シャンプー(キャスティール シャンプー)

32件20の文章が存在しています。

シャンプーの中で最も頻繁に推奨されている。


オリーブオイル シャンプーとキャスティール シャンプーは同類のもので、リーディングでは同じと解釈してもいいが、このオリーブ油

特にブランド名が指示されることはなかったが、リーディングは、使用されるシャンプーは、どれでもオリーブ油が「純粋」なものでなければならないとした。

リーディングでは、オリーブオイル・シャンプーが説明なく勧められた。

頭皮に良質の洗浄剤を使用すること。

その後で良質のトニックを使用する。

オリーブオイル・シャンプーはこの人にとって効果がある。(3517-1)

他のリーディングでは、頭皮にオリーブオイルが良いと言っている。

特にこの人の場合、頭皮にオイルが必要であり、頭皮の汗腺を開くためにオリーブオイル・シャンプーを使用すること。頭皮を良質の洗浄剤で、できれば(パッカー社製の)松脂石鹸で洗い、その次にオリーブオイル・シャンプーを使うこと。(3379-1)

洗浄についてはできるだけ、酸やアルカリではなく、それらの「オイル」を使用すること。

純粋なキャスティール石ケンあるいは、少量の松脂石ケンを含むキャスティールで洗浄して、オリーブオイル・シャンプーなどを使用する。そしてこれは髪と頭皮から完全に洗い落とすこと。(255-10)

普通のキャスティールが最も良い。髪にではなく水の中に数滴のオリーブオイルを落としてキャスティール・シャンプーを使用すれば髪の光沢を増す。(658-2)

オリーブオイル・シャンプーは、薄毛の処置と予防として、原油、白色ワセリンそして20%の醸造アルコールと関連して、数回勧められている。

頭皮を少なくとも5から10分、白色ワセリンでマッサージする。その後、オリーブオイル・シャンプーを使用する。(970-1)

この特別な症状は循環の不調で起こる。

一週間に一度、髪をとても純粋な石ケン(できるならば最も純粋な石ケン、すなわち、キャスティール オリーブ油石鹸)で洗うこと。

シャンプーのあとで毎回、白色ワセリンをごく少量頭皮にマッサージする。

翌日これを20%醸造アルコールで洗い落とす。

これは醸造アルコールで、メチルアルコールや変性アルコールではない。

これらを使用すれば、より良い状態を作り、自然なカール、自然な肌を作り、そして髪自体の強さを増す。(852-13)

問-12髪の毛の手入れの仕方について髪の色を明るく保ち、根元の色が濃くなるのを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。

答-12オリーブオイル・シャンプーを使うこと。これはより効果的な方法である。少なくとも週一回シャンプーすること。(1431-2)