大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

 

Health and Rejuvenation Center

Cayce Health Database

Cayce Health Database Version 1.0

OVERVIEW OF AMYOTROPHIC LATERAL SCLEROSIS (ALS)

I. Physiological Considerations

 

Amyotrophic lateral sclerosis is defined as a degenerative disease of the pyramidal tract and lower motor neurons, characterized by motor weakness and the spastic condition of the limbs associated with muscular atrophy, fibrillary twitching, and final involvement of nuclei in the medulla.ハ It is one of a group of diseases of the motor system of the body, the etiology of which is and continues to be a mystery from the medical standpoint.

 

The single case included in this file, a 33-year-old man, had symptoms consistent with this definition.ハ His walk was slow and unsteady and he needed crutches.ハ His muscles were twitching and one arm was beginning to atrophy.

 

In the readings, amyotrophic lateral sclerosis is treated much in the same manner as multiple sclerosis, and the readings give a similar cause in both conditions.

 

Physiologically, it appears that some factor influences the body's ability to assimilate certain properties through the intestinal tract.ハ In this reading these primary causes are not clarified.ハ Apparently they have something to do with what Cayce in this instance calls karma.ハ In any event, he pictures the lack of assimilation as creating a deficient of those substances in the bloodstream which will, when they are carried throughout the system, help to replenish and rebuild the nerve muscle forces which are affected.ハ He sees a necessity for constant rebuilding or regenerating of the cells throughout the body.ハ The nerve cells controlling muscular activity are no exception and he indicates that the lack is so small that it takes a long period of time for disease to manifest.

 

In the cases multiple sclerosis, the lack was gold.ハ It seems reasonable to assume that here we are also dealing with a lack of gold assimilated in the normal manner through the intestinal tract through those areas that he often pointed out as being primary in these instances - the lacteals.

The primary deficiency apparently causes, then, a gradual deterioration of anterior horn cells, which then results in deficiency in nerve energies that creates the muscular atrophy.ハ Perhaps this lack contributes to the already present inability of the assimilatory system, by hastening the progress of the disease.ハ The readings described it in one place as a lack of stamina in the nerve and muscle forces of the extremities.

 

 

II.ハRationale of Therapy

 

In discussing therapy from this single case, the rationale should be explored to some extent.ハ Much information can be derived from the multiple sclerosis file since Cayce saw so much relationship between the two diseases.

Cayce suggested that, because the disease is of karmic origin, attitudes must be definitely decided upon by the individual - not merely assumed - as to the activities toward divine influences in the body.ハ Where karmic influences are present, Cayce always suggested that attitudes must be definitely changed or no therapeutic results would be seen.ハ He said, "The attitude to be taken should be not merely to be good but to be good for something.ハ The expression of life is of the Divine.ハ The Divine is that influence or force called God.ハ Use same, do not abuse same." (5019-1)

Thus we would see the necessity of mental activity bringing about a change before the physical application of therapy is begun, and this particular portion must be emphasized in each case.ハ One directing the therapy can often not properly assess any changes, but the individual who is ill will know within himself and must face the truth of the statement as seen here in the readings.

Primarily because of the deficiency of gold, the wet cell appliance is used to bring cleansing and healing forces to the body "by the radial activity of the low electrical forces." (5019-1) The gold, then, is given by mouth.ハ It seems reasonable to assume, although not definitely stated in this reading, that gold should be introduced by means of the wet cell appliance in most cases (or perhaps it would have been suggested in a later reading for this particular case had he received a second reading).ハ This would require the clinical appraisal of the condition by the attending physician, and after a two-month period, if there is not progressive improvement, the gold should replace the Atomidine and camphor through the appliance and the Atomidine might then be given by mouth.

In order to introduce at this point a better understanding of the disease process, a complete copy of reading 907-1 follows this commentary.ハ This is on multiple sclerosis specifically but, as already mentioned, probably has a strong bearing on the etiology of amyotrophic lateral sclerosis. ハ

 

III.Suggested Therapeutic Regimen

 

Therapy could be divided into five parts, as follows:

 

1. First things first - mental attitudes

2. Wet cell appliance

3. Massage

4. Gold taken orally

5. Diet

 

 

In caring for one's attitudes, not enough can be said.ハ Read Deuteronomy 30 and Exodus 19:5.ハ Then apply these to your life and thinking.ハ Cayce suggested these particularly in all those cases where the trouble was deep-set, and was often seen in association with karma and its physical consequences.

The wet cell with the regular charge was recommended.ハ Two solution jars are to be used: one with Atomidine, one ounce; and distilled water, two ounces.ハ The second contains three ounces of spirits of camphor.ハ These should be alternated, the camphor being used with the attachment at the brachial axis or at the second-third dorsal area of the spine one day; and the Atomidine solution at the fourth lumbar area or the lumbar axis, as Cayce described it, the next day.

Massage should be done gently but thoroughly after the wet cell treatment for a period of 30 to 45 minutes.ハ It should concentrate on the spinal areas but should start at the toes and proceed upward, including all extremities.ハ The sciatic center, the lumbar axis, and the brachial center should be attended to especially, using a mixture of olive oil (two ounces), peanut oil (two ounces), and lanolin (1/4 ounce, melted).

Every third day, one drop of each of the following solutions should be added to 1/2 glass of water and taken immediately: gold chloride solution, one grain per ounce of distilled water; and bromide of soda solution, two grains per ounce of distilled water.

The diet should be low in carbohydrates, and there should be nothing in it containing alcohol.ハ An alkaline-forming diet should be followed rather consistently.

As mentioned earlier, it would be wise to incorporate into the treatment some of the information found in the more extensive Circulating Files on multiple sclerosis.ハ Most often gold chloride was given via the wet cell appliance.ハ In some instances it was also taken orally.ハ Thus, after two months, if regular improvement is not noted, the gold chloride should be started in the solution jar by means of the wet cell appliance.ハ In this instance the attachment of the copper plate should be at the ninth and tenth dorsals in the spine one day, and at the fourth lumbar the next day.ハ When this is begun, Atomidine should be given by mouth in a series that would be best suited to the individual.ハ This would be up to the clinical judgment of the physician.ハ Atomidine has been used in doses of one drop per day for five days, then left off for a period of time, then taken again.ハ It has been given one drop a day for five days, then four drops a day for five days, and then five drops a day for five days.ハ Then it would be left off for a period of one to three weeks, then resumed in the same manner.ハ It has been given beginning with two drops the first day, three drops the second, and so forth on up to ten drops on the ninth day.ハ Then it is decreased one drop per day until the original dose of two drops is reached.ハ Then a rest of several days and the procedure is repeated.

As all of these factors are brought together into a course of therapy, it must be understood that they need to be followed for a long period of time in order to achieve proper results.ハ In nerve lesions and rebuilding of nerve tissue, it is only reasonable to assume that a period of time somewhere between one and three to five years would probably be involved in such a case.

With the rather distressing prognosis to be found in this particular disease, there would be no reason to cease using a program that is constructive in its approach.

 

"Do these, as we have indicated... Not as rote, but knowing that within self must be found that which may be awakened to the building of that necessary for the body, mentally and physically and spiritually, to carry its part in this experience.ハ For the application of any influence must have that which is of awakening of the activative forces in every atom, every cell of the divine awakening of the activative forces in every atom, every cell of a living body."ハ (726-1)

 

[Note: The preceding overview was written by William A. McGarey, M.D. and is excerpted from the Physician's Reference Notebook, Copyright ゥ 1968 by the Edgar Cayce Foundation, Virginia Beach, VA.]

------------------------------------------------------------------------

 

Note: The above information is not intended for self-diagnosis or self-treatment.

Please consult a qualified health care professional for assistance in applying the information contained in the Cayce Health Database.

 

H.R.C.

Health & Rejuvenation Center

A.R.E - Association for Research and Enlightenment, Inc.

215 67th Street Virginia Beach, VA 23451-2061

Telephone: (757) 428-3588 ext. 7340

E-mail us at: hrc@edgarcayce.org

Copyright 2004 A.R.E.ィ,Inc. All rights reserved.

Edgar Cayce Readings ゥ 1971, 1993, 1994, 1995, 1996

by the Edgar Cayce Foundation.

健康および若返りセンター

ケイシー健康データベース

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の概観

I. 生理学考察

筋萎縮性側索硬化症は、錐体索と運動虚弱、および、筋肉の廃退、筋原繊維的にぴくぴく動くこと、髄質内で核の最終的なかかわりをもつ四肢の痙攣性の状態の低位の運動ニューロンの退行性の病気として定義されています。

それは身体の運動系の疾患グループの一つで、医学的見地からその病因があり、引き続いて 不可解です。 

このファイル(33歳の人)に含まれた一つのケースは、この定義と一致する徴候を持っていました。彼の歩行は遅く不安定でしたまた、彼は松葉づえを必要としていました。彼の筋肉はぴくぴく動いていました、また、1つの腕は衰退が始まろうとしていました。

リーディングでは、筋萎縮性側索硬化症は、多発性硬化症と同じ方法でおおく治療されます。また、リーディングは、両方の状態で同様の原因として与えられます。

生理学上、ある要因が身体の能力に腸の地域を通ってある特性を同化すると影響を及ぼすように見えます。これでは、これらの根本原因を読むことは明確にされません。

見たところでは、それらは、この実例中のエドガー・ケイシーが業と呼ぶものと関係があります。どんな場合も、彼は、作成するとして同化の不足を描写します、1つの、それらがシステム(影響される神経筋肉力を補充し再建する支援)の全体にわたって運ばれる場合、血流中のそれらの物質に不十分。

彼は、身体の全体にわたる細胞の一定の再建のための必需品あるいは再生を見ます。筋肉活動をコントロールする神経細胞は例外ではありません。

また、彼は、不足が非常に小さいので、疾病が明示するためにそれが長い期間を必要とすることを示します。

多発性硬化症のケースでは、不足は金でした。ここで、私たちが、彼がこれらの実例において主要なこととしてしばしば指摘したエリアを通って腸の地域を通って正常な方法で同化された金の不足にさらに対処していると仮定することは合理的に見えます-乳び管。

見たところでは、主要な欠乏は、それでは、前角細胞の徐々の悪化を引き起こします。その後、それは、筋萎縮症を作成する神経エネルギー中の欠乏に帰着します。恐らく、この不足は、その病気の進行の促進により、同化のシステムの既に現在の無力に寄与します。その読書は、末端の神経と筋肉の力での耐久力の不足として1つの場所にそれについて記述しました。

II. 治療の論理的基礎

この単一の場合からの治療について議論する際に、論理的基礎はある程度まで調査されるべきです。エドガー・ケイシーが2つの疾病のこれほど多くの関係を見たので、多くの情報が多発性硬化症ファイルに由来する場合があります。

エドガー・ケイシーは、その病気がカルマの起源であるので姿勢が明確に決定されるに違いないことを示唆しました、で、身体中の神の影響への活動に関する個人(単に仮定されていなかった)によって。カルマの影響が存在するところで、エドガー・ケイシーは、姿勢が明確に変更されるに違いないか、治療結果が見られないだろうことを常に示唆しました。彼は、「得られる姿勢は、単によいではなく何かによいに違いありません。」と言いました。生命の表現は神のものであります。神のものは神と呼ばれるその影響または力です。同じを乱用しません同じを使用します。」 (5019-1)

したがって、私たちは、治療の物理的な適用が始められる前に、精神活動の必要が変化をもたらすのを見るでしょう。また、特にこの部分は各場合に強調されるに違いありません。治療を指図する1つはできる(しばしば)ない、適切にどんな変更も評価する、しかし悪意である個人、自分内に知っており、読書でここで見られるようなステートメントの真実に直面するに違いない。

第1に、金の欠乏のために、湿電池器具は、「低い電気的な力の放射状の活動によって」浄化でいやす力を身体にもたらすために使用されます。 (5019-1) 金はそれでは、口から与えられます。仮定することは合理的に見えます、であるが、明確でなくこの中で述べた、読んで、その金は、湿電池器具によってほとんどの場合(あるいは、恐らく、それは特にこの場合のための後の読書で示唆されていたでしょう、持っていた、彼、第二読会を受け取る)導入されるべきです。進歩的な改良がなければ、これは、主治医によって、および2か月の期間の後に条件の臨床の評価を要求するでしょう。金は器具を通ってAtomidineとカンフルに取って代わるべきです。また、Atomidineは口から次に与えられるかもしれません。

この時点で疾病プロセスについてのよりよい理解を導入するために、907-1を読む完全なコピーはこの注釈に続きます。これは、多発性硬化症上に特にありますが、既に言及されるとともに恐らく筋萎縮性側索硬化症の病因と強い関係があります。

III. 示唆された治療摂生法

治療を5部に以下のように分割することができるかもしれません:

 

1. 第1のもの、1位-心的態度

2. 湿電池器具

3. マッサージ

4. 金は口頭で得られました。

5. 食事

 

人の姿勢を十分にではなく世話する際に、言うことができます。申命記30および出エジプト記19:5を読んでください。次に、生活と思考にこれらを適用してください。エドガー・ケイシーは、特に問題が根深く、しばしば業およびその物理的な結果で見られたすべての時にこれらを示唆しました。

通常のチャージを備えた湿電池が推奨されました。 2つの解決ジャーが使用されることになっています: Atomidine、1オンスを備えた一つ; また蒸留水、2オンス。第2は、カンフルの3オンスの気分を含んでいます。これらは交互にされるべきです、腕の軸、あるいは背骨の第23番目の背のエリアで付属と共にある日使用されているカンフル; そして4番目の腰のエリアあるいは腰の軸でのAtomidine解決、エドガー・ケイシーが翌日それについて記述したとともに。

マッサージは、30〜45分の期間の間湿電池治療の後に優しくしかし徹底的に行われるべきです。それは脊柱のエリアに専念するべきですが、つま先からスタートするべきであり、末端をすべて含めて、上方へ進むべきです。座骨の中心、腰の軸および腕の中心は、オリーブオイル(2オンス)、落花生油(2オンス)およびラノリン(1/4オンス、溶けた)の混合物を使用して、特に専念されるべきです。

3日おきに、次の解決策の各々の1つの低下は1/2杯の水に加えられ、直ちに得られるべきです: 塩化金解決(オンスの蒸留水当たり1グレイン); またソーダ解決、オンスの蒸留水当たり2つの粒の臭化物。

食事は炭水化物において低くあるべきです。また、その中に何もないに違いありません、アルコールを含んでいることアルカリの成形加工の食事にやや一貫して続くべきです。

以前に言及されるように、治療に多発性硬化症上でより広範囲な循環するファイルで見つかった情報のうちのいくらかを組み入れるのは賢明でしょう。しばしば、塩化金は湿電池器具によって与えられました。いくつかの実例では、それも口頭で得られました。したがって、2か月後に、規則的な改良が注目されない場合、塩化金は、湿電池器具による解決ジャーの中で始められるべきです。この実例では、銅のプレートの付属は、ある日の背骨中の9番目と10番目dorsals、および4番目にあるに違いありません、腰、翌日。これが始められる場合、Atomidineは、個人に最も適するシリーズ中の口から与えられるべきです。これは、内科医の臨床の判断まであるでしょう。 Atomidineは5日間、1日当たり1滴の滴の持参金の中で使用され、次に、期間の間やめられ、その後、再び得られました。それは、5日間1日当たり1滴の滴を与えられました。次に、4は5日間一日を落とします。次に、5は5日間一日を落とします。その後、それは、1〜3週の期間の間方法残され、次に、同じ方法で再開されるだろうでしょう。それは2から始まって、与えられました、1日目を落とす、3は、9日目に10滴まで第2などを上に落とします。その後、2つの低下のオリジナルの服用量が到達するまで、それは1日当たり1つの減少した低下です。その後、数日および手続きの残りは繰り返されます。

これらの要因がすべて治療のコースへ集められるように、それらが適切な結果を達成するために長い間続く必要があることが理解されるに違いありません。神経傷害および神経組織の再建では、それを仮定することは単に合理的です、期間、5年まで1と3の間のどこかに、恐らくそのような場合に関係するでしょう。

特にこの疾病で見つかるやや苦しい予後で、そのアプローチにおいて建設的なプログラムを使用するのを止める理由はないでしょう。

「私たちが示したので、これらをしてください... ない、機械的方法として、しかし、自己内のそれを知ることはその建物へ起こされるかもしれないものと分かられるに違いありません、身体に、精神的に肉体的に必要、そしてこの経験中のその部分を運ぶために精神的に。任意の影響の適用のために、すべての原子(すべての原子の中のactivativeな力の神の目覚めのすべての細胞)の中のactivativeな力の目覚めであるものを持っているに違いない、生体のすべての細胞。」 (726-1)

[注:前の概観はウィリアムA.マクギャレー(M.D.)によって書かれた]、内科医の参照ノート、エドガー・ケイシー財団による著作権のあるc、ヴァージニアビーチ(VA)1968から抜粋されます。

------------------------------------------------------------------------

注: 上記の情報は自己診断または自己医療のために意図されません。ケイシー健康データベースに含まれていた情報を適用する際に援助のために資格のあるヘルスケア専門家を調べてください。