肝炎生菜食とインターフェロンの増加

慢性肝炎の患者さんに生菜食療法をやり治った人たちの場合

インターフェロンで慢性肝炎が治るとすれば、生菜食をやった患者さんのインターフェロンは増えているのが、京都のパスツール研究所の岸田綱太郎先生(岸田先生は京都府立医大教授を退官されてからパスツール研究所でインターフェロンの研究に打ち込んでおられる方岸田先生談「からだの外から注射という方法でインターフェロンを与えるというのは考えものだと私も思っている」)のが確認される。

岸田先生が甲田医院で生菜食をして肝炎を克服した人や癌の方のインターフェロンを計っていただくと5人にのなかでインターフェロンの上昇していない人はいなかった。

岸田先生のほうにはすでに8000人くらいの血液検査をやって、インターフェロンの標準の値は、

健康人では血液一 のなかに5000から8000単位くらい。

慢性肝炎とか糖尿病:3000ぐらい。

ガンとかエイズになるとさらに1000くらいまで落ちます。

ある会社で三年間くらい社員全員の追跡調査をしたところ、インターフェロンが大体5000から8000単位ある人の中からは一人もガンが出ないということが分かったのです。

Oさんという、この方は古ガンで一年くらい生菜食を続けていたのです。この患者さんの血液検査をしたところ六三九〇というインターフェロンの値が出たのです。さきほど言いましたように、ガンの患者さんなら一〇〇〇とか一五〇〇というところですが、生菜食でガンの患者さんのインターフェロンが増えたことになります。

C型慢性肝炎のAさん、この方は生菜食と生玄米だけを二年間続けたのです。肝機能検査ではまったく正常値になっていました。

この方の血液を調べてみたところ、インターフェロンは13880という数値が出たのです。前に見たように慢性肝炎ならば三〇〇〇くらいというのに対してこの数値です。

慢性肝炎のYさん、この方のインターフェロンが102621です。

Aさん、Yさんの二人とも一万台という数値は、やはり生菜食でインターフェロンが増えて慢性肝炎が治ったとみることができます。

それから、長く続けていくことで玄米も使わずにやっていける生菜食もあることです。

最初は生野菜と生の玄米だけをつかいます。

これでだいたい九〇〇カロリーです。ところが一年、二年と続けていくうちに玄米がいらなくなってくる人もいます。

すると玄米なしで生の野菜だけを昼500g、晩500g、一日に一キロ。

これだけで元気に働く人がいる。

カロリーにすると一日400カロリーです。

これだけの中野菜だけで元気に生活することができるようになってくる。

これが生菜食が生む大きな魅力でしょうね。

こんなことは現代医学では考えられぬことです。

たった四〇〇カロリーで、蛋白質一〇グラムしかない。

それでもやって行けるようになるのですから、そういう人たちのインターフェロンがどうなのかと、調べてみたのです。

一人は男性、一人は女性です。Mさんという女性は、二〇〇カロリー以下の〈仙人食〉で、三年以上もやっているのですけれど、この方のインターフェロンはなんと20277です。

もう一人、男性のMさんという方21612です。このように生野菜だけでやればインターフェロンが増えます。だから慢性肝炎も治るということが、これで分かるわけです。

甲田医師は生菜食で慢性肝炎を治すことができると、現代医学に提案したいわけと言っています。

肝臓の位置と肝臓の機能

肝臓が悪い時の自覚症状

肝臓病と血小板


注目すべきC型肝炎療法(京都の桂病院で治験)

C型肝炎ウイルスの感染を防ぎC型肝炎ウイルス量の減少の新聞記事

C型肝炎のラクトフェリン服用例新規収載1999.11.06

よく似たウイルス性肝炎(B型肝炎

C型肝炎田七有効例

c型肝炎ヒマシ油パック有効例

 

ネオカン・P服用有効例 

肝炎食事療法

  1. 断食療法
  2. 生菜食
  3. 低栄養療法

肝炎整骨療法

インターフェロン療法


ラクトフェリン

 

ラクトフェリンの機能

ラクトフェリンの発見された新しい機能(国立ガンセンターの研究ラクトフェリンの癌転移抑制作用)

がん予防物質の探索と作用機序の解析(国立ガンセンターの研究)

肝臓機能について

肝臓が悪い時の自覚症状

C型肝炎 

エドガー・ケイシー療法