クシロ薬局

大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して クシロ薬局について エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ ショッピングサイト
メルマガ登録&解除
Google

コ−ヒ滓足湯

ケイシーはこの足湯法を「両足が気に障る」と訴えてきた中年の婦人に勧めている。

「両足には、毎晩または少なくとも週に3〜4晩、両足(かかとから下の部分)と下肢を古いコーヒー滓をわかせて作った液体の中に浸す。このなかのタンニン酸これが役に立つ、古いコーヒー滓(発酵していない)を沸騰させることで得られるがいい。あんまり新しいコーヒーカスはよくない、でもしっかり炊いたコーヒーカスでよーく色のついた水なら十分。

足湯のあと、ピーナッオイルを膝から膝下、足、とくに足の滑液嚢にすり込む。これを根気よく続ければ緊張が取れるだろう。」(243-33)

「 古いコーヒーかすからできた薄められたコーヒー、よいかなコーヒーは使われたぶんですよそれを使って下さい。よいかな大体コ−ヒ滓ティカップ一杯を1.5ガロン(3.785/2l)の水に入れた物をつかう。

有益な効果を持つのはタンニンの力です。(2084-10)」

(Q) 何が原因で彼女の足の裏、足首の側面かかとの皮膚が剥けるでしょうか、それについてしなければならないことは?

(a)調整と一般的な治療はこれらの手当てをなさるべきです。

時折根拠、古いコーヒー滓からできる弱いタンニンで侵して下さいコーヒーは使用した物ですよ好いですか古いコーヒー滓をとっていて、(発酵して無い物です)、それで足や下肢をマッサージし、足と下肢を同じ様に沸騰させ侵してください。から作られた薄いコーヒーで(彼・それ)らを入浴させます?

1.5ガロンの水へティーカップ一杯のコーヒー滓を入れ使用して下さい、いいですか。

有益な効果を持っているのはこのコ−ヒ滓から生じるタンニン酸です。(2048-10)


6生温いよりちょっと高い温度の薄いコーヒーか使用したコーヒー滓(発酵していない物、発酵しているののは有害):でも可、 毎週2〜3回下肢と足温めるかマッサージするがいい。湿っぽくならないか、あるいは過度に冷たくないことを気にかけてください。

液またはコーヒー流体は同じ物をやめさせる、それはコーヒー滓で酸を運び、その酸は、ひざ、足のふくらはぎ、足と特に足の 滑液嚢 の中に十分なマッサージがなされるべきで、助けになってくれる。これは熱いあるいはおおかた温い、あるいは生温いので毎週2〜3回。

(418-002)


初めに、夜ねる前に、足を暖かい食塩水に浸してください。

塩茶匙摺り切り1杯の食卓塩を1.5ガロンのお湯に、いいかね?。

少なくとも20分間足をこの液に浸しこすってください。

足を拭い乾燥させて、薄いタンニン酸の液を使い、それは − 我々が見つけだした− 最ほかされるまえのようなコーヒー滓から作られるのが一番。

1.5ガロンと水に滓としてのコーヒー2カップのティカップいっぱいを入れてください。これは沸騰させ2〜2分半沸騰させてください。

滓をとって、この液に足を入れ5から10分間温めてください。 足を暑くない、生ぬるくない、でも暖かいので足をこすってください。

(421-8)


5. (Q) 私は耳の状態をよくするために何をするべきですか?

(a)ちょうど示されるように。 足(足首より下)や下肢のときどきのトラブルがそれらの条件をひき起こす状態になるので、ひざから下方へコーヒー滓を使った液で入浴浸してください。 これは最も助けになるでしょう。

もちろん、薄いコーヒーから作られたのを同じように温め使用しなさい、そして足やかかとを通してたり、足の内部の部分を通したりして滑液嚢に特別なマッサージとして使用してください。

これらは結果として体にとって最も助けになるでしょう。

コーヒー滓を炊き出したものは適切な溶液です。

それはもちろん、タンニン酸だけではなく体自身の部分によって吸収された形の他の酸の活動も有ります。

これらは暖かくあるべきである;あまり暑くはない、でも摩擦によって足ぽかぽかさせるに十分な暑さで。

もし滓がその中にあろうが、下肢に痛む部分にコーヒー滓を使用しようが重要ではありません.760-19


1週間に一〜二度、あるいは疲労がある時はいつでも、古いコーヒー滓から作られたコーヒーで − 晩に − 足湯をしてください。これからの効果はもっと良い循環を促進するはずです、そして排泄の働きを助ける。

足と下肢をこの溶液でマッサージし、同じようにコーヒー滓でもまたねる前の晩にひざまでマッサージをしてください。

これは熱くすべきかあるいは少なくともそれが循環を促進するほど十分暖かくあるべきです。 もちろん、足と下肢の 滑液嚢 へ効き目は熱からだけではなく古いコーヒー滓からのタンニン酸からです。

これ以上寒さもなくなるまでそしてのどや頭を通しての混乱において、これ以上重さを感じなくなるまで、続けてください.1711 - 2


毎晩-暖かいお風呂の後に、ちょうど体を良いスポンジでぬぐうこと、あるいはシャワーあるいは入浴(ちょうど月経の前にあるいは中は除外する)と同様、暑い入浴の後に‖‖解決での暑い脚部と limb-to-the-knee な入浴がコーヒーをゆでることから作った我々がとるであろう − が、長い間、完全に地面に落ちる‖ − がちょうど使われるであろう量について6カップの食事のために、いいですか、良い足入浴のために十分な水で煮えくりかえった‖。 このような足入浴は同じく熱いシャワーではなく以外、いいですか、月経の流れの時期の間にされるでしょう。 古いコーヒーが地上にくぎ付ける、あなたが見る使用;すなわち、 coffee.2268 - 1を作るために使われたそれら

12. we would take the hot foot and limb-to-the-knee bath in a solution made from boiling coffee grounds thoroughly for a long time, - just about the quantity that would be used for a six cup meal, you see, boiled in sufficient water for a good foot bath. Such a foot bath would also be taken during the period of the menstrual flow, you see, but not the hot shower bath. Use old coffee grounds, you see; that is, those that have been used to make coffee.2268-1


24.大変たくさんのアイスクリームではなくがとられるべきです;けれども − 果物アイスあるいはシャーベットとしての − ICES はとられるかも知れません。

25.コーヒーが、もし、それがミルクあるいはクリーム無しで要されるなら、極めて少ししか砂糖を使わないのを望まれるなら、適度にとられるかも知れません!

‖26。‖、完全に、中古のコーヒー庭から作られた溶液でひざから足と足まで毎晩体にマッサージをして‖;‖根拠を悪くしない‖、‖ただ新たに‖すなわち、1日の上に老人が最初に使われた後で、見ない − ‖? ‖新鮮なコーヒー;それではなくが根拠、それがさらに多くタンニンを持っている使用より望ましい‖同じ‖。 従って中古の庭は望ましいです。 およそ1ガロンあるいはガロンと水の2分の1での2から3カップの中古のコーヒーアースを沸かしてください、とあなたが見ます。 少なくとも20から30分間それを沸騰させてください。 マッサージをすることをするために、液体コーヒーと同様、根拠を使ってください、とあなたが見ます。 このソースからのタンニンの量はマッサージをするべき他の解決でタンニンを使うことより望ましいです。 ‖そして‖この解決を持っている、根拠を持っているマッサージをすること‖中にいる‖同じ、決意‖循環を促進する‖。 ひざの上に、下方へ、ひざから完全にこれにマッサージをして、そして強くなって、そしてフィートで重さを和らげる傾向があるようにしてください。 2315-1

24. Not very much ice cream should be taken; but ICES - as fruit ices or sherbet - may be taken.

25. Coffee may be taken in moderation if desired, provided it is taken WITHOUT milk or cream, using VERY little sugar!

26. Each evening massage the body from the knees to the feet, AND the feet, thoroughly, in a solution made from used coffee grounds; not soured grounds, but fresh - that is, not over a day old after being first used, see? Not the fresh coffee; it is preferable to use the grounds, that have the more tannin in same. Consequently the USED grounds are preferable. Boil two to three cups of the used coffee grounds in about a gallon or gallon and a half of water, you see. Let it boil for at least twenty to thirty minutes. Use the grounds as well as the liquid coffee to do the massaging, you see. The quantity of tannic acid from this source is preferable to using tannic acid in other solutions to massage. And the massaging with this solution, with the grounds in same, will stimulate the circulation. Massage this thoroughly from the knees, downward; over the knees and tend to strengthen and relieve the heaviness in the feet. 2315-1


32. (Q) 故障を与えている、足のために、されるべきであることですか?

(A) それらの条件が尾てい骨で修正される時、そして腰部の、我々はより低い手足で騒動を起こした循環が本質的に援助されるであろうことに気付くでしょう。

‖同じぐらいローカルな条件のため、 − ‖我々は足と足首にマッサージをするであろう、そしてひざに、かつて1週間が、弱い解決で古いコーヒーから庭を作った‖;‖すなわち、中古のコーヒー庭、しかし不機嫌でない庭‖。 およそ2が完全におよそ1ガロンあるいはガロンと水の2分の1で中古の庭と沸騰について上げる撮影。 力を込める、しかし、十分に、もちろん涼しくされる時、同じで、そしてマッサージをすることの用途の − で庭を残さないでください;同じ熱い、いずれの風邪も使わないではなく、しかし生ぬるいです。 ‖中に脚部をセットする‖同じで、そしてひざへの(根拠を持っている、そして薄いコーヒーの)マッサージ‖。 これは循環を変えるべきタンニンについて十分であるようにするでしょう、同様に尾てい骨で subluxations によってそらされた活動であったそれらのエリアと sciatic エリアで筋肉の力を強くするために他の治療と結合して大いに助けるとして。 2322-132. (Q) What should be done for the feet, that are giving trouble?

(A) When those conditions are corrected in the coccyx and lumbar, we will find that the circulation which has caused disturbance in the lower extremities will be materially aided.

As for local conditions, - we would massage the feet and ankles, and to the knees, once a week, with a weak solution made from old coffee grounds; that is, used coffee grounds, but not sour grounds. Take about two ups of used grounds and boil thoroughly in about a gallon or gallon and a half of water. Do not strain, but leave the grounds in same, and use for massaging - when cooled sufficiently, of course; not using same hot, neither cold, but tepid. Set the feet in same, and massage (with the grounds AND the weak coffee) to the knees. This will have sufficient of the tannic acid to change the circulation; as well as assisting greatly in combination with the other treatments to strengthen the muscular forces in those areas that have been deflected activities by subluxations in the coccyx and the sciatic area. 2322-1


12.脚を暖かくしておいてください。 それは−−古いコーヒー滓から作られて−−毎晩コーヒーで、ひざにさえ、足にマッサージをするために申し分がないでしょう。 1ガロンの水に − カップ1杯あるいはさらに多くについての、コーヒー滓を沸かして、そして、−−あまりにも暑いではなく、そして massage.3546 - 1−−暖かい間に、足をこれにセットしてください

12. It would be well to massage the feet, even to the knees, each evening in coffee - made from old coffee grounds. Boil the coffee grounds - about a cupful or more, to a gallon of water, and set the feet in this while it is warm - not too hot, and massage.3546-1


15. (Q) Is there anything further I can do to strengthen my feet, or prevent them from bothering me so much?

(A) Do not have too high heels on the shoes, and have plenty of room in them. Bathe the feet in the tannic acid, as we have outlined through these forces; this will be helpful, as well as the rubs with the compound as just indicated above. [Tannic acid from coffee grounds, as in 386-3, Par. 25-A.]243-17

12.脚部を暖かくしておいてください。 それは−−古いコーヒー庭から作られて−−毎晩コーヒーで、ひざにさえ、足にマッサージをするために申し分がないでしょう。 1ガロンの水に − カップ1杯あるいはさらに多くについての、コーヒー庭を沸かして、そして、−−あまりにも暑いではなく、そして massage.3546 - 1−−暖かい間に、足をこれにセットしてください


9. eliminations を続けてください。

‖10。‖足と毎日タンニン解決、あるいはそれでなるべく古いコーヒーを使うことから得られたより低い手足が − それは有益であるであろう他の特性として上手に穏やかなタンニンを運ぶ − すなわち、作られたコーヒーを地上にくぎ付けるマッサージ‖同じ‖、そして見る‖? これらを沸かして、そして晩の − で足を洗うために、液体と同様、これらを使ってください。 243-38

9. Do keep up eliminations.

10. Massage the feet and lower limbs daily in a tannic acid solution, or that preferably obtained from using old coffee grounds - which carries a mild tannic acid well as other properties that would be beneficial - that is, the coffee made from same, see? Boil these and use these, as well as the liquid, to bathe feet in - of evenings. 243-38


32. (Q) 何が太陽からの私の皮膚を茶色にするであろう最も良いフォーミュラですか?

サンが若干数のためになめす(a)は良いです。 、この体で示されるように、この体に対して黄褐色が上手にではないであろう太陽を得る − 体の種々の部分での循環が反応的である原子の振動で構成された − 体の露出した部分の上に天気あるいは太陽の効果について相違に向かって進む皮膚である量の色素を持っているそれらがなければ、なぜならそれは、それが日焼けするであろう前に、ティッシュを燃やすでしょう。

(もし組織体がそれが日焼けを切望すると強く要求しているなら)、いっそう効果的であるであろうそれは(酢酸から作られた酢、あるいは合成の酢、ではなくの、しかしリンゴから作られたそれの使用の)オイルが resteaming から作られてコーヒーと一緒にした酢とオリーブの使用であるでしょう、あるいは再 vaporing がコーヒー庭を使いました。 これらのそれぞれでのタンニンと結合された、酸は非常に効果的になるでしょう。 ‖けれどもそれは中に、もちろん、次第になくなるであろう‖非常に‖ − もし used.276 - 7であるなら、平らな短期間‖32. (Q) What is the best formula that will make my skin brown from the sun?

(A) Sun tan for some is good. But for those that have a certain amount of pigment in the skin, as indicated in this body, to make for variations as to the effect of weather or sun upon exposed portions of the body - made up of the atomic vibrations to which the circulation in various portions of the body is reactive - to get a sun tan would not be well for this body; for it would burn tissue before it would tan.

That which would be more effective (if the body is insistent that it desires the tan) would be the use of vinegar and olive oil (not vinegar made from acetic acid, or synthetic vinegar, but the use of that made from the apples) combined with coffee made from resteaming or re-vaporing used coffee grounds. The tannin in each of these, and the acids combined, would become very effective. But it will wear off, of course, in a very short time even - if used.276-7


25. (Q) なぜ私の足の裏のアーチ(弓)はいつも弱かったですか? 私はくつのアーチサポートを着用しないで行くことができますか?

(A) 確かに、特にもし両脚と足、特にかかとでの滑液嚢、やアキレス腱の滑液嚢 が刺激されています。このような刺激にとって(さらに仙骨と腰部の叢へのマッサージは下肢への刺激を促進する)、我々はこの方法で準備されたいろいろな機能を有する物を使用する様に助言されるでしょう。(それをするとそれ自身に大いに益を与えるでしょう!)

The whole quantity being used, of course; drain the dregs off, or the grounds; and keep the limbs and feet in same for twenty minutes.

毎晩寝る前に、足と膝までの下肢に非常に薄いタンニン酸でお風呂をとって下さい。そうすると、(このような条件にとって)コーヒー滓から一番良い状態が作り出されよう。すてるまえのコーヒー滓を、約5.8Lの水にコーヒーカップ一杯入れて下さい。約10分間沸騰させ、注ぎそのなかに下肢をつけ足浴できるのに十分冷してください。下肢と両足をマッサージ、特に両踵、足弓そしてつま先しし、いつもその液に入れて下さい。いいですか?

離れて雨が激しく降って、そして冷えるために許させてください。 手足と足、特にかかとと土踏まずと足指にマッサージをしてください、いつも(彼・それ)らは解決でいて、見ますか? ‖使われている量全体は、もちろん、かすが離れた、あるいは根拠あけて、そして手足と足を居残らせる‖20分間同じ‖。

(彼・それ)らを解決から取り去った後で、これが複合的であるという状態で、5から10分、一緒に名指されたオーダー:ロシアの白いオイルに成分を入れることに対して(彼・それ)らにマッサージをしてください・・・。

それは十分にそれを熱くするでしょう! ただ皮膚が吸収するであろう量だけをねつ造してください。 一緒に溶液を振って、傾向のために Sassafras のオイルが頂上まで増して − 見るためにであるであろう? ひざに、ひざを含めて受け皿で小さい量を、そして足の中にそして手足にただマッサージだけをついでください。 そしてあなた自身それをしてください! そして我々はこのすべての故障を取り除くでしょう、そしてそれは多くの異なった方法で体の為になるでしょう。 それは5の代わりに10マイル歩くでしょう!386-003

After taking them out of the solution, massage them with THIS compound for five to ten minutes; putting the ingredients together in the order named:

ロシアンホワイトオイル................240ml ,

ウイッチヘーゼル........................60ml,

ラブアルコール........................120 ounces,

サッサフラス油...................3 ミニム,

唐辛子チンキ...................2 ミニム.

That would make it hot enough! Massage only the amount the skin will absorb. Shake the solution together, for the tendency will be for the Oil of Sassafras to rise to the top - see? Pour a small quantity in a saucer, and only massage into the feet and to the limbs to the knees, including the knees. And do it yourself! And we'll be rid of all this trouble, and it'll help the body in many different ways. It'll walk ten miles instead of five!386-003

このタンニン酸の作り方が標準


‖3。‖私をヘアトニック準備と直面させる問題に関しての(Q)‖:‖有毒でない、そして純粋な食物法則に従うであろう、酸#1から、粘着性がある重要性を取り除くために使われることができるもの‖?

‖(a)‖我々が見いだすように‖、‖これらの特性はコンパイルされるか、あるいはこの方法で倍加させられるかも知れません:‖これが、方法で、もう1つの酸の付加であるであろうしかしもし酸が使われるはずであるように作られたか、あるいはこの方法で準備されたなら、酸#1のそれへのこれの付加が、我々が見いだすように、色と光沢を復活させることに成長にいっそう有益で、いっそう有益であるであろう間に‖。 ‖これとしての撮影:‖コーヒー庭が使われたところ(に・で)ですか、見てください?‖そして‖これらと一緒に − hydrometer がテスト、あるいは水テスト、5であるであろうように分かりましたか。 − コーヒー現在、ちょうど作ることとしてコーヒーを準備する‖見る‖? ‖これ‖我々は、その時、これらで大きさ:酸#1をとって、使われたように、・・・であろう‖。1オンス、今我々が不快でなくて、そして成分で従って扱っている色を与えるコーヒー、あるいはコーヒー − − けれどもこれは tanic である − の準備ですか、見てください?・・・。1/2オンス、賢明なお茶、力が与えられたように、・・・を見ます。1/2オンスと、着色料物質を保持するであろう、そして特性の(どれ・何・誰)でも同じぐらい浮きかすのか、あるいは落ち着くのを妨げるであろう防腐剤としてのアルコール飲料。 ‖十分な‖保護区に同じであるか、あるいは我々が、その時、持っている2オンスへ‖いいですか、 − 85%の溶解、見てください − 加えられたアルコール飲料であるであろう‖グレーンアルコール‖;‖木、と denatured − ただグレーンアルコール、85% − 1/4オンス − のいずれも‖。 それで特性全体、あるいは構内、は溶解の2と1/4オンスであるでしょう。 今これらの大きさはクォート、ガロン、あるいは同種のものによって作られるかも知れません − しかしこの量は十分なテストを与えるでしょう。 これをしてください。 若干の実験の必要があるでしょう。 これらがコーヒーが − 分かりましたか。そしてそれが使われた、使用以外、他のいずれとしてもではなく、比重テストとして − なぜなら我々がそれが比較される状態にしないであろうこと − 見る立場であることを覚えています? 658-83. (Q) Regarding the problems that confront me with the hair tonic preparation: What can be used to remove the gummy substance from Acid #1, that is non-poisonous and that will comply with the Pure Food Law?

(A) As we find, these properties may be compiled or compounded in this manner: While this will be an addition of another acid, in a manner, but will the acid as is to be used be made or prepared in this manner, the addition of this to that of Acid #1, as WE find, would be the more beneficial to the growth, the more beneficial to restoring the color, and the lustre. Take as this: Where coffee grounds have been used, see? and with these prepare as of the coffee, just as making coffee - see? so that the hydrometer test, or water test, would be five - see? This we would take, then, in these proportions: Acid #1, as has been used,....................1 ounce, The preparation of the coffee, or coffee - which gives a color - but this is tanic - Now we are dealing with NON-poisonous, and complying with any ingredient, see?............................................1/2 ounce, Sage Tea, strength as has been given, see...1/2 ounce, and alcohol as the preservative, which will keep the coloring matter, and which will prevent any of the properties becoming as of scum, or settled. Sufficient to preserve same, or to the 2 ounces that we have then, you see, would be added alcohol - 85% solution, see - GRAIN alcohol; not wood, nor denatured - but GRAIN alcohol, 85% - 1/4 ounce. Then the whole property, or compound, would be 2 and 1/4 ounces of solution. Now these proportions may be made by quarts, gallons, or the like - but this quantity would give sufficient test. Do this. There will be the necessity for some experimentation. Remember that these are GROUND coffees - see? and that that has been used, but use as the specific gravity test; not as any other - for we would not keep it compared - see? 658-8


13. (Q) 長の上に髪のローカルなアプリケーションを応用することにおいて、何の商標が提案されるでしょうか?

商標よりどちらかと言うと、我々が準備を使うであろう(a)は、もし一定間隔で髪の中にとかされるなら、非常に良い Colorbak − として知られています。

‖しかしながら、我々が見いだすように、極めて望ましい構内が、接続と接続詞で示されるようなダイエットで、頭皮への適切な関係に向かって進むであろうこの方法と方法で作られるかも知れません:1オンスに Essence はクルミ材について、加算します:‖本質‖(あるいは正確に減量した)‖セージについて・・・‖。2オンス、コーヒー庭から作られたコーヒー・・・2オンス。

一緒にこれらを沸かしてください。 防腐剤のためにその時十分なアルコール飲料を加えてください。 髪の中にくしにこれを使ってください。 もちろん、これは痛められて、そしてフィルターされるべきです。

14. (Q) これは自然の色を自分の髪に返すでしょうか?

(A) それは、赤くて、暗いか否かにかかわらず、自然の色を呼び戻すでしょう、あるいは明るい色である、それが信号に間に合うであろうけれども幾分もっと黒い髪。

15. (Q) 余分な髪を取り去ることにおいて、何がローカルなアプリケーションとして提案されるでしょうか? (a)が圧縮します!920-002

13. (Q) In applying the local application for hair on head, what brand would be suggested?

(A) Rather than a brand, we would use a preparation as is known as Colorbak - which is very good, if combed into the hair at regular intervals.

However, as we find, a much preferable compound may be made in this way and manner which, in connection and conjunction with such a diet as indicated, will make for the proper relationships to the scalp: To 1 ounce Essence of Walnut, add: Essence (or reduced properly) of Sage...2 ounces, Coffee, made from coffee grounds........2 ounces.

BOIL these together. Then add sufficient alcohol for a preservative. Use this to comb into the hair. Of course, this should be strained and filtered.

14. (Q) Will this bring back the natural color to one's hair?

(A) It will bring back the natural color, whether red, dark or light; although it will make the light hair somewhat darker.

15. (Q) In removing superfluous hair, what would be suggested as a local application? (A) Zip!920-002


10. (Q)ぬけ毛はどうしたらいいの?

(A) これについてあまりに多く心配しないでください。 頭と髪はどんな方法をとろうと、一緒にはうまくは伸びません。

でも我々は頭皮に大体1週間1度原油でマッサージしてください、そしてその時 ワセリンオイルヘアトニックであるいはシャンプーでを洗ってください。 これは体のために効果的があるでしょう。

アイルランドのジャガイモ皮から作られたスープのを飲むのは同じく助けになるでしょう。 3つあるいは4つのジャガイモからの皮を少量でのが水でシチューにし、1週間2度飲む。 同じくように、古いコーヒーカスで頭皮をマッサージをすることは効率的でしょう。 もちろんこれは髪の色を守り、髪の毛の成長に同じように効果的でしょう。2301-5


37. (Q) どうしたら私は頭に新しい髪の成長を促進させられますか?

(a)もっと多くの魚貝類を食べて、そしてすこしのコーヒーカスで時折頭をこすってください。2533-006.

ホームページ先頭へ