Google

五十肩・肩関節周囲炎の手当ての方法

肩関節周辺にみられる炎症性疾患を包括する概念で、これには上腕二頭筋腱炎および上腕二頭筋腱鞘炎肩峰下滑液包炎激しい疼痛をきたす石灰沈着性滑液包炎それにいわゆる五十肩

frozen shoulder(50歳頃になって肩に疼痛と関節拘縮(関節拘縮とは、関節外の軟部組織が収縮性変化を起こし関節の可動性が減少し、あるいは消失した状態をいう)をきたす疾患である。

その病態は多彩であるが、肩関節を構成する骨、軟骨、関節包、回旋筋腱板など諸組織の加齢的変性変化をバックグラウンドとし、小外傷による組織損傷、または肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘炎などの炎症を引き金として発症し、疼痛→安静→運動制限→疼痛の悪循環のために次第に拘縮が強くなって疼痛性拘縮が成立するものと考えられる。

その症状は運動痛、夜間痛などの疼痛と運動制限であり、とくに外転と内旋,外旋が制限されることが多い。

したがって整髪、結帯動作などが困難となる。

〔治療〕温熱療法と運動療法(機能訓練)を中心に行う。

運動療法としてはアイロンを患肢に握って前後、左右へゆっくり振子様に動かしたり、大きな円を描く運動をしたりするアイロン体操が有効である。

そのほかマッサージ、筋弛緩剤投与も行われる。

拘縮がきわめて強く難治の症例に対しては近年関節鏡視下に関節内の癒着剥離術が有効であるとの報告もある。→肩関節周囲炎)などが含まれている。

しかし,頻度としては五十肩が圧倒的に多いため、場合によると肩関節周囲炎が五十肩と同義語のように使用されることもある。

一般には40〜60歳代によくでる肩関節周辺の自発痛、運動痛、関節の運動制限(拘縮)が主な症状である。

疼痛はしばしば肩甲骨周辺、上腕部に放散する。

自発痛を全く伴わず、運動痛と関節拘縮のみを認める症例もある。

〔治療〕症状に応じて鎮痛消炎剤,筋弛緩剤などの薬物療法を行うが、基本的には温熱療法と運動療法(機能訓練)を併用することが大切である。

症例によっては局所または関節内へのステロイドホルモンの注射が有効である。

などと言われているが治るまで時間が掛り半年や一年を要する場合も有ります。

この時役立つのがエドガー・ケイシー療法を利用した方法です。

肩関節に異常の有る時、頚椎に異常の有る時、上部胸椎に異常の有るときこれらを調整。

頚椎、胸椎、肩関節の調整を行いマッサージオイルでマッサージ(頚椎、胸椎、肩関節もふくめ)、ヒマシ油パックを局所にするのもいい。

キャンペーン

商品案内