大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ  
メルマガ登録&解除
Google

関節炎1:エドガ−ケイシー療法

エドガー・ケイシー療法の関節炎を克服する方法としての提示。

医薬品ではりません。

以下の内容はエドガー・ケイシーリーディングでのべられたものをまとめた物です。(AREの出版物から抜粋です)

効果は人により異なります。

エドガー・ケイシーを信奉し何もする手段がないひとは試す値うちが在る。

 


関節炎は自らの多くの不正や悪習に対する肉体的および精神的反応であること。

 

関節炎

捻挫、骨折、関節炎は、どれも重症になると専門医に任せる必要があるが、そうなる以前にできることは沢山ある。

 

バランスのとれた療法に下記の療法が有ります。

エドガー・ケイシー療法我々が、リーディングを利用しようとし始めるときには、我々の持っ知識との問に存在するギャップのためいくっかの質問を発せざるを得ない。

リーディングには、我々が容易には無視しえない物質観に対する挑戦がある。

しかし我々は、例えば、健康リーディングを受け入れ、霊的および心理的含みを無視するといったことはできない。

我々は、自分の欲するものだけを利用し、残りは投げ捨ててしまうといったことをしてはならない

食事の改善

酸とアルカリのバランス

調査例の約半数について肉類の多食を禁じ、事実上すべてのケースについて豚肉を禁じた。

患者の多くに白パンやじゃがいも、太りやすい食物や油脂などを避けて、根菜を食べる様に奨められた。あまりにたくさんのでんぷん(米小麦など)はとらないで、それと甘いものとでんぷんのを一緒にしたもの(まんじゅうケーキなど)をあまりにもあまりたくさんとらないで;それはケーキ、ペーストリーなのだが、自然の排除排泄をよくするもの;はちみつあるいはコーンシロップあるいはカロシロップはその適切割り合いや正しい期間にとると非常に良いものです。(注意はちみつは自然なものは今ほとんと販売されていない)。

精白されたパンではない ソバケーキ、コーンブレッドをたべるのがよい。 全粒のパンが大変良いでしょう。 魚もしとられた肉をとりたいなら家禽とラムを使いなさい。ゼラチンをかけた多量の野菜、野菜は人参、セロリレタスと緑の生の野菜のすべて。(5331-1)

Don't have too much starches, don't have too great quantity of the combinations of sweets and starches together; thus cake, pastries or that nature, eliminate; while honey or corn syrup or Karo syrup would be very well in its proper proportions and at the right periods.

These may be taken with buckwheat cakes, corn bread or the like but not white bread.

Whole wheat bread might be very well.

Use fish, fowl and lamb if there is meat taken.

Have a great deal of vegetables which may be prepared oft with gelatin;as carrots, celery, lettuce and every form of green raw vegetables.(5331-1)

塩の多食は禁止使うのはケルプや健康塩

Then, these are the don'ts: Don't use much salt, if any, in the foods taken and when this is used, use only kelp or health salt.(5331-1)

同様にセロリ、レタス、人参のような食物、水、クレソンと、同じようなものによって加えられるかもしれない化学的な力を増やしなさい。

そしてこれらはしばしばゼラチンをかけてください。

同じく小麦麦芽油あるいはでオイルをつけた小麦麦芽、あるいは小麦麦芽油を、そしてシリアルと小麦麦芽油を使いなさい。

同じく食事でたくさんの柑橘類の果物をとりなささいでも、同じ時にはシリアルを一緒に取らないで。(5361-1)

Also increase the chemical forces which may be added by the foods such as celery, lettuce, carrots, water, cress, and the like. And these oft prepare with gelatin.

Also use wheat germ oil, or the wheat germ with the oil, or wheat germ oil and also wheat germ with the cereals.

Also take plenty of citrus fruits, but not these at the same meal with cereals.(5361-1)

3. エプソム塩の入浴塩(硫酸マグネシウム)の湿布や入浴による循環機能の改善。

4. アトミダインの服用

5. オリーブ油ピーナッツ(落花生)油ミルラの入ったオリーブ油や関節炎のマッサージオイル)のマッサージ

煌潤、アスロ、ミルラオリーブ油

6. 整骨より第三頸椎、第九脊椎および第四腰椎を調整すること。

頚部や脊椎下部の調整のため特殊な圧を加える一般的な整骨療法を奨めた。

7. コロニクス

組織を浄化するため結腸のコロニクスを組み合せたのは十四例だった。

8. 患者の精神的霊的態度を改善するように強調した。

9紫外線

10.リンゴ酢と塩のマッサージ

「全組織を通じて適切な排泄作用が不足している」

「整骨療法による調整で上背部と頸部の循環作用を刺激することにより、消化管全般の排泄作用をよくすべきだし食事についての示唆もあった。

「オランダガラシやサトウダイコンの葉を沢山食べなさい」

いま激しく痛んでいるこの小さな関節の固い部分になにか特別なことをするべきでしょうか?

「硫酸マグネシウムの湿布をあてれば痛みは少なくなるだろう

しかし示唆した通りにして(十日目毎の結腸洗腸)排泄をよくすれば、組織全般を通じて、この状態の回復を図ることができる」

結果報告指のしこりはとれた。

 


?リウマチ

リウマチrheumatoid arthritis(RA)

慢性関節リウマチマンセイカンセツリウマチ

原因不明の慢性関節炎を特徴とする疾患で,男女比は1:4,好発年齢は30〜50歳である.わが国の罹病率は全人口の0.3〜0.5%と推定されている.発病原因は不明であるが,多因子性の遺伝的素因,とくにHLA‐D 4との関連,およびウイルス感染が注目されている.

関節炎はすべての滑膜関節に起こり,多発性,対称性の傾向を示す.

初期には滑膜の炎症のみであるが,進行すると軟骨,骨の破壊が起こり,

関節は変形,脱臼し,また骨性強直により可動性を失う.

特に手指,足趾は変形しやすく,中手指節間関節部での尺側変位,指のスワンネック変形,ボタン穴変形,趾では外反母趾などが特徴的である.

朝起床時に関節が動きにくい,こわばった感じは,「朝のこわばり」といって診断上も,治療効果をみる上でも重要な症状.

関節以外では,血管炎,心〔外〕膜炎*,皮下結節,肺線維症*などを伴う

ものがあり,血管炎を伴う型には結節性多発動脈炎様の予後不良例が

あって,悪性関節リウマチ*といわれる.

〔臨床検査〕 リウマチ因子*が70〜80%の高率に検出されるほか,赤沈値亢進,CRP陽性,

軽度の貧血,血小板増加,血清補体高値などが認められる.

滑膜組織所見は,非特異的慢性滑膜炎である.

〔診断〕 アメリカリウマチ学会の診断基準が広く使用されている.

 

 ◆アメリカ・リウマチ学会の診断基準

●朝、少なくとも1時間にわたるこわばりが6週間以上続く

●3つ以上の関節に、炎症が6週間以上続いている

●手首、手指の第2関節、または手指のつけ根の関節に、炎症が6週間以上続いている

●左右対称の関節に、同じように炎症が起こる

●ひじやひざなどに皮下桔節(リウマチ結節)がある

●血液検査でリウマチ因子が検出される

●X線検査で、手の関節に骨の萎縮などの変化がみられる

ただ、早期の慢性関節リウマチでは、これらの症状や検査結果がそろわず、診断がむずかしいことも多いようです。と いうのも、もし慢性関節リウマチであれぱ、できるだけ早く治療をはじめなくてはならないので、医師としては「慢性関 節リウマチではない」と診断することがとてもむずかしいのです。

そこで、7項目のうち何項目にあてはまるかによって、診断を段階づけて行います。あてはまる項目が4つ以下であっ ても疑わしい場合は、少なくとも半年くらいは定期的に通院し、検査を繰り返しながら診断を確定していきます。

また、日本の厚生省(現厚生労働省)は発症して1年以内の慢性関節リウマチを「早期リウマチ」と定義し、アメリカ の基準とは別に、「早期リウマチ診断基準」を作成しました。

この診断基準は6項目からなり、うち4項目以上にあてはまれば早期慢性関節リウマチと考えられます。ただし、これ らの項目の症状はほかの病気でもみられることがあるので、さらにくわしい検査を続けてしっかりと病気を見極める必要があります。

 

〔治療〕 ステロイド,非ステロイド系抗炎症薬と,金剤*,D‐ペニシラミン(ペニシラミン*)

などの寛解導入薬による内科的治療,滑膜切除術,関節形成術,関節

置換術などの整形外科的治療,温熱,運動,装具,補助具などによる

リハビリテーション治療を病状,病期によりうまく組み合わせて行う.

リウマチの治しかた

1.アトミダイン

5日間毎朝すぐに朝食直前に、アトミダイン 1滴を水の半分のグラスにいれこれをとりなさい。

6目の日に、朝食前に水の半分のグラスにアトミダインを5滴入れてください。

一週間休み再び5日間毎朝すぐに朝食直前に、アトミダイン 1滴を水の半分のグラスにいれこれをとりなさい。

6目の日に、朝食前に水の半分のグラスにアトミダインを5滴入れてください。

7. Begin first then by taking Atomidine internally; one drop in half a glass of water each morning before the meal is taken, for at least three weeks.

8. Then begin (not before) taking Acigest twice each week; a teaspoonful in a glass of raw milk (only raw milk), preferably at the evening meal.

11. When beginning the Acigest and Calcios, begin also to use each evening a Usoline or Nujol as the base.......4 ounces,

Oil of Pine Needles................1 ounce,

Olive Oil..........................1 ounce,

Peanut Oil.........................1 ounce,

Lanolin (liquefied)................1 teaspoonful.

12. Shake this together each time and in the evening, when preparing the body for rest, take at least thirty minutes to an hour to gently rub this into the small of the back and over the limbs; especially the small of the back, from the 9th dorsal downward, including the lower limbs.(TEXT OF READING 3244-1 F 40)

14. Then begin with the Atomidine, this time taking five dropseach morning before breakfast in a half a glass of water for five days.

15. After the five days have an Epsom Salts Bath, using about - ten pounds to about forty or fifty gallons of water.

Keep this warm, as warm as the body can well stand, and massage the whole body during the time it is in this Bath; from the neck down the spine, the arms, the hands, across the abdominal area and down the lower limbs. Let the body stay in the Bath for at least twenty to thirty minutes; keeping, of course, plenty of cold water for the body to drink during the period that this Bath is being taken.

24. Through these periods take only foods that are very easily assimilated, especially at first.During the last series, especially, have plenty of raw vegetables finely grated; such as carrots, beets, radishes, onions, lettuce, celery and the like. Not all of these at once, of course, but let one meal each day consist principally of these.

Also take water cress juice and the V-8 juices. These should be a part of the diet.

25. With the V-8 juices make a cocktail at least once each day using Fleischman's yeast.

The Epsom Salts Bath, in the first series, may be very severe. Be patient, be persistent, if we would have results.

12.訂正は、それから、まずはじめに規定食で始めましょうー規定食でうまく分配されたヨードで系に特にこれらのマグネシウム、シリコンと硫黄を加えるようにしましょう。(TEXT OF READING 120-1)

12. The corrections, then, should begin WITH THE DIET FIRST - which shall add to the system those especially of magnesium, silicon, and sulphur - with iodine well distributed in the diet. (TEXT OF READING 120-1)

 

2.ダイエット

酸とアルカリのバランス

少なくとも3から5日間、ダイエットをただグレープフルーツジュースとブドウに過ぎないようにしなさい。

グレープフルーツジュース。 オレンジではなく、グレープフルーツジュースとブドウのみ。

我々は腹部にと腎臓の範囲じょうか、あるいは第9〜12番目の脊椎の範囲に体を取り囲むブドウの湿布をするであろう。

グレープフルーツジュースとブドウの − それぞれの食事の後に水の小さい量で同じ1日を溶かして、そして次に、それから2番目のフルのグラスを飲んで、フルの1杯の水を加えて、1杯の水でアル - CAROID (AL - CAROID) の4半期茶さじ1杯をとる水下記について同じ。

それぞれ4時間、 − もちろん − 組織体が夜休む時除外しなさい − ;これらの圧力から排泄のの初めがあるまで、2つの CAROID 胆汁塩 錠剤を飲みなさい。TEXT OF READING 133-3

 

ダイエットは、これら全体の特性が取られるまで,主にオートミールでして下さい。 肉あるいはお腹に負担になる食物はなし、分かりましたか?

野生の獲物あるいは魚が食べられる。

全粒のパン、 オートミール 、ブラン 、シリアル、系と合致するどんな特徴の果物。

多すぎる種類の野菜はなし、ただ緑色野菜食べられる。

白パン、と多量の砂糖のいずれも。 コーヒーあるいはお茶の興奮剤はなし。

ミルクが暖かくしてのんでもいい、おわかりか?

 

マグネシウム:柑橘類の果物、卵卵黄、ホウレンソウ、ココナッツ、やぎのミルク、アーモンド、クルミ、 beechnuts 、栗、ライ麦、小麦全体、ブドウ、大麦、サクランボ、緑のトウモロコシ、スグリ、シタビラメ、カエル足、ラム、チキン、オート麦、桃、エンドウ豆、プルーン、寸断された小麦、リンゴ。

シリコン:スティール (Steel) はオート麦、ホウレンソウ、リンゴ、大麦、卵卵黄、イチゴ、エンドウ豆、イチジク、やぎのミルクを切った、 beechnuts 、ブドウ、アーモンド、クルミ、栗、人参、が小麦、洗練されていない米、ライ麦、桃、サクランボ、小麦全体、アスパラガス、キャベツ、スグリ、キュウリ、エンダイブをこまかく切った。

硫黄:生の卵卵黄、エビ、 brussels - 芽、キャベツ、セイヨウワサビ、玉ねぎ、カブ、カリフラワー、ケール、ニンニク、からし、ラディッシュ、 kohlrabi 、キュウリ、アスパラガス、イチジク、プルーン、黒いサクランボ、スグリ、ブルーベリー、イチゴ、ココナッツ、人参。

ヨード:ヨード海レタス、タラの肝臓のオイル、くん製にされた鮭、ベイクド・ポテト、蛤、ロブスター、カキ、エビの皮膚、緑のカメ、マッシュルーム、玉ねぎ、トマト、パイナップル、ザリガニ、ホタテ貝、ニンニク、エンドウ豆、西洋ナシ。)

(TEXT OF READING 120-1)

 

3.隔日に紫外線

をかける時に一時間半は2時間前に内服で Bromide of Soda and Chloride of Gold をとってください。

飲みかたはコップ半分の水に塩化金は2滴臭化ナトリウムは4滴のんでください。

 

The ultra violet, the manipulation (that is, the massage), and - as has been given - begin with the extremities - on thehands, on the toes - and work toward the body, THOROUGHLY, all along the lines - not only of the main nerve centers, but along the trunk lines, also of nerves in arms, shoulders,neck, head, body, limbs - ALL, work TOWARD the body.

 

4.香気浴(フューム浴)休養後3〜4日入り汗をかいて入浴

沸騰させた水1パインとに(476ml)ウイッチヘーゼルで茶さじ一杯に入れ

 

5.オステンオパシーは毎日

6.入浴中は優しくマッサージ

 

7.ラディアックRadio - Active Appliance

ヨウチン

8.飽和したエプソム塩

夕方、あつい風呂にはいり、深い手わざ毎、あとひざ、手、関節、系にする。

状態のために手足と手足に、 Epsom の飽和した溶液が、熱い布で絞られて塩で清める痛みが激しい時使って、そして手足あるいは関節について、あるいは腰のくびれの向こう側にはねるように駆けなさい。

For the conditions in limbs and extremities, use when the pain is severe a saturated solution of Epsom Salts, wrung out in hot cloth and bound about the limbs or joints, or across the small of the back.(TEXT OF READING 133-1)

9.戸外での運動

太陽の光を伴ったもの

 

10.マッサージ

毎晩夕方に休むのがよい、私達は頭のてっぺんから足先まで体全体にマッサージしてください。それはオリーブオイルミルラチンキ、サッサフラスを等量まぜたもので。

優しく系にし毛細血管循環がこのような優しいマッサージをすることから − その内部の反応で − 回復するように、システムの中に穏やかにこれにマッサージをしなさい。

このマッサージをしなさい、そうすれば我々は もしこれが30から60日の間首尾一貫したなら− この体にとって 運動の能力で示される素晴らしい改良を見いだすであろう。

3. EACH day, in the evening, to bring better rest, we would massage over the WHOLE body - that is, beginning from the base of the brain to the tips of the toes - equal parts of olive oil and tincture of myrrh and sassafras oil.

Massage this gently into the system, so that the capillary circulation picks up - in its internal reaction - from such gentle massaging.

4. Do this, and we will find - were this kept consistently for thirty to sixty days - a great improvement shown in the abilities of the locomotions for this body. (TEXT OF READING 133-2 )

 

11.高圧浣腸

 

12.楡茶

整骨療法に、ハットソは、マックギャリ-と同じく、肉体はそれ自身の状態を正確に意識していると確信するようになった。

「我々は、人間にはもともと、通常は無意識とか潜在意識という言葉で呼ばれている『意識』が存在していることを知っている。これは、通常、精神的活動に関係している。しかし、それ以外にも、より一層深いレベルで、交感神経系や副交感神経系に存するバランスの状態に対して感受性が強い別のタイプの『意識』が存在し得る」

エドガー・ケイシー以外、誰もこの『意識』を探索して明らかに、することができたかったので、エドガー・ケイシー.リーディングは・その基礎となっている

哲学も含め、一層重要なものとなっている。

 


エプソム風呂に入った後だけ使用するものであり、これは若干の熱と痛みとを起こすかもしれない。

ユソールまたはヌジョール120?

ピーナツ油60?

サッサフラス油15?

松葉油15?

カラシ油7?

エドガー・ケイシーがすすめた上記のものはないがスローンのリニメントがそれに当たる

4410円

(送料.内税)


リーディングでは関節炎の大半のケースでアトミダインの服用が勧められている。

その服用周期は様々である(注5)が、常に周期をもたせて使うよう指示されている。(これについては関節炎に関する回覧ファイルを参照のこと

)私たちの使う一般的方法は、月曜に一滴、火曜に二滴と日に一滴ずつ増やしてゆき、金曜までこれを続け(五滴)、週末は休んでまた月曜から同じ周期を繰り返すのである。

 これを毎月第一週から三通まで行なう。

だが、私たちに連絡してくる中でこの方法を守る人は少ない。

ある長期の関節炎患者は、一〇年間病んでいるのにどの薬も効かなかったと書いてよこした。次が彼女の話である。

「最近、私はオリーブ油を飲み始めました。まず、日に大さじ大杯のオリーブ油を二週間続け、次の二週間は一日一杯としました。関節の痛みはどれも治りました。私はついに治ったと考えて、飲むのをやめてしまいました。

三週間後、また痛みがぶり返しましたので、これはオリーブ油だと思い、一週間毎日大さじ三杯を飲み、やめてみました。

また二週間後にまた痛みが起こりました。

今は日に三杯は飲んでいますが、今のところ痛みは消えています。」こんな療法はリーディングには出てないのだが、この人の場合、原因を断つのではなく症状の軽減だけを考えているようである。

次の二つの例も、やはり関節炎に対する油の効果をうたっている。

「シェス・スターンの『眠れる預言者』を読みまして、関節炎に対するピーナツ油の効果に特に興味を覚え・骨櫨ました。私のリウマチ性関節炎にそれが大変な効き目を現わしたのです。何年かピーナッ油マッサージをしてきまして、私は、その油が単なる滑剤ではたく、実際に癒すものであるというエドガー・ケイシー氏の言葉が信じられるようになりました。

なぜ、このようなピーナツ油の効果が知られてないのでしょうか。

医学者たちは「これを家庭療法に追いやってしまっているのでしょうか。」

一一カリフォルニアからはこんな手紙が届いている。

「私の母はひどい関節炎で入院しました。二週間の入院で何の成果もたく帰ってきました。指全体に関節炎が集中しており、もう指を広げられたいのではないかと、母は考えていました。父が熱いヒマシ油を使わせ、一日に三回、手と腕、肩、脚にすり込みました。

三か月して、母は歩き、手を動かし、指を広げられるようにたり、今では完全に回復しています。当時は七六歳でした。」

 

ホームページ先頭へ