Google

エドガーケイシー療法:ゴールデンシール根

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

ゴールデンシール根

エドガー・ケイシーは、ゴールデンシールが腺病質、循環、同化、および排泄を促進するのを助け、それを胃の内層の防腐剤と見なし勧めていました。

時々ゴールデンシールは熱と痛みに襲われた感じを減少させるとすすめられました。

エドガー・ケイシーは、時々ゴールデンシールを(goldenseal)を「Life Everlasting(命の尽きないもの)」と呼んで、それが「血液供給において高い振動をつくり出す」を勧めました。

Cayce sometimes referred to goldenseal as "Life Everlasting" and recommended it to "create a high vibration in the blood supply".

米国産キンポウゲは米国先住民の医療植物で、チェロキーインディアンズ(Cherokee Indians)が、皮膚病や傷や、ひりひり、赤くなった目の洗浄に使うのを早期の移住者に紹介されたものです。

ゴールデンシール

その根は明るい黄色、それが名前です。

この人気が高い北アメリカの(North American)ハーブは湿っぽい山が多い森林地帯で野生として育つ。

米国産キンポウゲの使用に関しての長い歴史は、北アメリカ人(North Americans)の間で南北戦争(Civil War)の後に、多くの売薬で成分として良く使われた。

それはすんでの絶滅と言ってもいい程度まで集められた。

米国産キンポウゲ供給が減少し、そしてほとんど野生種が枯渇して、ハーブのサプリメントを高価にしている。

その根は明るい黄色、それが名前です。

米国産キンポウゲの根が種々の胃や泌尿器の障害などの自然の抗生物質として、治療としてかなりの評判を獲得した。

米国産キンポウゲ非常に多くの参考文献が、消化不良のための強いお茶として1820をこえるものが医学文献にではじめた。

今日それは風邪とインフルエンザの、そして収斂剤、 抗菌治療としての症状の手当てを体の粘液を分泌する薄膜に対して使われる。

米国に初期移住者がすみつき、風邪など感染にこまり多量のゴールデンシールを捕獲したため、米国先住民は、風邪などの感染で多数の死者をだし人口が1/10に減ったことが記載されていた。

この植物があればもっと多くの人が死なずにすんだかもと書かれていたのを思い出します。

この人気が高い北アメリカの(North American)ハーブは湿っぽい山が多い森林地帯で野生として育つ。

米国産キンポウゲの使用に関しての長い歴史は、北アメリカ人(North Americans)の間で南北戦争(Civil War)の後に、多くの売薬で成分として良く使われた。

それはすんでの絶滅と言ってもいい程度まで集められた。

米国産キンポウゲ供給が減少し、そしてほとんど野生種が枯渇して、ハーブのサプリメントを高価にしている。

米国産キンポウゲがいろいろな組み合わせで使われて、そして他のハーブの効力を拡張すると伝えられる。

製品は生理不順の手当て、尿路感染、リューマチと筋肉の痛みと抗痙攣性の治療として売り込まれた。

米国産キンポウゲで活性成分はアルカロイドのヒドラスチン(hydrastine)とベルべリンである。

類似の作用として、それらは多くのタイプのバクテリアの、そしてウィルスの伝染病を破壊する。

これらのアルカロイドは同じく胃の炎症を減らして、そして充血を和らげることができる。 ベルリンが苦いが、それは消化を助けそれが中枢神経系に鎮静作用を持っている。

また、ヒドラスチンが鎮咳薬(せきを軽減する)であると共に血圧を下げて、蠕動を刺激すると報告されました。

ベルベリンとその硫酸塩(ベルベリン硫酸塩)が生体外に抗癌の活動を持つために示されて、また、見せられた、抗菌作用を持っている、また、ベルベリンの働きは抗真菌性と免疫を刺激する 、急性の下痢への著しい効果とその抗菌な品質が微生物がホストセルの壁を固く守る能力を妨げるのを示しました。

Goldensealは腸や、腟の、そして、直腸の胃を含むさまざまな炎症を起こしている粘膜のために推薦されました。

植物が苦みを持っていますし、傷を癒して、出血するのを止めるのを助けると報告されました。 さらに、抗菌な動作は、宿弊の感染を減少するか、または防ぐのを助けます。

米国産キンポウゲはエキナセアとの組みあわせで、風邪とインフルエンザ徴候、特にせきと咽頭炎の兆候において驚くべき働きをもたらす。

米国産キンポウゲ、エキナセアと亜鉛薬用ドロップがすべての洗面キャビネットにあるべきである。

米国産キンポウゲはハーブの万能薬タイプであって、免疫機構を強固にして、作用は抗生物質性で抗炎症性で、そして抗菌性の特性、インシュリンを増強し、生命に必要な器官をを洗浄する。

それは心、リンパと呼吸器のシステム、肝臓、脾臓、膵臓と結腸の機能している能力を促進する。

内服でとると、米国産キンポウゲが消化液を増やして、消化器官の内側を覆う粘液を分泌する薄膜を収縮して、そして炎症をチェックする。

だ液、胆汁と他の消化力の酵素の生産を促進することにで、それは同じく消化を助ける。

加えるにそれはその収斂作用の手段によって重い月経の、そして分娩後の出血をコントロールするかもしれない。

薄められた浸出液として、米国産キンポウゲが目薬としてそして口腔洗浄液として歯茎の病気と口囲潰瘍のために使われることができる。

それはイースト感染には同じく効果的な洗浄や膣洗浄です。 外用剤が乾癬、湿疹、水虫、ヘルペスとタムシのような皮膚障害の治療で使われた。

使用部分:根全体。大量に利用可能である、カプセルとチンキ剤。

普通の使用:どんな感染、炎症と肺、のどと鼻胴の充血の手当て。

風邪とインフルエンザの治療で使用で有名である。

有力な治療は胃の不調と過敏性腸症候群、大腸炎のような腸、かいようと胃炎と内部の寄生生物。

世話:多年生植物。

肥沃土壌でそして日陰のエリアで湿っ気が多い地域で最も良く育つ。

警告:非常に大きい用量使用できるが過量推薦できない。

妊娠あるいは2才以下子供たちは使用しないで。 子供たちの、そしてもっと老人がよりすくない容量でをとるべきである。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法