Google

2.8.べータグルカンの最適な粒子サイズは?

回答:様々な実験動物や家畜に対してNBGの経口投与を行った実験によると、粘液性免疫を活性化し、健康状態と機能を改善するには、2〜5ミクロンの間の粒子(NBGには、2〜3ミクロンの粒子しか含まれていない)が最適であることが明らかになった。

その様な観察結果は、粒子が腸の消化管組織にある特殊な門(M細胞)を通って取り込まれ、消化管の特殊なリンパ節(パイエル板)にある免疫細胞に差し出される様子について書かれた教科書の知識と一致する。

粒子のサイズが大きすぎると(10ミクロンを超える)、組織中の免疫細胞に到達できない。

粒子が小さすぎる場合も、M細胞を通って取り込まれるが、その粒子が血液中に取り込まれてしまうとすればその効果はない。粒子の効果は消化管に関連した免疫システムの活性化に限定されるべきである。微小化された粒子(1ミクロン以下)は、体内の消化管の受容体部位をただ通過するだけであり、免疫を強化することなく体内に吸収されてしまう。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法