大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

香気浴(香気風呂)

水療法ごとにそう、一週間に一度程軽く汗をかくような事もすべきです。(余りからだに刺激にならないように、決めた期間)

この身体には香気浴からの汗は申し分ない。

初めと2回目の香気浴、香気はウィッチヘーゼル(浴槽の中で、3オンスの水に一杯の茶さじをウィッチヘーゼルを入れ沸騰させる。)をつかう。

3回めの香気浴はアトミダインを3オンスの沸騰したお湯に茶匙半分を入れた分で蒸気を作り出して下さい。

このような調子で、2回の香気浴ウィッチヘーゼルを使用。一回はアトミダインを使用を続ける。

表皮の循環に対する特性の反応は、表皮循環のより良い協調した状態を作り出すでしょう。そして身体に時々おこるイライラした状態に成るような湿疹もできえう傾向を少なくする。

また身体の部分特に下肢や腕そして肩そして頚を通し筋肉の力や腱が緊張するようになる傾向を軽減するようにも成る。

このように浴槽で湯沸かし器を使用して飛ばす方法もあるが、なかなかしずらい面がある。

そのため浴槽に42℃ぐらいのお湯を入れ、身体を十分温めているあいだに、シャワーのお湯を最高に温度をアゲお湯がかからない様にシャワーをだしっぱなしにすると、約5分で45℃ぐらいの気温になる。

その状態でウイッチヘーゼルを吸入器に入れ浴槽に充満させる。

これで香気浴ができる。

 

アトピー性皮膚炎

ホームページ先頭へ