大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ
メルマガ登録&解除
Google

d-カンフル(樟脳):エドガー・ケイシー

D-Campher C10H16O:152.24

ここの写真は天然カンフルと天然カンフル精です。


エドガー・ケイシーのリーディングで使用していた使い方

樟脳アルコール(樟脳精)カンフル精

樟脳(カンフル)は医学的に刺激剤として使用され、カンフル精は、樟脳をアルコールに溶かして作られる。この溶液はおよそ二三五体のリーディングで述べられている。

そして風邪の塗布剤の材料としては、おそらく同量の羊脂とターペンタインオイルエキスを組み合わせたものが、最もよく知られている。

カンフルには「浸透とピーリングを促進する」(2509-1)という役目がある。

それに加えて、樟脳精はサッサフラスオイル、セダーウッドオイル、ヌジョール、ウィッチヘーゼル、オリーブオイルと組み合わせて、他のタイプのマッサージ処方も勧められている。

カンフル精

(食い込んだ爪)

マメ

カンフル精と日焼け


樟(クス)からとりだしたもので、局所刺激薬,局所消炎・鎮痒薬囲としてつかわれる。

名称:Camphor( USP=米国局方,BP=英国局方),Campher(D-Campher,DLCampher)

,Camphora[日;(十)一(1R,4R)一1,7,7-Trimethylbicyclo〔2.2.1〕heptan-2-one,CAS-76-22-2


[来歴]カンフルはクスノキCinnamomum camphora L.,Lauraceaeに含まれ,中国では太古より,ヨーロッパでは6世紀ごろより医薬に用いられ、古くから医薬に用いられている。

クスノキは東アジアの海岸地方,台湾,中国(揚子江から交趾支那にわたる地域)に産し,日本では九州,四国,房総,紀南地方に多い.カンフルの構造は1873年Kekule'6.1883年Kanonnikov,1884年Bredtらにより研究され,1893年Bredtにより確立された。

Komppa,Bredt,Hallerらはカンフルの合成に着手し,Diels-AIderにより完成された。

構造上2個の不整炭素があるから,理論上4個の光学活性体と2個のラセミ体があるはずだが,実際には2個の光学異性体と1個のラセミ体しか知られていない・立体構造に関してはFremdenbergらによって研究が行われている7)。

カンフルは明治39年(1906年)に専売になっている。


[製法]クスノキの原木を細片とし,木製の蒸留器(こしき)に仕込んで水蒸気蒸留すると,カンフルと油が留出する.この留出物の約40%が結晶カンフルとして析出する.このカンフルを粗製樟脳(山製樟脳)といい,これを分離した60%の油分を樟脳油という.この樟脳池原油中にはなお約50%のカンフルが溶解しているので蒸留塔で減圧分留して,カンフルを分離する.この際,沸点の順序に従って白油(white oil,bp200℃以下)・赤油(brown oil・bp200〜270℃),らん油(blue oil,bp270℃以上)に分けられる。

こうして得たカンフルを再製樟脳という.これらの山梨(粗製)及び再製樟脳を昇華精製し,第1次精製樟脳(改正樟脳)とする、これは主としてセルロイド製造に用いられる.更にこれを昇華精製して,高純度の板状,あるいは粉末状の精製カンフルとする.天然カンフルはd一カンフルである。

なおL一カンフルはBlumea balsamifera ,Artemisia tridenta などに60-70%含まれている.

代謝:カンフルを投与したイヌの尿からα一camphoglucuronic acid,β一camphoglucu-ronic acid及びuramidocamphoglucuronic acidが得られ,これらは加水分解するとhydroxycamphorになるが,これらのcampherolは3-hydroxycamphorと5-hydroxycamphorである8)・そのほかにイヌの尿から少量のcis-及 trans-π一hydroxycamhor(8-hydroxy,9-hydroxycamphor)とcampho・π一carboxylic acidを得ている.

このなかで5-hydroxycamphorが主代謝物である9).これらの代謝物の割合は3-hydro-xycamphor15%,5-hydroxycamphor55%,transn一π一hydroxycamphor20%であるl0).そのほか少量のπ一apoamphor一7-aldehydeも得られている11).

局方:薬効d一カンフルは局所刺激作用と防腐作用がある.


カンフルオイルはスイートオイル(オリーブオイル)と一緒に良く使います。

 

エドガー・ケイシー療法商品

エドガー・ケイシー療法