ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ  
メルマガ登録&解除
Google

ニキビ:エドガー・ケイシー療法

毛孔に一致した慢性炎症性変化を示すものの症状名で,通常は尋常性ざ瘡acne vulgarisを意味する.尋常性ざ瘡は俗ににきびともいわれ,思春期頃より発症する毛包脂腺系の慢性炎症性疾患で脂腺性毛包が侵される.

面皰comedo形成が初発疹であり,ついで炎症が惹起される.赤い丘疹,膿疱,硬結,嚢腫,瘢痕などの皮疹が混在してみられ,脂漏を伴うことが多い.

病因

1)アンドロゲンの脂腺刺激作用による皮脂の分泌亢進

2)毛漏斗部の角化障害による毛孔の狭窄

3)毛漏斗部の常在菌の存在などが重要な発症要因で,このほか遺伝的因子,年齢,食事性因子,機械的刺激,ストレス,化粧品などの内的・外的諸因子も複雑に関与する.とくに面皰壁の破綻による炎症惹起にPropionibacterium acnesの役割が重視されている.

現代医学の治療は

1)増悪因子を見出し,それを除去するように日常生活での患者の注意

2)面皰に対する局所療法(面皰圧出器による面皰内容物の圧出,イオウを含むローション剤の塗布など)

3)重症例には抗生物質(テトラサイクリン系)による全身療法を行う.


にきびの人にエドガー・ケイシーが与えたリーディングの訳です。

リーディングの項目 1293-2 F 39

E.C. の千里眼: 確認された条件 項. 4, R1

規定食:にきび 項. 10

組合わせ: アルコール飲料&魚介類 項. 10

: ワイン&黒パン: 項 10

電気的治療:透熱療法:ニキビ 項. 7, 9

排泄:能力がおとる: にきび  項,3

整骨療法: にきび  項,5 − 7、9

物理療法:外用薬: 粉、バルサム と亜鉛: にきび  項8

予言:病気経過の見通し: にきび  項9

皮膚: 化粧品: ローション  項13-A

背骨:亜脱臼: にきび  項 4、5


にきびの概観

 

I. 生理的な問題

 

にきびは特に脂腺の慢性の炎症性の病気として述べられているがしかしより脂腺の慢性的な炎症性の病気として特筆され、顔、後部、および胸の上に最も頻繁に起こります。

にきびを起こす身体に起こる基本的な生理的な不調は身体の排泄システムの不均衡です、でもしかしこの不均衡を生産する部分を演じることができる数個のメカニズムがある。

排泄がアンバランスとなる時、肝臓と両腎臓を通して主にこれらが存在しているが、それで表面の循環は腸管の通路を通して排せつされるべき残査と代謝の最終生産物を運びます。

これが障害物に関して順番に持って来る、そして、その後の炎症が皮膚の脂腺に起こっている浅薄な毛細血管と小さいリンパ管の騒動。

This in turn brings about a clogging and a disturbance of the superficial capillary and small lymphatic vessels with subsequent inflammation occurring in the sebaceous glands of the skin.

排泄の不均衡を引き起こすした時-の主なす物がある-それからいくつかの要素が深くて浅薄な流通と、期間の初潮(月経を始めて)の不適当な食事と、神経質な緊張と抑制の恐怖の間の「不-コーディネート」です、そして、困難の腺の反応とゆるやかなビルは腺と流通に関連しました。 

循環の「不-コーディネート」は頻繁に背中の怪我によって引き起こされます。

優しい気質についてさえ。(それは、深い循環と浅薄な循環のコーディネートを制御するセンターが場所を見つけた自律神経系の神経節脳脊髄の人々の騒動を引き起こすことができました)。 浅薄な流通は窮境と周囲のボディー構造を供給するが、深い流通はボディーの内部の部分の器官と機能部分まで行きます。

Some factors causing the eliminative imbalance are incoordination between the deep and superficial circulation, improper diet during the period of menarche (beginning of menses), nervous tensions and suppressions of fears, and glandular reactions and the gradual building of difficulties related to the glands and circulation. Circulatory incoordination is frequently brought about by back injuries, even of a mild nature, which could bring about disturbance of those cerebrospinal centers located in the ganglia of the autonomic nervous system which control the coordination of the deep and the superficial circulations. The deep circulation goes to the organs and functioning portions of the internal part of the body while the superficial circulation supplies the extremities and the peripheral body structures.

 

場合[78]では、7番目、8番目、および9番目のdorsalsへの負傷は主要な要素でした。 興奮によって引き起こされる発汗は背部のセンターでのいらだちの発案でした。 このいらだちで、どんなoverexcitementも、その結果、浅薄な流通にあまりに多量の血液を向けながら、完全な流通(標準よりむしろ)のための極端な電話をかけます。

毛細血管と小さい腺病質は、まるで過度の発汗を起こしながら、完全になり過ぎます。 不活発な消去法は、不純を浅薄な流通に持って来て、その結果、「不愉快であり」、リンパ循環が容易に体の表面に達するそれらの場所で起こっているように記述されたにおいを生産します。 この特定の場合では、圧力における重い食事は適切な輸血用血液を持っていないと消化力が完全な動きに運び込む位置に食物を入れます。 これは、外部の血液をボディーの中央の部分に向かって持って入って、この様に混雑を引き起こします。特にlactealsがかかわったそれらを通して。 これは順番に結果の便秘で妨害された除去を引き起こす反射を起こします。 大腸のコンテンツの毛細血管理解力は結果として生じます、そして、この様に、腸を通って出て行くべきであった物質がある脈管系のローディングは行われます。 次に、皮膚は、過度に排泄するのを試みます、そして、これは時間と状況のゆるやかな過程として炎症を発生させます。 時々、過程を促進して、激化させるだけである腸の壁の薄くなることがあるかもしれません。

 

Health and Rejuvenation Research Center

Cayce Health Database

In case [78], an injury to the seventh, eighth and ninth dorsals was the primary factor. Perspiration, induced by excitement, originated with the irritation in the dorsal centers. With this irritation any overexcitement makes an extreme call for full circulation (rather than the normal) thus directing too much blood to the superficial circulation. The capillaries and small lymphatics become too full, as it were, producing the excessive perspiration. Inactive eliminations bring impurities to the superficial circulation and thus produce odors which were described as being "obnoxious" and happening in those places where the lymphatic circulation reaches the surface of the body easily. A heavy meal under stress, in this particular case, puts the food in the position of not having adequate blood supply to bring the digestive forces into full action. This brings the external blood in toward the central portions of the body and in this manner causes congestion, especially through those lacteals involved. This produces in turn a reflex which brings about a disturbed elimination with consequent constipation. A capillary uptake of the contents of the large bowel results, and in this manner a loading of the vascular system with substances which should have passed out through the intestines takes place. The skin then attempts to eliminate excessively and this produces the inflammation as a gradual process of time and circumstance. On occasion there may be a thinning of the walls of the intestine which only promotes and intensifies the process.

 

II。 療法の原理

 

療法にアプローチする際に、我々は、ボディーには 正規曲線の能力があるのを覚えているべきです:

 

したがって、我々はこれらの部分を通る通常の反応をもたらすそれらの活動を管理するでしょう。それらをボディー自体から活動に他の部分、またはシステムにおける活動を起こすために要素を受けながら部分からシステムを奪っている物資か、より正常な状態のシステム自体の活動をそそらないで供給される化学反応に依存するようになるボディーよりむしろ刺激します。 (1968-3)

 

およそ5つの主要な結果を持って来るのはにきびの場合における療法に向けられるべきです:

 

実質に働く力の振動の浄化。(実質に働く力は腸の薄い壁の標準に回復を含むでしょう)。

それらを標準にもたらして戻す脳脊髄のセンターとそれらの振動の修正。 また、これはにきびで頻繁に妨害される浅薄で深い循環系のコーディネートを引き起こすでしょう。

除去システムの肝臓、腎臓などの腺の浄化; これらの器官のバランスと便秘の修正と下側の腸の困難。

循環の必要性と除去システムに合っている食事。

皮膚を支援する地方の療法。

III。 示された治療法の養生法

 

1. 振動の実質に働く力を清めて、より良いように変化を引き起こすためにある意味で行動して、以下の処方箋は、一層の処理(食事と地方の療法は別として)の前に続かれて、それについてすべて、使用されるべきです:

 

硫黄、1本のテーブルスプーン

ロッシェル塩、酒石の1本のテーブルスプーンCream、1本のテーブルスプーン

これらを非常に徹底的に混ぜます。 次に、毎朝、どちらか水にこの混合物の平らな茶匙を取ってください、またはどんな食事も取られる前に乾きます。

2. 脳脊髄のコントロールセンター、自律神経、および交感神経節をそれらの適切な状態に持って来るために、整骨療法の療法は、塩が使用された後に設けられるべきであるが、しばらく上側の背部の領域にわたっておよそ15分について後部に短波diathermic処理に続くだけであって、与えられるべきです。 これらの2つの処理の組み合わせはしばらく1週間に二度使用されて、次に、7週間について、1週間やめられるべきであることで、次に、もう1サイクルがただ説明される理学療法と操作によって再び続かれる塩を使用し始められるべきであるということであるべきです。 後で3番目のコースを利用することができました。

3. 塩があるオリジナルの療法が終わった後にemunctoryシステムの腺のバランスをとること(eliminative器官)を引き起こすことができました。 コカコーラは腎臓とぼうこうのための浄化かはっきりさせる物質として示されます。 ソフトドリンクより薬と水が(炭酸でない)でこれは取られるでしょう。 便秘を救う様々な方法は利用されるべきです--10日間毎日取られて、次に1週間やめられる粉のイーストか固形イーストがそのような療法の示された1つでしょう。

 

以下の地方の処理と食事は患者に与えられるかもしれません。 さらに、油の組み合わせは皮膚の中にマッサージすることができた読書で示されました。恐らく、薬用クリームかローションと交替します: カンフルで処理油2が離れて、アメリカマンサクが一部であり、Nujolは一部です。

 

実質に働く力の浄化を引き起こすのに使用される他の物質は場合[528]と[78]で見られます。 これらの使用は療法を管理する医師の判断次第でしょう。 腺のバランスを引き起こすのに同様にAtomidineを使用することができます。 これらの2つの読書がにきびのCirculating Fileの一部です。

 

我々は、神の存在への内側の力に目を覚まさせるのを試みるべきではありませんか? 「、すべての回復が1つのソースから来る、」 「、そして、食物、運動、薬、またはナイフさえの利用があるか否かに関係なく、再生する際にその援助をボディーの中の力の意識に持って来ることになっている、自分たち、-、創造的であるか神力の認識、」 (2696-1)

 

[注意: 前の概観は、ウィリアムA.McGarey、M.D.によって書かれて、 PhysicianのReference Notebook、エドガーCayce財団によるCopyright c1968、ヴァージニアビーチ(VA)から抜粋されます。]

 

推薦

 

地方の処理:

 

1日に二度処方された石鹸による洗濯。 下に徹底的にすすぐ、そして、乾いています。 薬用クリームかローションの薄いフィルムを適用します。

にきび傷害を選ぶのは推薦されません。 代わりに角氷を取ってください、そして、布の中にそれを包装してください、そして、数分間立方体の角で傷害を凍らせてください。2回か1日あたり3回。 これはちょうど現れた傷害に最もよく働いています。

国会:

 

固形イーストか乾燥酵母のパケットを取ってください、そして、8オンスのトマトかV-8ジュースと融合します。 (願うならば、あなたはotherjuicesを使用することができます。) ライムジュースとウスターソースのダッシュはV-8ミックスにおける小さいピリッとする味を加えます。 10日間1日に一度取ります。 その時、1週間止まって、繰り返します。

ソーダファウンテンからいくらかのコカコーラシロップを入手します。 一度か1日に二度 淡水のグラスに1杯の茶匙を取ります。

チョコレートでない、砂糖でない、アイスクリームでない、ペストリーでない、パイでない、またはキャンディがありません。

ダイエット・ドリンクを含む炭酸飲料がありません。 ビールでないエールがありません。

豚肉でないハムがありません。 しかしながら、許容されるぱりぱり しているベーコン。

限界は1食事あたり 1つ に糊付けします: パン、米、じゃがいも、スパゲッティ、とうもろこしなど どんな白パンも食べられるべきではありません。

いため物がありません。 これはFritosとポテトチップを含んでいます。

野菜はあなたに良いです。 多くのサラダ、野菜スープは野菜を料理しましたか? サラダドレッシングは問題ないです。

果実は生のりんご、いちご、およびバナナを除いた、旬の罰金です。

肉: 特に推薦されているのは、ラム、魚、鶏です。 赤身の牛肉は問題ないです。

ミルク(拾い読みする)、卵、およびチーズは許容されます。

 

--------------------------------------------------------------------------------

注意: 上の情報は自己診断か自己処理のために意図されません。 援助のためにCayce Health Databaseに含まれる情報を適用する際に適任の健康管理専門家に相談してください。

 

 

 

H.R.R.C。

健康若返りとリサーチセンター

ResearchとEnlightenment, Inc.のためのAssociationの分割

215 第67通りヴァージニアビーチ、VA 23451-2061

電話: (757) 428-3588 ext。 7340

以下で我々に電子メールしてください。 hrrc@edgarcayce.org

 

Copyright2000A.R.E.R、株式会社All rights reserved。

エドガーCayce Readings c1971、1993、1994、1995、1996

エドガーCayce財団で。

 

 

内容

 

II. Rationale of Therapy

 

In approaching therapy, we should remember that the body has a capability of normal function:

 

Thus, we would administer those activities which would bring a normal reaction through these portions, stimulating them to an activity from the body itself, rather than the body becoming dependent upon supplies that are robbing portions of the system to produce activity in other portions, or the system receiving elements or chemical reactions being supplied without arousing the activity of the system itself for a more normal condition. (1968-3)

 

Therapy in the case of acne should be directed at bringing about five principal results:

 

A purification of the vibration of the body forces, which would include a restoration to normal of the thin wall in the intestine.

A correction of the cerebrospinal centers and their vibrations, bringing them back to normal. This would also bring about a coordination of the superficial and deep circulatory systems which is frequently disturbed in acne.

A cleansing of the glands of the elimination system such as the liver, kidney, etc.; a balance of these organs and a correction of constipation and difficulties of the lower bowel.

A diet in accord with the needs of the circulatory and the elimination systems.

Local therapy to aid the skin.

III. Suggested Therapeutic Regimen

 

1. Acting, in a sense, to purify the vibrations of the body forces and to bring about a change for the better, the following prescription should be followed and all of it used prior to further treatment (aside from diet and local therapy):

 

Sulphur, 1 tablespoon

Rochelle salts, 1 tablespoon Cream of tartar, 1 tablespoon

Mix these very thoroughly. Then take a level teaspoonful of this mixture each morning, either in water or dry, before any meal is taken.

2. In order to bring the cerebrospinal control centers, the autonomic, and the sympathetic ganglia to their proper condition, osteopathic therapy should be instituted after the salts have been used but should be given only following a short-wave diathermic treatment to the back for a period of approximately 15 minutes over the upper dorsal area. The combination of these two treatments should be used twice a week for a period of seven weeks, then should be left off for one week, then another cycle should be started using the salts again followed by the physiotherapy and manipulation just described. A third course could be utilized later.

3. A balancing of the glands of the emunctory system - the eliminative organs - could be brought about after the original therapy with the salts has ended. Coca-Cola is suggested as a purifying or clarifying substance for the kidney and bladder. This would be taken more as a medicine than as a soft drink and with water (not carbonated). Various methods of relieving constipation should be utilized - powdered yeast or yeast cake taken daily for ten days and then left off a week would be one such suggested therapy.

 

The following local treatment and diet may be given to patients. In addition, a combination of oils was suggested in the readings which could be massaged into the skin, perhaps alternating with a medicated cream or lotion: camphorated oil two parts, witch hazel one part, Nujol one part.

 

Other substances used to bring about a purification of body forces are seen in cases [528] and [78]. Use of these would be up to the judgment of the physician administering the therapy. Atomidine likewise can be used to bring about a glandular balance. These two readings are part of the Circulating File on acne.

 

Should we not attempt to awaken the inner forces to God's presence? "For, all healing comes from the one source. And whether there is the application of foods, exercise, medicine, or even the knife, it is to bring the consciousness of the forces within the body that aid in reproducing themselves-the awareness of creative or God forces." (2696-1)

 

[Note: The preceding overview was written by William A. McGarey, M.D. and is excerpted from the Physician's Reference Notebook, Copyright c 1968 by the Edgar Cayce Foundation, Virginia Beach, VA.]

 

Recommendations

 

Local Treatment:

 

Wash with prescribed soap twice a day. Rinse off thoroughly and dry. Apply a thin film of medicated cream or lotion.

Picking acne lesions is not recommended. Instead take an ice cube, wrap it in a cloth, and freeze the lesion with a corner of the cube for several minutes, two or three times a day. This works best on lesions which have just appeared.

Diet:

 

Take a yeast cake or a packet of dry yeast and blend into eight ounces of tomato or V-8 juice. (You may use otherjuices if you wish.) A dash of lime juice and Worcestershire sauce adds a little tang in the V-8 mix. Take once a day for 10 days. Then stop for a week and repeat.

Obtain some Coca-Cola syrup from a soda fountain. Take one teaspoonful in a glass of plain water once or twice a day.

No chocolate, sugars, ice cream, pastries, pie, or candy.

No carbonated drinks, including diet drinks. No beer or ale.

No pork or ham. Crisp bacon allowed, however.

Limit starches to one per meal: bread, rice, potato, spaghetti, corn, etc. No white bread should be eaten.

No fried foods. This includes Fritos and potato chips.

Vegetables are good for you. Have plenty of salads, vegetable soup, cooked vegetables. Salad dressing is all right.

Fruits are fine in season except raw apples, strawberries, and bananas.

Meats: Especially recommended are lamb, fish, fowl. Lean beef is all right.

Milk (skim), eggs, and cheese are allowed.

 

--------------------------------------------------------------------------------

Note: The above information is not intended for self-diagnosis or self-treatment. Please consult a qualified health care professional for assistance in applying the information contained in the Cayce Health Database.

 

 

 

H.R.R.C.

Health Rejuvenation and Research Center

A division of the Association for Research and Enlightenment, Inc.

215 67th Street Virginia Beach, VA 23451-2061

Telephone: (757) 428-3588 ext. 7340

E-mail us at: hrrc@edgarcayce.org

 

Copyright 2000 A.R.E.R,Inc. All rights reserved.

Edgar Cayce Readings c 1971, 1993, 1994, 1995, 1996

by the Edgar Cayce Foundation. {content}

 


 

 リーディングのテキスト 1293-2 F 39

この身体のリーディングは1937年1月22日バージニア州のバージニアビーチのアークティッククレセントの彼の家でミス[1293]A.R.Eの準メンバー彼女自身のリクエストで行われたものです。

出席者エドガ−ケイシー、ガートルードケイシー(指揮者)、;グラディスデイビス(速記者).

リーディングの時間4:30 to 4:40 東部標準時間ニューヨーク市

(身体への提案)

1. EC : はい、我々は実体をとらえました、今我々が「1293」と呼ぶひとです。

2.我々は、体がたいていの点で非常に良い状態でいる間に、混乱する状態が存在します、それは、時に循環に刺激を生み出します、特に身体への関連するいら立ちや状況が関連、循環において不安を生み出すような、特に体への刺激あるいは状況に関連しているのを見いだします。

3.システム(系)の中で排泄の行為における混乱が生じてくるのを見い出すそして、現在これらは修正されて、そして現在において中和されるでしょうそして後で混乱を妨ぐ-もし器官を含む様になるようなそんなものになるような状況機関が熱中するであろう、あるいは同情的な条件が起こるように苦脳から作用することにおいて中にあるなることであったなら‖もう1(つ・人)への1つの器官の関係‖。

3. These as we find arise from a disturbance in the manner of eliminations in the system, and may be corrected in the present and prevent disturbances later on - if conditions were to become such that organs would become involved, or sympathetic conditions arise from distress in functioning in relationship of one organ to another.

4. We find that there has existed for some times back a

condition in the lumbar plexus (4th - the axis) and in the

9th and 12th dorsal, that produces this tendency for

drainages that should be eliminated through the alimentary

canal, through the system that drains for the activities of

the organs in the body, to turn as it were upon the

superficial circulation. Hence these conditions as acne or

eruptions on portions of the body become the results.

5. In the present we would change same by having three to six

adjustments made, osteopathically - or until there is perfect

alignment in the areas as indicated (9th dorsal, 12th dorsal,

4th lumbar).

6. These treatments osteopathically, as we find, should not be

closer together than once a week for two to three weeks,

then rest a week or two weeks, and then another period of

adjustments - and these will be, while coordinating the rest

of the body, more ADJUSTMENTS than general treatments, see?

7. But during that period, that the osteopathic treatments

are being given, there would be about twice each week the

 

1293-2 Page 2

diathermy treatment; that is, not too high a vibration of

the diathermy; for this is the deep therapy of the electrical

vibration that will work with the changes as wrought by the

removal of pressures (osteopathically) upon the ganglia

along the cerebrospinal system, giving the impulses to the

nerve forces and the circulatory forces to find - as it were

- their attuning in the vibrations as are set up by those

alterations in the body through the treatments; thus

alleviating the disturbances of same.

 

8. When there are the irritations of the skin, we would find it

well to use the Stearate of Zinc Powder with the Balsam of

Tolu in same. This should not be necessary save in the

first period of the warm weather.

 

9. Then we would find, these corrections made osteopathically,

with three to six to ten Diathermy treatments, conditions

should be eliminated from this body.

10. The diets as we find are very good that have been maintained

by the body from time to time, but beware of some

combinations - especially of shell fish of ANY nature with

alcoholic influences for the system near the same time.

Beware of too much starches or the combination of starches;

as potatoes, white bread, spaghetti or macaroni - any two of

these at the same meal. These create an effluvium that

produces irritation. While with meats or with black or

brown bread, wine or even strong drink is very good at

times; provided the proper eliminations are kept in the

system.

11. But during days or periods when the electrical forces or the

Diathermy treatments are given, do not take alcohol into the

system in any form!

12. Ready for questions.

13. (Q) Can you give the entity a recipe for a skin lotion?

(A) The better skin lotion is the powder as we have

indicated, or a lotion with an almond base.

14. We are through for the present.

Copy to Self

" " Ass'n file


BACKGROUND OF READING 1293-2 F 39

B1. 1/13/37 Letter from [1293] to EC: "...I am one of the

healthiest people in the world but for years I have had

a bad skin trouble - a form of acne. Naturally I have

tried all sorts of remedies but nothing has actually

cured it. Diets seem only relatively helpful. One of

the things that did most good was to discontinue any use

of cold-creams or ointments on the skin. Now soap and

water and a mild astringent are all that I use.

"So - what is the basic cause, according to psychic

counsel? What can I eat, and what not? Is alcohol very

injurious? - because I do like a cocktail before dinner

although I do not drink a great deal. Formerly I gave

up all alcoholic beverages in trying to cure the skin

trouble, and it didn't do any good. At least, the bad

condition went right on.

"Everything else about me seems in excellent health. No

lung, kidney, stomach, throat, nose, eye nor ear ailments

whatsoever. I work hard and play hard - and never have

an ache nor a pain nor a hangover!

"So please ask the question for me: What is the basic

entity a recipe for a skin lotion? What foods and what

drinks should be eliminated from the entity's diet?..."


REPORTS OF READING 1293-2 F 39

R1. 1/25/37 Letter from [1293] to EC: "...Bravo! And more than

that, many thanks. Your health diagnosis was amazing. Let

me tell you:

 

"If you read over the notes, you will find that the chief

source of my trouble lay in a spinal condition. Here is the

story back of it:

"Some years ago I was riding my horse over a jump and neither

the horse nor myself knew anything about jumping. So we

'came down wrong' together and my back got a bad wrench.

I was in adhesive tape for weeks and went to many an

osteopathic treatment before I got it back in line again.

And ever since I have had what I call my 'horse-back back',

and evidently the trouble has never cleared up. It hasn't

hurt me much in recent years and I never thought to connect

my skin trouble with the back, but when I come to remember,

it was just after the accident that my skin, always perfect

normal until that time began to break out.

"So now we have the solution, and I shall begin and work on

it at once. You are really wonderful, Mr. Cayce, and you

have helped me more than I can say. I shall get in touch

with the osteopath, Dr. Dobbins..."

R2. 3/25/37 Report from Dr. Dobbins: "...The osteopathic

findings in this case were as follows: Post sacro-iliac

on left with marked 5th lumbar involvement. Have noticed

whenever 4th lumbar axis was reported in reading there was

the above condition. It is just a matter of terminology.

The involvement from 8-12 dorsal probably responsible for

poison in system...

 

"The osteopathic lesions have been corrected but to date

couldn't say that the condition has cleared.

"The diagnosis in this case is 'Acne'; from the reading

and from my findings would imagine that is due to faulty

elimination from the blood and lymph systems. An interesting

side line is the fact that the patient had been free from the

condition for some time until she developed a head cold, when

the condition started to flare up. This was undoubtedly due

to increased toxins..."

R3. 4/26/37 Letter from [1293] to EC: "...I have been a bad

girl - I have not carried out all your instructions to me

- just so busy that to get to an osteopath and diathermic

treatment is more than I seem able to accomplish, but I

know that I can resort to it when I need it..."

R4. 5/4/37 Mr. [1363] had a Physical Reading via Mrs. [1293]'s

recommendation.

1293-2 Page 2

R5. 5/13/37 Mrs. [1293] secured a Physical Reading for her

stepmother [1370].

R6. 7/5/37 and 8/1/37 Mrs. [1293] secured readings re located

missing person [1396-1 and 1396-2] and [1370].

R7. 8/3/37 Letter from [1293] to EC: "...Dear Mr. Cayce, you

are doing a very wonderful work and I have great confidence

in you. I shall be communicating with you from time to time

and hope to see you again in person when next you are in

New York. Try to get some rest - we keep you working awfully

hard!..."

R8. 9/7/37 See husband's Physical Reading [1297-2].

 

 

 

‖4。‖我々は時が条件を支持する若干数、腰部の plexus 、のためにそれがそこ(に・で)存在したことに気付く‖(‖第4番目‖ − ‖軸‖)‖そして‖第9番目そして第12番目で背、それ‖消化管を通して、器官の活動のために体で、それとして向けさせるべき排水口が皮相的な循環の上にそうであったシステムを通してこの削除されるべきである drainages のための傾向を作り出す‖。 それ故これらの体の部分の上のにきびあるいは爆発としての条件は結果になります。

‖5。‖ osteopathically にされた、3から6つの調整を持つことによって我々が変えるであろうプレゼントで同じ‖ − ‖あるいはそこ(に・で)まで(9日背の、12日背である、4日腰部である)同じぐらい示されたエリアでの完ぺきな提携はそうである‖。

‖6。‖これらの治療は osteopathically に、我々が見いだすように、1週間あるいは2週、そして次にもう1つの調整の時期2から3週、そして次に休養のために1週間1度より一緒により近くあるべきではない‖ − ‖とこれらは組織体の残り、調整が一般的な治療より、見るさらに多くを調整する間にであるであろうか‖?

‖7。‖けれどもその時期、それの間に osteopathic 治療は与えられている、大体2度それぞれの週があるであろう‖

 

‖1293-2のページ2 diathermy 待遇;‖すなわち、あまりにも高くではなく‖ diathermy の振動‖;‖これのために海原はそれがとして変更で作動するであろう電気の振動の療法である‖圧力の撤去によって( osteopathically に) cerebrospinal システムに沿っての、神経軍隊と − それがそうであった(時・から・につれて・ように) − 見いだすべき循環上の軍隊に衝動を与える ganglia の上に細工された‖(彼・それ)らを‖適応させる‖振動で‖として‖治療を通して体でそれらの変化によって組み立てられて‖;‖それで騒動を軽減する‖について‖同じ‖。

 

‖8。‖皮膚のいらだたせるものがある時、我々は Tolu の Balsam で中に亜鉛粉の Stearate を使うことが元気であることを見いだすであろう‖同じ‖。 これは温暖な気候の最初の時期に必要なセーブであるべきではありません。

 

9.その時我々が気付くでしょう、これらの訂正は osteopathically を作りました、3から6から10の Diathermy 治療で、条件がこの体から排除されるべきです。

‖10。‖時折組織体によって保守された、しかし若干の組合わせに用心する食事が我々が見いだすように非常に良い‖ − ‖特に同じ時の近くのシステムのためにアルコール中毒の影響でどんな自然でものシェル魚の‖。

ジャガイモ、白パン、スパゲッティあるいはマカロニ − どんな同じ食事においてのこれらの2匹 − としてでも、あまりに多くについてでんぷんあるいはでんぷんの組合わせに用心してください。 これらはいらだちを作り出す effluvium を作ります。 肉であるいは黒いか、あるいは茶色のパンである間に、ワインあるいは濃いカクテルさえ、適切な eliminations がシステムで保持されるなら、ときどき非常に良いです。

11.けれども日あるいは時期の間に電気の軍隊あるいは Diathermy 治療が与えられる時、アルコール飲料を形式でシステムの中に運ばないでください!

12.質問のために準備ができています。

13. (Q) あなたは皮膚ローションのためにエンティティーにレシピを与えることができますか?

我々が示したもっと良い皮膚ローションが粉である(a)、あるいはアーモンド基盤を持っているローション。

14.我々は当分おしまいです。

‖自己へのコピー‖」‖  ‖「 Ass がファイルを 'n します‖

 

読み1293-2のFの背景 39

B1 .「1293」から EC への1/13/37の手紙: 「・・・、i、は世界中で最も健康な人々の1人です、しかし長年私は良くない皮膚故障 − にきびの形式 − を持ちました。 当然私はあらゆる種類の治療を試みました、しかし何も実際にそれを直しませんでした。 ダイエットがただ比較的助けになるように思われます。 たいていの善人をしたものの1つが皮膚の上にどんなコールド・クリームあるいは軟膏の使用でも中止するはずでした。 今石けんと水と穏やかなアストリンゼントが私が使うすべてです。

「それで − 何が、心霊的な弁護士によれば、基本的な原因ですか? ‖私が食べるわずかな容器すべてと何‖? ‖アルコール飲料は非常に有害ですか?‖ − 私が夕食の前にカクテルが好きであるから私がそうしないけれども大いに飲む‖。 以前は私は皮膚故障を直そうとすることにおいてすべての酒類を断念しました、そしてそれは少しもうまくやりませんでした。 少なくとも、良くない条件はちょうど上に行きました。

「私についての他のすべてが優秀な健康でに思われます。 全く肺、腎臓、胃、のど、鼻、目と耳病気のいずれも。 ‖私は一生懸命働いて、そして激しくプレーして − そして決して痛みを持っていない‖同様に‖痛みも‖二日酔い‖!

「私:皮膚ローションのために1レシピ基本的なエンティティーであるもののためにそれほどどうか質問をします? 何の食べものそして何の飲み物がエンティティーのダイエットから排除されるべきですか?・・・。」

 

読み1293-2のFの報告 39

R1 .「1293」から EC への1/25/37の手紙: 「・・・が Bravo します! そしてそれよりいっそう多く、本当にありがとうございます。 あなたの健康診断は驚くべきでした。 私にあなたに話させてください:

 

「もしあなたがノートを一読したなら、あなたは私の故障の最高の情報源が背骨の条件で横たわったことに気付くでしょう。 ‖ここにそれの物語後部があります:‖「数年前に私はジャンプ以外いずれも、馬、の上に私の馬に乗っていなかった‖同様に‖私自身ジャンプすることについて何でも知る‖。 我々が「間違っていて降りて来た」ように、一緒にそして私の後部は良くないねじりを得ました。

私は何週間も粘着テープにいて、そして、私が再びラインでそれを取り戻す前に、多くの osteopathic 治療に行きました。

そして私が私が私の「馬の背後部」と呼ぶものを持っていた、そして明らかに故障が一度も晴れたことがない時からずっと。 それは最近の歳月であまり私を傷つけませんでした、そして私は決して私の皮膚故障を後部と結び付けようと思いませんでした、しかし私が思い出すために来る時、それは私の皮膚、常に完ぺきな正常がその時まで取り出し始めた事故のすぐ後にありました。

「それで今我々は解決を持っています、そして私は始めて、そしてすぐにそれに取り組むでしょう。 あなたは本当に素晴らしいです、 Cayce 氏とあなたは私が言うことができるよりもっと私を手助けしました。 私は整骨療法家、 Dobbins 博士と連絡を取るでしょう・・・。」

R2 . Dobbins 博士からの3/25/37の報告: 「・・・、 osteopathic 調査結果、がこの場合次の通りでした:顕著な5日腰部の掛かり合いで左に上に sacro - iliac をポストしてください。 第4番目の腰部の軸が上記の条件があったことを読み取ることにおいて報告された時はいつでも、注意した。 それはちょうど用語の問題です。

‖8-12からの掛かり合い‖恐らく背‖、システムで...毒に関して責任がある‖。

 

「 osteopathic 傷害は修正されました、しかし今日まで条件がきれいになったと言うことができませんでした。

「診断はこの場合「にきび」であって、読みからそして私の調査結果からそれが血からの欠陥がある予選とリンパ液システムのためであると想像するでしょう。 面白い側面ラインは患者が、彼女が、条件がかっとなり始めた時、冷たい頭を発達させるまで、(すでに)しばらくの間条件がなくていたという事実です。 これは確かに増やされた毒素のためでした・・・。」

‖ R3 。‖「1293」から EC への4/26/37の手紙‖:‖「・・・、i、が−−ちょうど整骨療法家と温熱療法に到着することは私が達成することが可能に思われるよりいっそう多くである、しかし私が私が、私がそれを必要とする時、それに訴えることができることを知っているほど忙しくて−−(今まで)私が私にあなたのすべてのインストラクションの外に運ばなかった良くない少女 − でした・・・。」‖。

‖ R4 。‖5/4/37‖氏‖「1363」が身体の読みを持っていた‖よって‖夫人‖「1293」‖「‖s推薦‖。

1293-2ページ2

‖ R5 。‖5/13/37‖夫人‖「1293」が彼女の継母「1370」のために身体の読みを安全に保った‖。

‖ R6 。‖7/5/37と8/1/37‖夫人‖「1293」がレが人「1396-1と1396-2」と「1370」をミスして場所を突き止めた読みを安全に保った‖。

R7 .「1293」から EC への8/3/37の手紙: 「 Dear Mr. Cayce 、あなたは非常に素晴らしい仕事をしています、そして私はあなたで大きい信頼を持っています。 私は時折あなたとコミュニケートしていて、そして、次にあなたがニューヨークにいる時、自ら再びあなたに会うことを望むでしょう。 若干の残りを得ようとしてください − 我々はあなたが一生懸命とても働いている状態にします!・・・。」

R8 .9/7/37が夫の身体の読み「1297-2」を見ます。