大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

キクイモ(菊芋):クシロ薬局

きくいも、菊イモ、エルサレムアーティチョークとも言われています。

 

米国では白い花が咲くものも有ります。

生菊イモ2kg(生産量に限りあり)一コ10g〜300gまで(オーガニック)

私が休耕田を開墾した後、クリスモンクローバーを植え堆肥を作った物を畑に播きました。

比較的大粒にしあがり(150gグライが多い)、サラダにすると味が良いです。

又、イヌリンは水溶性ですので調理、加工(酢につけると分解しやすくなるため直前にかけて下さい)には注意が必要です。

煮物をした時などは、汁も一緒に飲むようにして下さい。   

リーディングで、週に卵の大きさの(60gから90gの)キクイモを旬の時期(秋から春)に食べれば、誰にとっても健康に良いと言われた。(キクイモは10月に収穫し春に植えるため)

これは消化吸収と排せつの働きを改善し、また糖尿病のほとんどの事例で指示され、インシュリン注射に代わるものとして勧められている。

子供の場合には、膵臓の過剰刺激を避けるために、成人に勧めら年れているような卵一個分の量よりも少な一号える。

多くのリーディングで漬物のキクィモ食用酢で調理されたキクイモ、および、キクイモの粉の製品を食べないように助言している。

キクイモはサラダとして生のまま食べるか、あるいは調理したものを食する。

リーディングは・これらの調理方法を交互に変えるように指示している。

多くのリーディングが勧めているようにキクイモを調理する場合はパタパーぺ一パー(野菜の紙)で躍するのが望ましい方法で調理すると、貴重な汁が保存されるので、キクイモを食べる時にこの汁を一緒に食するとよい。

調味料として、少量のバターと塩を使用することは可である。

料理で水を使用する場合、この汁もあとで飲むのが望ましい。

キクイモは土中に蓄えておくことが勧められているが、それが困難であれば、冷蔵庫、もし一は鉢植えピーいの中で保存するのが最良である。

春には発芽する傾向があるが、もちろんその状態でも食べられる。

詳細については、回覧ファイルの「糖尿病」を参照のこと。