鬱病

鬱病:エドガー・ケイシー ホリスティック アプローチ

スーザン A.レンドベイ

エドガー・ケイシーのリーディングは鬱をホリスティックに見る際に心、体、魂を等しく診断し、その原因と推薦する治療(報告書デービッド・マックミリン、メンタル・ヘルス臨床医がリーデイングで調査した彼の本「欝の手当て:ホリスティックなアプローチ」)から考えます。
研究と臨床応用の進歩にもかかわらず、欝は、何百万人の人に壊滅的な打撃を与える病気のままです。
このように、ケイシーリーディングで示されたユニークなアプローチは、まだ価値があると分っていないかもしれません。
「概して言えば、ケイシーのリーディングでは、個人で彼ら自身で治すことが出来た状況の欝を見ませんでした」とマックミリンが言及します。
「健康管理の専門家の肩に置かれた癒しの責任はなにもなく。癒しの経過は典型的に協同の冒険的事業として描写されました。」
100以上の事例研究でマックミリンが見つけた情報は、精神医学の主流および心理診断や治療がいくつかの重要な要素を見落としているかもしれないことを示唆します。
例えば、もし脊柱の調整不良(ずれ)が若干の鬱病に重要な役割を果たす場合、これらの原因は不十分にあるいはすべてにではないが、確立している精神治療学の治療に応答するかもしれません。
エドガーケイシー・アプローチの主なテーマは次のとおりです。

これらのうちの必然的な影響のうちいずれの1つの中の機能障害は全体の存在に影響をおよぼします。
リーデイングは、強く体の鬱の面を強調する、とマックミリンが書きます。
本質的に、それらは文字通り「低ー下させる」あるいは神経の衝撃の阻害として鬱病を見ます。
内臓器官および知覚神経系は、乱れた睡眠と食欲、無関心、頭痛、背中の痛みなどのような身体の症状などに重要な役割を果たすこととして強調されます。
種々様々の引き起こす要因はこれらの症状を生み出すものとして注目されました。 毒血症(蓄積された毒)、時々不完全な排泄による毒素の再吸収および腺の機能障害(多くの場合副腎、甲状腺、そして松果体)によって生産された、病理学のプロセスへの寄与として一般に引用されます。
心理学の問題(機能障害の傾向)は、しばしば、身体の機能障害によってうみだされた影響としてか、あるいは根本原因として顕著な構成要素となります。
精神身体の様相がある場合があります。
そこでは、病理学の思考あるいは姿勢は、病的な考えあるいは態度、身体が病気の状態を含めて、神経の衝撃で、結局は変性を引き起こしす病気の一面となりうるものです。
自己非難は特に破壊的な精神のパターンとして表されました。
この場合、リーディングに おける顕著なテーマ、「心は形成者である(Mind is the builder)」は心理作用と神経系の間の固有の関連を強調します。
否定的な人生での出来事、人生での失敗の意味、そして絶望はいくつかの場合に心に留められます。
そのリーディングは、いろいろな理想の損失として、あるいはより明確に、周りの人の人生に集中させる精神的な理想の確立の失敗としてこれらの要因を呼びました。
精神的沈滞、この感覚は、絶望、ネガティブな精神のパターン、そしてついにリーディングが「病・気」と分類した穏かな身体の症状へと導くことができました。
この病気傾向の延長は疾病を生むことができました。

基本的な治療計画

「リーデイングでによって勧められた治療はほとんどの場合にふさわしく、低レベルの鬱に完全に十分かもしれない」、とマックミリンは言います。
それはまた維持計画としてあるいは再発の可能性を縮小するための予防として適切です。
このプログラムの1つの利点は、それが比較的安全であるということです--有害な副作用をほとんど(もしあれば)生まない。
これらの提案の多くは最新の精神的健康の供給源に統合することができます--例えば、脊柱の手わざ操作および食事は、病気の影響なしで処方された抗鬱薬やあるいは進行中の精神療法と結びつけることができます。

サプリメント療法

臨床医が適切と思うので、より多くの病気に効く力を持つのサプリメント治療は特定のニーズに使用することができる、とマックミリンは書きます。
それらは次のものを含んでいます。

リーデイングは、身体の生化学に対する深い考慮を示しました――身体組織が徹底的に害された時だけ、ケイシーは薬物のような「外部の力で」推奨しました。
リチウム水は、排泄の改善により毒血症を縮小する傾向により、少なくとも3度示唆されました。
この天然のできている塩の抗うつ剤の影響はよく歴史的、臨床的に確立されます。
ケイシー推薦を適用しようとするという不利な立場の1つは彼のユニークな治療を提供することができる専門のリソースの不足です。
ほとんどの内科医はリーデイングで与えられた情報にオープンではなく、治療の性質は著しく哲学的な違いだけでなく内科医の役割を持っております。
加えうるに、ほとんどの整骨療法医および脊椎指圧師は、50-60年前に一般的だったかもしれないリーデイングで推奨された治療の技術および法則のうちのいくつかに精通していません。
デービッド・マックミリンの本は医療従事者のために書かれておりA.R.E.書店(010-1-757-428-3588および内線7231)で、利用可能で、それには法則、技術、および有効な治療を提供するのに必要な事例研究を提供されています。
これらの概念で喜んで働くA.R.E.コミュニティー内に内科医とセラピストがいます。
そのような開業医のリストはA.R.E.メンバーに利用可能です。
A.R.E.会員サービスは010-1-800-333-4499。

一部写真と実物が異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

Google
Yahoo! JAPAN
Health MOTT

携帯にも対応!
ショッピングサイト
クシロ薬局

ラブリーラブリー・ネット

クシロ薬局

Copyright:© 2005 Kushiro Pharmacy Inc. All Rights Reserved.