クシロ薬局

大阪府箕面市の自然療法やエドガー・ケイシー療法などで身体と精神を鍛え治すお手伝いをするクシロ薬局です

ホーム 個人情報プライバシーに関して クシロ薬局について エドガー・ケイシー療法:慢性病 エドガー・ケイシー療法の商品 メール(問い合わせ) ブログ ショッピングサイト
メルマガ登録&解除
Google

2.2NBGはどのように作用して免疫システムを強化するのか?

 

回答:NBGは、特定な白血球、いわゆるマクロファージ、穎粒球、ナチュラルキラー細胞の表面上の「受容体分子」と特異的に結合します。此れらの細胞は、動物が微生物の攻撃受けるときの防衛ラインの最前線に存在しています。NBGが結合する受容体は、人類進化の過程ずっと保持されてきており、最も単純な無脊椎動物から人間まで全ての動物グループに見出されている。この為、NBGは、すべての動物に対して共通の免疫増強効果を発揮する。

受容体がNBGに結合すると、免疫細胞は刺激されて、細菌を殺したりすると同時に、細菌を飲み込み消化する働きを活性化する物質を産生します。

NBGにより活性化された白血球は、更なる白血球の生成を刺激するところのサイトカインと呼ばれる警戒信号分子を同時に産生します。

又、サイトカインは抗体産生に関わっているいわゆるB細胞と不細胞にメッセージを送ります。

 特定な白血球の初期活性化により、全ての感染因子(ウィルス、細菌、菌類、寄生虫)に対する抵抗力を高めることに加えて、特定の病原体に対する抗体を効率良く産生するなど多くの効果をもたらすことです。

基本中の基本の作用形態として、NBGは、病気に対する抵抗力だけでなく、その進行、傷の治療、紫外線で損傷した細胞と組織の修復、肌のケアー、関節炎の症状など、あらゆる生物代謝に多大なる影響を与えている。