Google

2.9.NBGが消化もされず体内に吸収もされもしない小粒子からなっているなら、NBGはどのようにして効力を発揮するのか?

回答:最もわかり易い説明は、NBGは腸の組織に存在する免疫細胞と相互作用し、その相互作用の結果、体内を循環して体全体の免疫システムを刺激する警戒信号分子を間接的に産生している。

一般には知られていないが、免疫システムは体の中では最大な「器官」のひとつである。

ヒトの場合、免疫システムは体重の3%を占めている。この器官は体中にはりめぐらされており、体内の「軍隊」に相当する。

この防衛の最大部隊は、特殊化されたリンパ節(パイエル板)と様々な白血球の全種類の存在が確認されている、腸の消化管組織に配置されている。

腸の消化管も同様に、小型粒子とバクテリアの入り口として特殊な門(M細胞)を備えている。食物及び食物成分、微生物、NBGなどの免疫刺激物質に依って、この主要な体の免疫器官は活性化されたり、或いは、刺激に対する反応を抑制されている。

腸の消化管細胞が警戒信号を体の消化管以外の部分にも伝達するので、ヒトや動物の健康状態は、消化管で起きている生理作用の変化に非常に敏感である。

パイエル板は、免疫システムが粘液の表面に分泌される抗体(IgA)を産生する上で大変重要な役割を担っている。

パイエル板で刺激を受けてIgAを産生していたリンパ球は、他の粘液組織(鼻の分泌腺、唾液腺、気管支の分泌腺、乳腺、泌尿生殖器官)へと移動し、そこでIgAを分泌する。

従って、消化管の免疫システムの活性化は、消化管自体と云うより他の器官の抵抗力を強める結果となる。

特に、粘液の表面会ての抵抗力を増す

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法