クシロ薬局

大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して クシロ薬局について エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ ショッピングサイト
メルマガ登録&解除
Google

6.1NBGと他のグルカンの有益はどのような科学的研究によって裏付けられているのか?

健康維持にお使いになって下さい。

回答:何百と云う科学論文が存在し、多くの動物グループ及び人の免疫システムにおけるベータグルカンの作用形態が記述されている。

効能に関する研究も多く、多くの様々な病気や苦痛に対するベータグルカンの有効な効果が文書に記録されている。

当然、人間に対する研究が常に最終証拠となるが、動物に対する研究は最も示唆に富んでいる。

管理された条件下で実験が出来るし、人間と違って動物は期待や希望に満ちた考えに影響されそうにもないからであう。

発行された長い一連の科学論文は、多くの様々な生物グループに関するNBGの有益な効果を示す有力な証拠文書である。

例えば、様々な魚種及び小海老が発育するまさにギリギリの状態と成った時、NBGによって生存率は著しく増加した。

しかも、それらはすべて成長している。

NBGはワクチン注射の効能をも強化する。ワクチン自体と混合した時と、餌に添加した時の両方において、このような効果が見られた。

豚と愛玩動物でも類似の効果が実証された。

豚の離乳中にNBGを与えると成長が促進し、食細胞の抗微生物活性が高まった。

雌豚の餌にNBGを添加すると注射ワクチンに対する抗体産生が促進し、そのような抗体が乱中(俗に免疫ミルクという)に多く分泌される様に成った。

又、NBGは抗生物質及ぴビタミンCと相乗して作用することが明らかになった。

子牛への授乳の場合、NBGは成長促進剤としてのバージニアマイシンの代替薬剤と成り得る。これらはすべてNBGの基本的な作用形態と一致した効果である。