Google

2.4.パン酵母は作用的にNBGに取って代れるものか?

回答:答えは否です。

その理由は、活性β-1,3/1,6-グルカン分子は生きた酵母の表面に露出していなく、通常の消化過程で露出することは無いからです。

表面を覆うマンノプロテインをβ-1,3/1,6-グルカンから切り離すのには、酵素化学的細分化処理を必要とし、且つ又、最大活性を保つ状態で分子を露出させる以前に更なる処理を必要とします。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法