Google

NBGを使うと痛みを和らげることができるのか?

健康維持にお使いになって下さい。

回答:イミュノコープ社は、関節炎にかかっている利用者から報告を受けた。

その利用者の関節炎により痛みは、NBG摂取開始後ほとんど消失したとのことである。

関節炎は、体内のどこかが微生物に感染したせいで起こることが多い。

感染した組織内に微生物の断片が存在すると、組織の炎症や膨張を伴う免疫反応を引き起こす場合があるが、これにより関節の痛みが誘発されることがある。

NBG摂取による免疫システムの増強は、体内のいかなる潜伏性感染にも対抗するであろうし、それによる関節炎にも有効であろう。

さらに、β-1,3/1,6-グルカンは警戒信号発信分子(抗炎症性サイトカイン)の生成を誘発することが知られているが、これらの分子は、感染した組織で生成して直接痛みや炎症を引き起こす警戒信号発信分子(親炎症性サイトカイン)の影響に対抗する。

従って、結論としては、第1に、NBGは体内の抗感染性機構を強めることにより、そして、第2に、NBGは感染組織で微生物が産生する毒性物質の影響に対抗することで、関節炎の痛みを軽減する。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法