Google

乾癬の話:ロマラックス(個人輸入)


乾癬のエドカー・ケイシー療法と自然療法のまとめ


乾癬は、白い鱗状の斑点と炎症によって特徴づけられる慢性の皮膚炎である。

最近の医療技術の進歩によって、乾癬と腹膜透析とが初めて結びつけられた。

コロンビア州ミズーリ大学の研究者たちが乾癬患者の治療にある成功を収めたことを報告した。

ツバイル・J・ワルドフスキー博士はポートランド、バイトムにある炭鉱者病院で腹膜透析を受けている乾癬患者に起きた有益な成果を報じた(Medical World News,Aplil 17,1978)

そして、コロンビア州で腎皮膚科研究所の主任を務めるノルフ・アンダーソン両博士に試験的調査をするよう促した。

16人の患者に対しなされた予備的調査は非常に有望なものでした。

「我々の扱った最初の患者は関節を動かすことも、座ることもできず、職に就けずに自殺を考えていた。彼女の病変は四回の治療で片付き、その後10ケ月病気とは無縁になっている」とノルフ博士は語った。

乾癬の中には、まだ特定できてはいないものの、何らかの代謝産物が存在しており、これを腎臓が排出できなくとも透析で分離することができると、彼らは仮定している。

腎臓はそれを濾過するのだが、ちょうど腎臓がグルコースを再吸収するようにそれを再吸収してしまうのだと、ノルフ博士は語っている。

何年にもわたってこの代謝産物が体液中にたまってくると、最後に乾癬を起こす段階にまで至る。

患者が透析を受けると、症状を起こす量以下にまで代謝産物はへってくる。

研究者たちは注意深い姿勢をとり、ダブルブラインドな研究法を探っている段階である。

この研究者たちが、症状そのものの奥に潜む、「代謝産物」の生産される原因に目を向けていないのは面白いことである。

物質はそこにあるというだけのことです。

この調査は間違いではないにしても、そうした代謝産物を作り出す機能や構造上の異常がそこに事実として存在するのである。

それがある限り乾癬は起こる。

そこには体の排泄機能(排尿、排便、排気、排汗(皮膚))が関わっている。

皮膚は腎臓、肝臓、腸と同じく排泄器の1つです。

フレッド・ランスフォード博士がその注釈をしているが、彼の情報はコロンビアで透析と組んでなされた実験と比ぺてみると、とても興味深い。

彼の文献に引用されたリーディングを3つほど紹介。

「よりよい体の働きを妨げる憂慮すべき状態がこの体内に認められる。これらは主として、腸の乱れと排泄系統における適切な協調の欠乏である。十二指腸と空腸にこれが認められ、消化時にこの一帯から分泌される消化液と共にあるべき壁がそこで薄くなっているのである。その結果、血液に乱れと、表皮の循環に不快が起こり、消化管から排泄さるべきものが皮下にたまってくるのである。というのも、これらは発汗系から排泄されようとしているからだ。」(3373−1・74歳・女性)

There are disturbing conditions which prevent the better physical functioning in this body. These have to do primarily with an intestinal disorder and the lack of proper coordination in the eliminating systems. There are those conditions, then, in the duodenum and through the jejunum where there are the effects as if there were tiny thinnedwalls, as if the walls of the duodenum had been smoothed rather than the folds that should exist with the gastric flow which should come through these areas at periods of digestion. The results are a disturbance in the blood supply and an irritation in the superficial circulation, so that those areas in the epidermis show eliminations that should be carried through alimentary canal, for these are being eliminated through perspiratory system.

問1.乾癬はいつも同じ原因から起こるのでしょうか。

答1.そうではないが、排泄系に適正な協調が欠けていることからよく起こるのである。こうした圧迫が心臓と肝臓間、心臓と肺臓間の平衡状態を覆すことが往々にしてある。だが、それは常に消化管にリンパの循環が欠けていることにより起こされるのである。(5016−1・25歳・女)

15. (Q) Is psoriasis always from the same cause?

(A) No, but it is more often from the lack of proper coordination in the eliminating systems. At times the pressures may be in those areas disturbing the equilibrium between the heart and liver, or between heart and lungs.

But it is always caused by a condition of lack of lymph circulation through alimentary canal and by absorption of such activities through the body.

「前に戻ると、消化管からの排泄不良という頑固な症状を通して蓄積されてきた毒素から生じた症状がそこにあった。当時、系中の老廃物からできていたこの圧迫が腸壁そのものを薄くする傾向を作り、時々体の外部に発疹を起こす分泌を作り出したのである。」(622−1・29歳・男)

10. In some times back we had a condition that existed from toxic forces, or by the accumulations through and to the stubborn condition in an IMPROPER elimination through the alimentary canal. This strain at the time from fecal forces in the system tended to make for a thinning of the walls of the intestines themselves, making a secretion that - having to be taken up by the lymph and emunctories, and the blood being impoverished - produces a rash on the exterior forces of the body at times.

エドガー・ケイシーの資料は、常に、体の症状が異常な生理機能に端を発しており、その発端は心の持ち方、感情の反応、霊的(スピリチュアル、ソウルフル)原因にあると思える。

これらはしばしば習慣化してあまり理解もされなくなるほどに浸み込んだ反応のパターンであり、人体に現わされた時に、それは現実のものとなり、物理的な形をとり、病と名づけられるのである。

エドガー・ケイシー資料に見られる様々な治療法が皮膚に有益な働きかけをするという希望と理解とを、乾癬患者にもっと伝える必要がある。

体系的な治療法をするには次のことが必要である。

食物の同化排泄機能の改善(自然な食事、咀嚼)

循環系、消化系にある毒素の沈澱を一掃する。

循環系に毒素を戻してしまう腸の病変を治療すること。

整骨調整を使い、スリッペリーエルム(楡茶)、紅花(イエローサフラン)、マリン茶(カモミール茶、紅花、薄荷茶)を飲み、脂肪や糖分、菓子を除いて果物と野菜を沢山加えた食事をとり、洗腸をし、時々は硫黄、ロッシェル塩、二酒石酸カリウムを等量混ぜた緩下剤を飲むことによって、乾癬患者は目覚ましい回復を得てきている。

洗浄に使うのはPSスカルプ&ボディウォッシュやクチクラ石鹸がある。

保護クリームはバアーの製品はPSクリーム(Psoriasis Cream=乾癬クリーム)がある。

古典的なものはイクタモールもある。

また関節乾癬なども関節炎の手当を参考にしマッサージオイルでマッサージし酸とアルカリのバランスを考えた食事をし、整骨、スリッペリーエルム(楡茶)、紅花(イエローサフラン)、マリン茶(カモミール茶、紅花、薄荷茶)を飲み、脂肪や糖分、菓子を除いて果物と野菜を沢山加えた食事をとって水を加える飲水法をしてください。

関節の激しい腫はヒマシ油をフランネルにつけ巻き付きてください。

関節の痛みは約2週間で軽減してくるのが分かり、腫もとれてくる。


乾癬の人は特にこれらの食事はさけるべき

油脂、アルコール、タンパク質(得に豚、大豆油、大豆由来の油脂成分をふくむものは止めるべき)

卵を使った食品 傾向として顔や手の湿疹食べてすぐに赤くなる
  • 卵焼き
  • 茶碗蒸し
  • ハンバーグ
  • 天ぷらの衣
  • マヨネーズ
  • ちくわやハンペンの練りもの
  • かまぼこ
  • 天ぷら粉
  • 液卵
  • ロースハム
  • カステラ
  • ケーキ
  • ビスケット
  • プリン
  • パン
  • アイスクリーム
  • シュークリーム
  • ホットケーキ
  • 瓦煎餅
  • 栗饅頭
  • 白あんの入った和菓子
  • 砂糖を塗った煎餅
  • 味付け海苔
  • 酢(発酵精製の段階で卵白を使用しているものあり)
牛乳をつかった食品 傾向として身体のざらざら、さめ肌様食べてすぐから2〜3日で悪化
  • 牛乳
  • フォローミルク
  • コーヒー牛乳
  • フルーツ牛乳
  • 乳酸飲料(サワー、ヤクルト、ジョワ、カルピス)
  • ヨーグルト
  • ミロ
  • ウエハース
  • チョコレート
  • キャラメル
  • バターボール
  • シャーベット(牛乳を含む)
  • クリームシチュー
  • ポタージュスープ
  • ホワイトソース
  • ピザパイ
  • グラタン
  • ラザニア
  • バター
  • チーズ
  • 脱脂粉乳
  • 乳清
  • CCCP
  • カゼイン
  • 日本酒の一部(純米酒や蒸留酒は安全)
  • 果物にかけられているワックス
大豆油、紅花油をつかった食品、リノール酸過多食品 傾向として脂漏部に出、食べて3〜7日で赤くなり約1か月ほどかかって戻る
  • 油揚げ
  • 生揚げ
  • カツ
  • コロッケ
  • フライドチキン
  • インスタントラン
  • 油浸けカンズメ(シーチキン、オイルサーデン)
  • インスタントカレールー
  • 市販の天ぷら
  • ガンモドキ
  • 大豆油(菜種油、天ぷら油、サラダ油、などは大豆油が混入している)
  • ポテトチップス
  • カール
  • エビセン
  • カリントウ
  • コーンフレーク
  • おから
  • マーガリン
  • 大豆乳
  • フライしているナッツ類
  • ほしいも
  • ほしいも
  • ゆば
  • おかき
  • 一部の干物
  • レシチン
  • 納豆
  • 大豆由来の乳化剤

症状がとれたら(人により1年〜3年ぐらいかかりますが、治ってからは食事制限はほとんどいらなくなり、普通に食べてもまた出ることは、ありません)ので安心して食事制限をしてください。

また気を許し上記のものを食べたときには、ひどく悪化します。

油に関しては、大豆油の混入してない油なら、いくら取ってもいいものではなく、乾癬の人は、全ての油脂類に弱いため、天ぷらなどの食事はなるべく避け、できる限り油は使わないように心掛けてください。

気を付けなければならないものは、トランス型脂肪(マーガリン、ショートニング)是れは絶体とらないで下さい。(パン、クッキーなど粉製品におおく含有)

ECではトランス型脂肪酸をふくんだ製品は発売を禁止している。

最近の研究報告で二型糖尿の原因(細胞膜がトランス型脂肪酸ととりこみ酸素を十分に取り込み好気的酸化が出来なくなり、嫌気的酸化に移行するため糖尿やガンの発生に寄与するといわれています)。140度以上加熱した油脂はとらないこと。(日本では普通の油もトランス型脂肪酸を検査規制する枠はない。)

西ドイツではトランス型マーガーリンが発売された時期と、クーロン病多発した時期と一致したため其の有害性がいわれだしたため、疑わしきは使用せずということで使われていない。

それだけでなくプロスタグランジンの製造を妨げる働きがある。

プロスタグランジンは人体にとってなくてはならない局所ホルモン。(睡眠、生殖、発熱など)

だから私はケーキ、クッキー、パンこれらを取らないようにしています。

もちろん癌を気にする人、動脈硬化を気にする人のも当てはまります。

積極的にスカベンジャーを取って、危ない食品をさけ生活をエンジョイしましょう。

オリーブ油

いい油はオリーブ油のエクストラバージンオイル(ヨーロッパの小さな精油所がいいが、香り手触り、吸収のよさ、渋みのなさなど満足できる物はすくないが、このごろ米国のオールンナチュラルのコールドプレスとコールドプロセッシングのオリーブ油が手に入りやすくなりクシロ薬局で販売しています。ただしオリーブ油とてリノール酸を10%ほど含有しているので、調理は高温で揚げない調理後に後でかける事が基本を守ることです。)

このごろ遺伝子組み替え作物で紅花だがオリーブ油の組成を持つものがあるこれも小さな精油所で圧搾製法(コールドプレス)をしているものなら取ってもいいだろうとおもっていたが、完熟タイプのオリーブ油、このようなコールドプレスやコールドプロセッシングのオリーブ油がほとんど無いのがわかりました。

もちうろんボスコはいわずもがな、先日コープ北大坂で買って開封すると酸敗臭、期限は十分あるがこれではこまる。

手に塗るとすぐに浸透せずにネト付き感が残る。 他のオリーブオイルを買うがこのような品ばかり。

もっと消費者が賢くならないと、毒を食わされる格好となる。

オリーブオイルは少量なら1日小匙2杯までたべてよい

12歳の少女にとって乾癬は悲惨な病である

サリーが回復してきている例。

彼女の両親は紫外線もバスオイルもシャンプーも3カ月間全く効き目なしということがわかってから、地方病院の皮膚科に娘を連れていった。

そこで太陽灯、軟膏、べ−カーのP&Sオイルを使った新しい治療法が組まれたが、一時は良くなったものの4か月後にはさらに悪化してきた。

サリーの両親は、ここに至ってエドガー・ケイシーの食養生の方法を使い、最悪の所にはピーナッツ油を適用、カモミール、紅花(イエローサフラン)、マリン、スリッペリーエルム(楡茶)を飲ませることにした。

2週間して彼女は回復し始め、1年後には頭部に小さな斑点を2つ残すまでに治癒した。

乾癬は、食事を改めることに最もよく反応する。

これは、エドガー・ケイシー・リーディングの中でも、また私たちの体験においてもよく確かめられていることである。

とはいえ、他にも大きく助けとなるファクターはある。

整骨がよく勧められた。これには忍耐を要する。

そして、忍耐と持続と一貫こそが、エドガー・ケイシー・リーディングでしばしばいわれる成功の秘訣なのである。

乾癬患者の基本食ならびに避けるべきもの

アルカリ性食品と酸性食品について

「バランス」という言葉こそはエドガー・ケイシー・リーディングを解釈する上で鍵となる言葉であると思われる。

私達は様々な活動や心の持ち方のそれぞれについて適切なバランスを保つように努めなくてはならない。

このことは自分の肉体の化学的組成もしくはバランスについても当てはまることである。

この種の身体的(もしくは化学的)バランスのなかで最も重要なものの一つが酸性とアルカリ性のバランスである。

食事が守れない人への警告の言葉

何回も叫んでみて下さい。

「また、病気に対する体または心の反抗がある時には、体の原子が高血圧を起したりかゆみを起したり、発疹や消化不良をひき起こすということに、少しでも疑念があるだろうか? なぜなら、これらはすべて、真理と光明の反抗、体内の誤りと是正でしかないからだ。体とは実際、生きた神の聖堂だからだ。あなたはその聖堂に何を引っ張り込んでしまったのか?」(3174-1)

11. And when there are rebellions of body or mind against such, is there any wonder that the atoms of the body cause high blood pressure or cause itching, or cause running sores, or cause a rash, or cause indigestion?

For, all of these are but the rebellion of truth and light, error and correction in a physical body.

12. For thy body is indeed the Temple of the Living God.

What have you dragged into this Temple?

バーナードジェンセン氏〈カイロプラクティック(脊椎指圧療法)士兼N,D(栄養療法士?)である〉はカリフォルニア州エスコンディードにある「ヒドゥン・バリー健康農園」の創始者であり、講師兼園長でもあるが、彼はリーデングが主張する二つの見解について全面的に同意している。

食事の改善方法

乾癬の方は脂肪は食べない、隠れた油を取らないこれに限りますが、野菜をスーパーで新鮮な物を買いそのまたべる。

主食は玄米、味噌汁や蒸した野菜を主に取る。

芋はだめ。

白米、白パンはダメ。

だしをうまく取り食事にかけたべると美味しいです。



ロマラックス

なお臨床的評価は医師にゆだねなければならないがロマラックス健康食品があります。

既知の副作用のない健康食品の処方。

乾癬は世界的に見つかる慢性皮膚病です。

この疾病に苦しむ人々はしばしば物理的で、社会・情緒的な外傷を経験します。

処理は乾癬のコントロールに利用可能です。

それは治さない場合があります。

不運にも、これらの処理のどれも完全に有効ではありません。

また、それらはしばしば重大な副作業を持っています。今まで..

スティーヴン、スミス博士のM.D.、ロマラックス(乾癬)の発明者はアメリカで皮膚科医と保証されています。

スミス博士はインディアナ大学医学部の医師資格MDを得ました。

彼はテキサス大学で皮膚科医学研修期間を行いました。

彼は、全米内科協会および皮膚科、米内科医師会および全米皮膚科の外科協会の有資格者です。

彼は、オラル・ロバーツ医学部の皮膚科のヘッドです。

スミス博士は、乾癬に苦しむ彼の患者の苦境に非常に関心がありました。

利用可能な治療のどれも有効ではありませんでした。

また、多数が重大な副作業および薬物相互作用を持っていました。

彼は乾癬の代替治療法を捜し始めました。

科学的な調査および神の介在のコンビネーションによって、スミス博士はロマラックスを発見しました。

彼の実行からの抑制された科学研究および結果は、この薬の有効性を証明しました。

患者の98パーセントは著しい改良に穏健に見えました。

第一に、この薬物治療を受ける時、副作業または薬物相互作用はありませんでした。(下記の注意および警告を読んでください。)

既知の相互作用は、他の薬物治療で生じません。

ロマラックス成分は、臭化カリウム、臭化ナトリウム、硫酸ニッケル、亜鉛臭化物および硫酸カリウムです。

キャンペーン

商品案内