Google

ノルウェーβグルカン本論

米国食品医薬品局(FDA)はパン酵母由来のベータグルカンに対して、合格証であるGRAS(「全体的に安全性が認められる」と言う意味)の評価を与えた。

50年以上も前に酵素分解させたパン酵母が病気に対する抵抗力を高めかつ人体の腫瘍の成長を抑制する成分を含んでいることを米国の科学者が発見した。

そして1960〜1970年代にはその細胞壁粗製成物がβ1,3/1,6グルカンであることが分かってきました。

目次

1.序論

2.科学的性質と生物学的作用形態
  1. NBGはβ-1,3/1,6-グルカンの一種ということが意味するものは?
  2. NBGはどのように作用して免疫システムを強化するのか?
  3. NBGは如何に作られるか?
  4. パン酵母は作用的にNBGに取って代れるものか?
  5. 醸造用酵母はどうですか?
  6. NBGが他のβグルカンより優れているとの主張が正当であるとの証明はできるのか?
  7. べ一夕グルカンの純度をどのようにして明確に定め、純度は効能とどのように関連しているのか?
  8. べータグルカンの最適な粒子サイズは?
  9. NBGが消化もされず体内に吸収もされもしない小粒子からなっているなら、NBGはどのようにして効力を発揮するのか?
  10. NBGの効果は、キノコの抽出物、即ちマイコシューティカル(菌糸体医薬品)の効果とどう違うのか?
  11. NBGの効果はエキナセア抽出物とどう違うのか?
3.健康上の有益性
  1. なぜNBGは健康に良いのか?
  2. べ一夕グルカンが健康を維持することはどのようにして発見されたのか?
  3. NBGを使用するとどの様な利益が期待できるか?
  4. NBG摂取の恩恵を享受できるのは誰か?
  5. NBGを使うと痛みを和らげることができるのか?
  6. NBGは特異な疾病治療のために摂取できるのか?
  7. なぜ免疫刺激が特に年配者には重要なのか?
  8. 子供にNBGを進められるか?
  9. NBGは子供のアレルギー防止のための良い候補と成り得るのか?
  10. NBGはどのように「免疫システムを教育」して本物の脅威と偽者の脅威を識別させているのか?
4.使用方法
  1. 1日のうちでNBGを摂取するのに最良の時間帯はいつか? 好ましいのは空腹時かそれとも食後か?
  2. NBGの適切な用量は?
  3. 人はどれ位の期間NBGを摂取すべきか?
  4. 漢方薬はNBGの妨げに成り得るか?
  5. 栄養素または医薬物はNBGの効果に影響を及ぼし得るか?
5.安全性
  1. 既知のNBGの毒性もしくはNBG摂取からの好ましくない副作用はあるのか?
  2. NBGは腸の消化管内活性を通常より高めるのか?また軽い下痢さえも起こし得るのか?
  3. NBGは腸の消化管内活性を通常より高めるのか?また軽い下痢さえも起こし得るのか?
  4. 酵母に敏感な人や酵母アレルギー性の人は、この製品を使用できるのか?
  5. NBGはアレルギーを誘発し得るのか?
6.科学的研究
  1. NBGと他のグルカンの有益な効果(薬効)はどのような科学的研究によって裏付けられているのか?
  2. NBGの研究では何に重点を置いているのか?

著作権 2000 by Immuno Corp AS. 版権所有。
書面による事前の許可なにに本文書を全面的にもしくは部分的に複製することは厳重に禁止する。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法