肝臓を悪くする心配事などの精神的ストレス

 肝臓病になる原因として、心の問題は重視しなければならない。

もっともいかなる病気も精神面を無視しては考えられたいほど密接に関連しているが、肝臓の場合は特に精神面を強調しておかねばならない。

肝臓は精神作用の影響を直接しかも強烈に受ける臓器の一つであるからである。

怒りや恐怖で副腎皮質から出るアドレナリンやノルアドレナリン等が、肝臓に、いかなる大きな負担を与えているか、想像に余りある。

もっと興味アルことは肝臓の移植をしたひとは、全く違う自分に戸惑うことから肝臓から生み出される脂肪酸やアミノ酸など中枢経系に直接影響を及ぼす。

心配事もまた同様である。

大都会などに住む人達は、混雑した集団生活で何かと気分がイラ立つことも少なくないと思うが、このようた精神的ストレスも肝臓にとって良くない刺激となるのであろう。

睡眠不足から来る疲労の蓄積も肝臓病の誘因となる。

夜遅くまでテレビを見たり、マージャンなどにふけったりすることや日中熱いのに水も飲まずゴルフなど野外活動をしたりする疲労がが積り積って健康を害する原因となっているのである。

この心の問題は自分をすべて受け入れること、自分は神の一部であること、自分の視点は宇宙的観点から物を見判断し動くことが心の平安を即すし瞑想もこのようなときに役立つ。

肝臓機能について

肝臓が悪い時の自覚症状

C型肝炎 

エドガー・ケイシー療法