Google

イチョウ葉エキス

記憶力の減退や、脳硬塞などによる精神崩壊のしるしが加齢とともに現われやすい。

記憶力と精神能力の漸進的な減退は、医学的には痴呆と呼ばれているが、通常、避けがたい加齢の結果とされています。しかし、本当にそうなのだろうか?

  1. われわれが年をとることで起きる精神能力減退のペースを遅らせる手立てはなにもないのだろうか?
  2. 飲む薬もなにもないのだろうか?
  3. われわれは本当に、精神的な無能力をもたらす脳細胞の退化の完全な犠牲者なのだろうか?
  4. アルツハイマー病の深い忘却の底に沈んでいくしかないのだろうか?

イチョウの若葉にふくまれている物質が、血液の流れをよくして脳の機能を高めるために、優れたフランスやドイツで治療薬日本では食品区分になっている。

血管が細くなり脳細胞への血液の流れが悪くなっているそれが記憶障害やその他の、いわゆる「ぼけ」と呼ばれている症状の一般的な原因・・・血管性の病気と、神経変性による病気の両方に効果がある。


ドイツとフランスでは、効力と安全性に対する科学的な証明は膨大な数


どんな証拠があるか?

専門家のいく人かは、イチョウ葉エキスはすべての植物性の治療薬のなかで最も重要なものという。

1950年代から1997年までに400を超える研究論文が医学雑誌に発表されているが、その多くはドイツの研究者によるものである。

どのような働きをするのか?

どれだけとったらよいか?

加齢が関連した短期間の記憶喪失やその他の軽度の脳障害の徴候には有効な摂取量は十分に試験が行われている。

1日当たりトータルで120mgを、3回に分けて摂った場合で40mgを1日3回摂るのが最も効果的で、一粒に40mgくらいのイチョウ葉エキスが入っている製品ならば理想的である。

どれくらいで効果が現われるか?

安全性

まれに非常に軽度ながら、胃のむかつきや頭痛を訴える人がいる。

重要

イチョウの葉エキスは脳内に循環する血液の量を増加させ、出血すると出血時間を長びかせるので、抗凝固薬の投与を受けている人、高血圧がつづいている人、頭蓋内出血の病歴のある人、出血性の障害を持った人の場合は、多量に摂ると禁忌を示すことが考えられる。

そのような人は医師の監督下で摂るようにしなくてはならない。

警告

顕著な記憶障害のある人は、すぐに医師に診てもらう必要がある。脳腫瘍のような医学的な治療を必要とする別の原因によることがあるからだ。加齢に伴う記憶力の減退と、決めてかからないようにしなくてはならない。


イチョウの葉エキスに代りうるものは?

イチョウの葉エキスが効いているかどうかはどうやったらわかるだろうか?

奇跡の食品 ジーンカーパー丸元淑生訳角川春樹事務所より


サトウ イチョウ葉


ボタニックチョイス ギンコビローバ


ボタニックチョイス ギンコプラス4


イチョウ葉


キャンペーン

商品案内