Google

2.7.べ一夕グルカンの純度をどのようにして明確に定め、純度は効能とどのように関連しているのか?

回答:純度は炭水化物の含有量に基づいて定められることが多く、純度は高いほど良い。

NBGの標準的な分析証明書には、炭水化物(グルカン)、脂質、タンパク質及び無機物の含有量の情報が盛り込まれている。然し、標準的な炭水化物、即ち通常のグルカンの分析は十分にされていない。

何故なら、生物学的作用は、単なるグルカンの分析からははっきりと解らないからです。

一方それに対して、不純物を取り除いた精繊な分析、即ち、含有グルカンの種類に関する情報が判断でき、そのグルカンがβ1,3 /1,6グルカンであるかどうかの情報も提供できる分析が要求される。

然し、たとえその製品が純粋なベータグルカンであっても、免疫刺激剤として活性を持つものとは限らない。

実際、効能を左右し主要なのはべ一夕グルカン直鎖の分岐側鎖の数である。

通常は、そのような分析データは、化学者でないものには容易に解釈できないとしても、免疫を刺激するべ一夕グルカンであると主張している製品にはすべてそのような分析データが添付されるべきである。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法