Google

エドガーケイシー療法:グライコサイモリン(グライコサイモール)

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

グライコサイモリン(グライコサイモール)

使用法(エドガーケイシーリディングの使用法)

口臭予防、歯の洗浄(グライコサイモリン1:水2)

グライコサイモリンは、主に鼻道、咽喉のためのスプレー、あるいはうがい薬として使用され、粘膜への治療に使われる。喫煙による咳、歯や歯茎のはれ、入れ歯や義歯、口臭、切り傷、アレルギー、おむつかぶれ、女性の衛生、うるしかぶれ、蕁麻疹、虫刺され、日焼けの炎症に対しても使用される。(いくつかの事例においては水で薄めて使用)。

製造者は、エドガー・ケイシーの時代からこの処方は何も変わっていないと報告している。

リーディングの中でグライコサイモリンは約810回述べられている。指示された用法の多くは、ラベルに記載の用法に一致していたが、いくつかの新しい使用法を指示したリーディングもある。

腸の殺菌剤

リーディングは、体内の組織が酸性過多になると風邪やうっ血になりやすいと述べている。

グライコサイモリンは時々、酸とアルカリのバランスを正常に保つ目的に勧められた。

消化管をアルカリ化するために、毎日、3〜4滴のグライコサイモリンを少量の水に加えて服用すること。排せつ時に〔グライコサイモリン〕の臭気がわかるようになるまで服用する。こうすることにより消化管全体が浄化され、また、消化管の下部にわたってアルカリ反応を生み出す。(1807−3)」

時々、痰や唾がつまることがあるが、そのような時には、1日に2〜3回、コッブ1杯の水に3滴のグライコサイモリンを入れて内服すること。これは、咳によりおこる破壊的力を吸収し、また腸の浄化剤としても働く。(5097−1)

夜、寝る前に3滴のグライコサイモリンを水で服用する。これはアルカリ性の腸内殺菌剤として働く。(3104−1)

グライコサイモリンは、時々、疲れ目に勧められた。

問1
目の疲れをいやすには、どうしたらよいでしょう。
答1
まず薄いグライコサイモリン水溶液で目を洗う。洗眼用コッブを用い、グライコサイモリン1に対してその2倍の蒸留水の割合が望ましい。この目の障害は、不良によって起こる腎臓障害の一種である。(3050−2)

眼を突いた時(私事)

眼科に行きクラビットとヒアレインを処方され使用するが一向に効かず痛みを生じる。

そこでヒマシ油を点眼(猟犬が眼を突いた時も使う)し、ガーゼにグライコサイモリン1に対してその2倍の蒸留水の割合で薄めた物をしませシップする。

痛みがとまり治るのが早くなった。

パック

グライコサイモリンのパック療法が、様々な症状に対して用いられている。場合によってパックを温めることもある。

整骨治療を系統立って行う必要がある。しかしながら、整骨療法を行う前に毎回−−すなわち週に2回施される前に毎回、矯正を行う部分にグライコサイモリンのパックをかなり多めに施して、患部をリラックスさせることが肝要である。

方法は3〜4枚の厚さの綿を、温めたグライコサイモリンに浸して、整骨療法が施される前日に患部に当て、少なくとも1時間か1時間半つけておく。また、このパックを腰脊、仙骨全体に施し脊柱の下端にまでも行う。そして身体がリラックスするだけでなく、パックが体内に浸透するようにその患部を熱め過ぎない程度に温める。こうして翌日の整骨療法による調整によりその効果があらわれ始め、体の緊張も和らぎ、体調も整いアルカリ体質に改善れていく。

このパックは、肝臓や膀胱、骨盤部の臓器、また体全体にその効能を及ぼす。(3157−1)

副鼻腔のうっ血にも、グライコサイモリンの温熱シッブは効果があり、袷癒を促進することがある。

コロニクス

コロニクスとは結腸の洗浄のことで、排せつ作用の障害など様々な疾患への治療法の一つである。リーディングは、コロニクスの最後の段階でグライコサイモリンを水に加えることを勧めている。

専門の優秀な水治療士によって完全な形で、かつ体に優しい腸の洗浄をしてもらうこと。これは一、二週間の間をおくことが望ましい。最初の洗浄水には、塩と重曹を用いて、小さじで山盛り1杯の食卓塩(8g)と、小さじすりきり1杯の重曹(5g)をそれぞれ0.5ガロン(1ガロン約3.8リットル)の水に完全に溶かしたものを使う。腸の殺菌剤として体の組織を浄化するために、最後の水にはグライコサイモリンを、1クオート(1クオート約1リットル)の水に大さじ1杯の割合で加えたものを使うこと。(1745−4)

詳細に関しては「グライコサイモリン」に関する回覧ファイルを参照のこと。

キャンペーン

商品案内