クシロ薬局

大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して クシロ薬局について エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ ショッピングサイト
メルマガ登録&解除
Google

3.10どのように「免疫システムを教育」して本物の脅威と偽者の脅威を識別させているのか?

健康維持にお使いになって下さい。

 

回答:今日多くの免疫学者が同意していることであるが、次に述べる疑問が密接に関係している:都市社会における現代の生活が人々から正しい免疫攻撃の機会を奪ってしまったのか?

現代の世界では、細菌の恐怖や衛生学上の脅迫観念が体調を整えるのに必要な攻撃と訓練の機会を免疫システムから奪ってしまったのか?

このような疑問を抱く免疫学者は、当然のことながら、社会的にも個入的にも衛生状態が良好である社会に対して何も出来ない。

まして、飲料水が安全で清浄であることや、食物が危険な細菌に汚染されていないことを保証する技術的なシステムをどうすることも出来ない。

其にも拘わらず、現代人が自らの免疫システムから、進化の過程で順応して来た自然な摂取の機会を奪っていることは事実であろう。

更に、その機会を「人為的」に安全で天然の免疫刺激剤補給によって置き換えなければならない事も事実であろう。

では、誰でも思うのはどのような機会を作れば良いのか?

発展途上国の子供たちよりも工業国におけると都市社会の子供たちが喘息やアレルギーに苦しんでいる理由の一つとして、不十分、即ち、誤った免疫システムの攻撃があげられる。

この考えは免疫学者らの間で受け入れらるように成って来ている。

この問題から抜け出す一つの方法は、特に幼年期の間に、質的にも量的にも現代社会で免疫システムが晒されている種類のものとは異なる攻撃の影響を受けさせることにより、免疫システムに訓練と教育を施すことであろう。

攻撃によって、免疫システムは正しく訓練され、喘息やアレルギーの問題が減り、所謂、抗炎症性応答と免疫グロブリンA(IgA)の産生をもたらす。

IgAは、体の粘液表面へ分泌される「ねばねばした」物質である。

IgAはバクテリア、ウィルス、寄生虫、真菌、アレルゲン及び他の有害と成り得る分子を補足するので、それにより外からの異物が体内へ侵入するのを防ぐ。

IgAは粘液表面に塗布する有害異物侵入を防ぐ「殺菌性塗料」と言っても良かろう。

 

免疫刺激剤がこの種の応答を誘発する。

従って、現代社会にいる我々は免疫刺激剤を摂取する機会が無いのだろうか、と言う疑問は非常に興味深い。

マイコバクテリウムが分泌する物質は汚染されていない産業化前の河川水に存在し、真菌が分泌する物質は肥沃な庭上に存在するが、これらは確かにその様な応答を誘発する能力を持つことが知られている。

この様な物質の摂取によって、産業化前の入間は免疫システムを訓練し、体に対する「本物」の脅威と「偽物」の脅威を識別していたのであろう。

この理由でNBGが適切なものとなる。

栄養学的に安全なβ一1,3/1,6一グルカンは食物グレードのパン酵母から安全で管理された条件下で製造されるが、この様なβ一1,3/1,6一グルカンの経口投与により、免疫システムを訓練することは生物学的に理に適っているようである。

NBGの経口摂取によって免疫システムが無害なアレルゲン(挨、食物、花粉など)と危険な微生物(ウィルス、バクテリア、寄生虫及ぴ真菌)とを識別出来ることは確かに実証されて来た。

とりわけ、NBGはIgA応答を誘発し、免疫力を強化し、同時にアレルギー傾向を軽減する。

その様な経過と一致するのは、NBGを日常的に使い始めてから炎症性反応が顕著に減ったと証言する人々からの多くの供述証拠を我々は得た。