大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ  
メルマガ登録&解除
Google

健康と若返りリサーチセンターケイシー健康データベース

筋萎縮性側索硬化症の概観 (ALS)

 

I. 生理的な問題

筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis)は、錐体路の退行性疾患そして、下位運動ニューロン、筋萎縮、繊維のひきつり、脊椎の核の最終的なかかわり合いと関連づけられた手足の特別な状態と定義付けられます。

それは身体の運動系の病気のグループの1つです、それの病因は、あって、医学の見地からの神秘であり続けます。

このファイルに含まれる一つのケースは、(33歳の男性)、は兆候をこの定義と一致しました。

彼の歩みは、遅くて、不安定でした、そして、彼は松葉杖を必要としました。

彼の筋肉は痙攣を起こしそして、腕は退行をし始めていました。

リーディングでは、筋萎縮性側索硬化症は多発性硬化症と同じ方法でたくさん扱われます、そして、リーディングは両方の状態の同様の状態を与えます。

生理的に、何らかの要素が腸管を通ってボディーの同化力のある特性に影響を及ぼすように見えます。

この読書では、これらの根本原因ははっきりさせられません。 明らかに、彼らはCayceがこの場合宿縁と呼ぶものと関係があります。

とにかく、彼はそれらがシステムの中で運ばれるとき影響を受ける神経筋力を補給して、再建するのを助ける血流にそれらの物質に欠けた状態でを作成するとして同化の不足について描写します。

彼はボディーの中に細胞を一定の再建か作り直すことへの必要性を認めます。

筋肉の活動を制御する神経細胞は例外ではありません、そして、彼は不足が非常に小さいのでそれが病気が表す長日月でかかるのを示します。

多発性硬化症の場合、不足は金でした。

それは彼がしばしばこれらの例-乳縻槽が第一であると指摘した腸管を通したこれらの範囲をとおし普通の状態で同化される金の不足をここでもあつかっていると仮定するのは妥当に見えます。

生理学的に、ある要因が腸管をとおしある特性を同化する身体の能力に影響を影響を及ぼすと見える。

このリーディングによるとこれらの第一原因は浄化されてなかった。

明らかにそれらは、この原因と呼ばれるカルマをもちなされる物を持ちます。

どのような出来事においても、彼は、血流でこれらの物質の欠如としての同化の不足は、(システムからとおし運ばれる時)影響を及ぼされている神経筋力を補充し再建するでしょうと心にえがきます。

彼は身体を通し一定の細胞を再建し再させる必要性を見ます。

筋肉活動をコントロールする神経細胞は例外なくそして彼が指摘した本当にちいさな不足で徴候があらわれる病気にとって長期間かかります。

第一不足は明らかに、それで、前角細胞の緩やかな低下を引き起こす、その細胞は筋肉の退行を起こす神経エネルギーの欠如に因って結果として生じます。

恐らく、この不足は、病気の進行を促進することによって、既に同化系システムの現在の無能の一因となります。

リーディングは四肢の神経と筋肉力のスタミナの不足一つの場所にあるそのことに関し述べています。

II. 療法の原理

この一つのケースから療法について議論する際に、理論的解釈はある程度探られるべきです。

エドガー・ケイシーが2つの病気の間の非常に多くの関係を非常に見ている多発性硬化症ファイルから多くの情報を得ることができます。

エドガー・ケイシーは、なぜなら、病気はカルマの起源のもので、態度が個人に因って明確にきめなばならないもの-単に仮定したものではなく-身体に神からの影響への態度のためそのように暗示しました。

カルマの影響が現存しているところでは、エドガー・ケイシーは、いつも態度が確実に変えられなければならなくて、そうしないと、どんな治療法の結果も見られないことを示しました。

「取られるべきで態度は単に良いのではなく何かに良いことであるべきです。」と、彼は言いました。

人生の表現は神のものです。

神は神=ゴッドと呼ばれるその影響や力です。

「同じことを使かってください、そして、同じものを乱用しないでください。」 (5019-1)

したがって、我々は、療法の身体への適用が始められる前に、変化について精神活動の必要性がもたらされ、各々のケースにおいて特別な部分が協調されなければならないのを見るでしょう。

一つの指示する療法はしばしば適切にどんな変化も評価することができるというわけではないが、病気である個人は自分の中でしって、リーディングで見られるような声明の真実に直面しなければなりません、。

主として金の欠乏の為、「低電力の放射状の活動」によってウエットセル装置は身体に浄化と癒しの力をもたらすために使われました。(5019-1)

金、それから、口から与えられます。

それは、仮定するのは理にかなっている様に見えます、でも明らかにこのリーディングではっきり述べた物ではなく、ほとんどのケースで金はウエットセル装置の意味に因って紹介されるべきです。(あるいは多分、彼が2回目のリーディングを受けたこの特別のケースで後のリーディングで提案されました)

これは主治医と、2カ月の期間の後に状態の臨床の評価を必要とするでしょう。

これはそして2ヵ月間後、主事医師の臨床的な評価が必要となるでしょう、もし良くなる改善点がなかったなら、金は装置を通しアトミダインとカンフルに帰るべきでしょうし、アトミダインは口から与えられるべきです。

病気の進行のより良い理解はこの点を紹介するために、リーディング907-1の完全なコピーは以下のコメントを言っています。

これは多発性硬化症を詳細に、でもすでに述べたように、多分ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病因に強い関係を持っています。

III。 提案された治療の養生法

以下の通り療法を5つの部門に分割することができました:

最初に、もの、

第1--精神的な態度

湿電池器具

マッサージ

口で取られる金

規定食(ダイエット)

1つの態度を引き出す際に、十分も¥に言うことができません。

申命記30と出エジプト記19: 5を読んでください

それからこれらをあなたの人生と考えに適応して下さい。 

エドガー・ケイシーはこれらの特別なこれらのケースすべてにおいて、そのケースのトラブルは根が深い物で、カルマと身体の因果関係と関係がしばしば見られたと提案しました。

ウエットセルは規則正しい充電として推薦されました。

2つの溶液壜は以下のように使われる:一つはアトミダイン一オンスに精製水2オンス、2番目の溶液は カンフル精3オンスです。

これらは変えられるべきで、カンフルは第一日目に上腕軸あるいは2〜3番の椎骨範囲につけられるべきでしす、次の日にエドガー・ケイシーがそれに付いて述べてきますが、4番目の腰椎あるいは腰椎軸につけられる。

湿電池の手当の後に30〜45分後にマッサージをやさしく十分にすべきです。

マッサージは 背骨の領域に集中するべきであるが、爪先で始まって、上向きに、四肢を含めにすすめべきである。

坐骨の中心、腰椎軸、上腕の中心に、オリーブオイル(2オンス)、ピーナッツオイル(2オンス)、液化ラノリン(1/4オン)の混合液を使用して特別につけるべきです。

3日目に毎に、各々の液を一滴グラス半分の水に溶かし、すぐにとって下さい;塩化金溶液、1オンスの水に0.0648gをとかし、ブロムソーダ溶液、0.1248gを1オンスの精製水にとかしたものです。

炭水化物が食事にすくなくあるべきです、そして、それのアルコールを含むものは何もあるべきではありません。 アルカリ性の形成食事療法はかなり一貫して従われるべきです。

先に述べたように、多発性硬化症で、より大規模な回覧ファイルで見つけられる何らかの情報を手当に組み入れるのは賢明でしょう。

たいてい塩化金はウエットセル装置を通して与えられました。

また、いくつかの例では、それは内服で取られました

したがって、2カ月後に、系統だった改良が見れないならば、塩化金をウエットセル装置の意味する溶液壜で始められるべきです。

この場合ある日、背骨の9番目と10番目の胸椎つけ、次の日に4番目の腰椎にすべきです。

これが始められると、アトミダインは内服によって個人に最も良くあったシリーズで与えられるべきです。

これは医師の臨床の判断次第でしょう。

アトミダインは5日間1日あたり1滴の投与量で使用されて、次に、しばらく、やめて、次に、再びかかりました。

それは5日間、5日間の1日あたり1滴に、次に、1日あたり4滴5日間、それから5日間5滴とって下さい。

次に、それは、しばらく、1〜3週間止め、次に、同じ方法で再開されるでしょう。

それは初日2滴で始められ、服用されていました、そして、2日目に3滴、そして、9目に10滴まで増やしていきます。

そして、2滴の元の投与量に達するまで、それは1日あたり1滴減らしてください。

そして、2〜3日休み手順を繰り返されます。

これらの要素のすべてとして、療法のコースに一緒にもたらされて、適切な結果を獲得するためにそれらは、長期間、続く必要であるのが理解されなければなりません。

神経で神経傷害と単に再建は、そのようなケースの場合たぶん1年から3年〜5年ぐらいの期間たぶんかかわると仮定するのは妥当です。

この特定の病気で見い出されるかなり痛ましい予後を持ち、そのアプローチで建設的なプログラムを使用するのをやめるどんな理由もないでしょう。

「我々が示したようにこれらをしてください…、反復としてではなく、 しかし、この経験でその部分を運ぶため、自己の中で身体、精神的に、身体的に、霊的に関し必要な物を建設するのを目覚めさせられる様な物を見つけなければならないとうことをしりなさい、それはすべての原子に活性化された諸力の神の信仰への覚醒の細胞すべてと、生きている身体のすべての細胞を持たなばならない。」 (726-1)

[注意: 前の概観は、ウィリアムA.マックギャレー、(M.D.)によって書かれています