ショッピングサイト エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ)
クシロ薬局について プライバシーポリシー メルマガ登録&解除 ブログ
Google

エドガーケイシー療法:マリーン茶、マリン茶(ビロードモウズイカ)

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

マリーン茶、マリン茶(ビロードモウズイカ)


この葉を利用しました。

マリン[mullein](ベルパスコウム・タプスス)

マリン(モウズイカ)は、とくに乾癬で勧められる4番目のハーブティーで、摘みたての葉をお茶にするのがいいが、ドライハーブでも十分。

マリン茶は、スリーペリー・エルムを約10日間飲用してから飲みはじめる。

マリン茶のいれ方マリンの葉を細切れにして(ドライハーブの場合には、すでにカットされている)から、カッブに茶さじ1杯分を入れ、熱湯を500mL注ぎ、30分間浸出させる。

次に、茶を濾してのむが1度に全部飲まなくてもよい。3〜4時間かけて飲むようにする。

マリン茶の場合には、茶さじ山盛1杯を使い、30分間おくことを忘れないでほしい。また、どのお茶にも言えることだが、保存には冷蔵庫を使う。きちんとパックされているお茶でも、とくに夏場は腐りやすくなるためである。

新鮮な薬草あるいは乾燥されたものが使用される。

どちも、辛抱強く飲み続けることが大切である。

新鮮なものが手に入る場合はそれが望ましいが、次のリーディングにおいては、品質を一定に保つために乾燥されたものが勧められている。


マリンの花が咲く前


5月にこのような花が出来ます。


マリン茶、モウズイカ100g(増量60gから100gに)ブルガリア産


↓↓御注文の場合↓↓
マリン茶 100g


マリン茶、モウズイカ200g(180gから200gに)ブルガリア産


↓↓御注文の場合↓↓
マリン茶 200g


マリン葉抽出液30ml

水にそのまま滴下直ぐ飲める。


↓↓御注文の場合↓↓
ナウ マリン葉抽出液

ナウ社の関連会社ネイチャーアポシキャリーの単品のハーブのダイエットサプリメント

1mL中に500mgマリン葉それ以外精製水と45%(1:2)米国局方グレードのグレインアルコール

提案される服用法

ダイエタリ−サプリメントとして1mL(滴瓶1杯)を日に1〜3回とって下さい。簡単に計る滴瓶で用量を計り直接口に入れても良いです、水やジュース、お茶を作る温かいお湯にいれ下さ。

注意:妊娠中授乳中の女性はあなたの健康を指示してくれる医師や薬剤師などに聞いてからでないと飲んではいけません。小児の手の届かない所に保管下さい。冷えた乾燥した場所に保管下さい。

ネイチャ− アポシキャリーイリノイ州

マリン茶のいれ方

マリンの葉のドライハーブを茶さじ1杯分入れ、熱湯を500mL注ぎ、30分間浸出させてください。

次に、茶を濾してのむが1度に全部飲まなくてもよいです。

3〜4時間かけて飲んでください。

マリン茶の場合には、茶さじ山盛1杯を使い、30間おくことを忘れないでほしい。

また、どのお茶にも言えることだが、保存には冷蔵庫を使って下さい。

きちんとパックされているお茶でも、とくに夏場は腐りやすくなるためです。

新鮮な薬草あるいは乾燥されたものが使用される。

辛抱強く飲み続けてください。

湿布に使う時はマリン茶を作ったのち、お茶を冷やし体温程度まで冷やしてください。

ガーゼや薄い布で濾し葉を除き、その布に置いてください。葉と煎液を布に浸してください。

その浸した布を患部にあてその上に厚手の布をあてて下さい。

注意:妊娠中、授乳中のかたは使用前にハーブを知っている医師に相談下さい。

栄養成分表:マリン茶葉カット 茶さじ1杯当たり(1g)炭水化物0.7g


マリーン(モウズイカ)はリーディングの中で約15回勧められている薬草です。

ケイシーのリーディングですすめられている物ですが、これを使用する人すべてにこの効果がある物ではない。昔から利用され、米国でおおく使用され実績があがっている背景が有ることで、試す値うちの有るものとはんだんください。

ケイシー信奉者はこの範疇にはない。どんどん試してください。


科学的な評価

植物学の名前
Verbascum thapsus
使用される部分、また、育っている場所
マリン(モウズイカ)はヨーロッパとアジアで多く固有生育していますで、北アメリカへ帰化植物となっています。
360種類以上の種類がありVerbascum V.thapsus、V.phlomides、V.densiflorumがありハーブのテキストの中で最もしばしば言及されていました。
葉および花は両方とも医療的に使用されます。
下記条件に関してモウズイカを使用しました
(完全情報に対する個々の健康懸念を参照します)
格付け 健康関係
★☆☆ 喘息
気管支炎
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
風邪/咽喉痛

耳感染
★★★
本質的な健康利益を示す。信頼できて、比較的一貫した科学的資料。
★★☆
健康利益か最小の健康利益を示唆する。矛盾している研究、不十分な研究、あるいは予備研究。
★☆☆
ハーブとして伝統的に使用されているが、証拠は最小か、全く科学的でない。
サプリメントとしては、科学的な支援および(または)最小の健康に関することはほとんど利益を得ません。

歴史あるいは伝統的な使用(科学研究に支援されるかもしれないし、支援されないかもしれません。)

マリンの葉と花は、伝統的なハーブ去痰剤(粘液の解除を促進する)および粘滑剤(粘膜を分泌する膜を刺激しなめらかにします)としてのジャンルに分類されます。

歴史上、マリンは(モウズイカ)は、気管支系の治療薬、得に気管支の炎症を持つ刺戟する咳に、ハーバリストによって使われてきました。

ハーブの教本の中には肺炎や喘息の手当に評価されました。

マリン(モウズイカ)も、ハーブ療法者が炎症性の皮膚状態と炎症をなだめる皮膚軟化剤として局所に使用されました。

有効成分

モウズイカはおよそ3%の粘液および少量のサポニンとタンニンを含んでいます。

また、植物粘質物の要素がそうであるは、粘膜を分泌する膜をしずめる作用に信頼が有考えられました。しかしながら、サポニンは、マリンの去痰性の作用は信頼できるであろう。

人間の臨床試験はどれだけ通常得られるか、任意の条件のためのマリンの使用を確定はできていません。

マリン(モウズイカ)の茶は、乾いた葉あるいは花を、茶さじ1〜2杯(1〜2グラム)とり、1個のカップ(250mL)に熱湯注ぎ10〜15分間浸すことにより作られます。

茶は、1日当たり3〜4回飲むことができます。

チンキについては、1/4〜3/4小さじ(1〜4mL)は1日当たり3〜4回とれます。

乾燥品として、1/2〜3/4小さじ(0.5〜0.75g)は1日3回用いられているです、

マリン(モウズイカ)は時々、 咳および気管支の炎症を手当てする時に、他の粘滑剤あるいは去痰のハーブと一緒に使われます。

耳感染については、何人かの医者は、耳に油の抽出物を直接適用します。

もし鼓膜が破裂していれば、何も耳に直接入れられないでしょう。

したがって、モウズイカ油が耳に入れる前に、資格のある医療従事者は常に耳検査を行うべきです。

副作用または相互作用がありますか

マリン(モウズイカ)は、皮膚炎症のまれな報告書を除いて一般に安全です。妊娠または母乳による子育て中にその使用をさける既知の理由はありません。

この記述時に、マリン(モウズイカ)のよく知られた薬物相互作用はありませんでした。


ボタニックチョイス エルサレムアーティチョーク


↓↓御注文の場合↓↓
ボタニックチョイス エルサレムアーティチョーク


池田の道ばたに生えているのを発見、新鮮な葉ともう少し安い商品を供給できる可能性が出来ました。

このように少しずつ花が咲いて種が出来かれます。

今私の畑で蒔いていますので2年後にはできるかも知れません。

キャンペーン

商品案内

身体の中の毒素排出「デトックス」! ボタニックチョイス・ガーデンバラエティーズ 林陽 ボタニックチョイス 簡単ヒマシ油パック・スターターセット バアー ヒマシ油 翡翠[ヒスイ]

クシロ薬局のご案内
住所 〒562-0046
大阪府箕面市桜ヶ丘4−19−29
TEL 0120-094600/072-721-1830
FAX 0120-094600/072-721-1830
メール shige924@alto.ocn.ne.jp
URL http://www.minohonosaru.com
http://kushiroph.com
営業時間 9:00〜20:30(平日)/9:00〜18:30(土曜)
休業日 日曜・祝日

Copyright:© 2002-2008 Kushiro Pharmacy Inc. All Rights Reserved.