Google

フィーバーフュー(夏白菊)

フィーバーフュー(夏白菊)は、偏頭痛、熱、および関節炎をなど、アスピリンの効果と同じ異状の大部分を扱うのに使用されます。

それはセスキテルペンラクトン類と呼ばれる化学物質のグループが豊富に含まれます。

これらの化合物がありました。血小板凝集(血液凝固)のレートを減少させると確かめられてください、そして、免疫体からのヒスタミンリリースを抑制してください、そして、温和な鎮静剤の特性を持っていると確かめられさえしてください。

フィーバーフュー(夏白菊)の最もポピュラーな使用が頭痛をとります.。

この効果がたぶん動作(血小板凝集がいくつかのフォームの偏頭痛の役目を果たすと考えられる)を抑制するハーブの凝血とプロスタグランジンの消炎性と抗ヒスタミン剤(ヒスタミンは、炎症を引き起こして、血管を締めつける)の特性のためであるようにあります。

何かが、フィーバーフュー(夏白菊)が高血圧、消化異状(その近親、消化管の平滑筋をなだめることにおけるカミツレのようにたくさん行動する)を扱って、生理痛を救うのにおいて有効であることがわかりました。

ハーブは、ナイアシンの良い源であり、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、およびビタミンB1などの他の微量元素を含んでいます。

イギリスのジャーナルランセットは、偏頭痛を扱うためにフィーバーフュー(夏白菊)に関する研究を発表しました。

これは二重盲目の偽薬制御ランダマイズされたトライアルでした。

それは、患者の70%が発作頻度と厳しさの減少を報告するのを示しました。

数人はそれらの偏頭痛の完全になくなっているのを報告しました。

従来の偏頭痛薬によって達成されこれらの結果がいずれも凌ぐのを注目されてます。

フィーバーフュー(夏白菊)は機的な農業協同組合によってイスラエルで有機的に育てられて、イスラエルで公認され最も高いParthenolideレベルを含んでいます。

それは、有ます。

偏頭痛の最高のクスリ

フィーバーフュー(夏白菊)このありふれたハーブが治してくれるのに、なぜ片頭痛で苦しみつづけるのですか?

片頭痛で苦しんだ人なら誰でも知っているように、アスピリンは恐ろしい頭痛(片頭痛)に対しては役立たずである。

その薬のユーザーたちは、「奇跡のアスピリン」と呼んでいる。

アメリカで2300万もの人を苦しめている脳に落ちた雷のような、筆舌に尽しがたい痛みをシャット・アウトするのだ。

その薬はフィーバーフュー(夏白菊)の葉に含まれている。

それが効くことは否定のできない事実で、幸運にも夏日菊を試してみた何千という片頭痛の犠牲者が、痛みが消えたと断言している。

テレサの奇跡

20年間の痛みと苦しみが去った!

20年以上ものあいだ片頭痛の囚人だった。

週に1回は襲ってきて、いつも夫と4人の子どもとの週末と休日をダメにしてしまう。

「片頭痛はあまりにもすざまじいので、誰もが怖れています。私はいつも1〜2日寝込みました」と、彼女はいう。

彼女は片頭痛の古典的なすべての症状に苦しめられた「視覚の乱れ、光に対する過敏性、不明瞭な発言、ずきずき痛む頭痛、そして嘔吐」である。

「よくトイレに一日盛っていました。吐きつづけていたんです。」

その苦しみを和らげるために彼女は、あらゆる忠告に従いオーソドックスな薬はすべて試した。

頭痛がとくにひどいときは、救急医療室に運ばれた。

「彼らは私にメペリジン(麻薬性鎮痛薬)を注射して、家に帰って眠っていなさいといいました。」

一人の医師は高血圧の治療薬で片頭痛の予防にもよく使われるプロプラノロール(アドレナリン作用性べ一夕受容体遮断薬)を処方したけれども効果がなかった。

「私はカイロプラクターのところにも行きましたし、あらゆる市販の薬を試しました」と、彼女はいう。

本当の緊急事態には、新薬のスマトリブタンの注射を受けた。

片頭痛がやって来るのを感じると、医師のところに駆けつけて、この速効薬を打ってもらうのだ。

「一度は光を遮るためにサングラスをかけて行きました。ほとんど歩くこともできないくらいだったのですが、結婚式に出席しなくてはならなかったのです。その注射は神の恵みでした。」

しかし、それが彼女のすさまじい片頭痛の最後になった。

ハーブ薬のフィーバーフュー(夏白菊)を発見したからで、この自然の薬を摂るようになってからは型にはまった医療で使われている薬は使う必要がなくなった。

彼女はある学校で校長の秘書をしている、その校長が夏白菊についての雑誌記事を切り取って渡してくれたのがきっかけだった。

「1回に1カプセル、1日に3回、3ヶ月間摂りました。いまは1日に1カプセルしか摂っていません。それはまさに驚きでした。私は可能なすべての事柄を試してきたのですが、私の片頭痛をとり去ってくれたのはこの小さなカプセルだったのです。以前は週に1回片頭痛に襲われていましたが、いまは6ヶ月に1回くらいになっています。しかも、痛みの程度がぜんぜん違うのです。いまはすざまじい痛みではありませんし、長くつづきません。実際、この1年間ひどい片頭痛には一回も襲われていません!」

更新薬のスマトリブタンならば片頭痛をノックアウトできることを知っているので、テレサはひきだしに少し常備している。

ひどい片頭痛に襲われたときのためである。

「しかし、副作用が心配ですし、副作用の心配がまったくなしに夏白菊で片頭痛が予防できますので、使わないようにしています。それに夏白菊は薬に比べると非常に安価です。いまはとても調子がよいので、その夏白菊も摂らなくていいかな、と思っているくらいです。」

最近テレサは、片頭痛の治療に用いられているすべての薬について詳細な話が聞けるという、ある神経科医の講演会に出かけた。

演会の終りに彼女は、その医師が夏白菊について聞いたことがあるかどうかを質問してみた。

「ありません。それは何ですか?」というのが医師の返答だったので、

「私はフィーバーフュー(夏白菊)について説明しましたが、彼は興味を持たなかったようです」と、テレサはいう。

「彼はまったく重要性のないものとして鼻であしらいました。聴講者のなかの数名がフィーバーフュー(夏白菊)を使っていると発言しても同じてした。私が思うに彼は、医師の処方筆を必要とする強力な薬にしか関心がないのでしょう。残念ですね。」

夏白菊とは?

フィーバーフュー(夏白菊)はキク科の低木状の草で、デージーの仲間である。

古代ギリシアの時代からアスピリンが使われるのと同じ病気に対して使われてきた頭痛、発熱、リウマチ性の炎症に。

1600年代に英国の医師たちは、「すべての頭の痛みに対して非常に効力がある」と公言している。

1772年に臨床医のジョン・ヒルは、その著書[ファミリー・ハーバル]で、「最悪の頭痛に対するこのハーブの効力は、知られている限りの他のどれよりも勝っている」と、述べている。

しかし、その後1〜2世紀のあいだ、フィーバーフュー(夏白菊)は使われなくなる。

英語でフィーバーフュー(夏白菊)はfeverfewだが、その名前にもかかわらず、発熱に対しては非常に効果があるとはいえなかったからだ。

ふたたびその真価が認められるのは1980年代になって英国の研究者たちが、片頭痛に対して本当に薬効があることを明らかにしてからである。

どんな証拠があるか?

フィーバーフュー(夏白菊)の医学的な価値を再発見させた功績の何割かは一人のイギリスの女性に帰すべきだろう。

1970年代の終りにジェンキンス夫人はフィーバーフュー(夏白菊)で彼女の片頭痛を治し、それが引き金となって、フィーバーフュー(夏白菊)の効果について現代科学による最初の証明がなされた。彼女は英国石炭局の医官のチーフの夫人だが、そのとき68歳で、16歳の頃から50年以上にわたって片頭痛に苦しんできた。

そして、知人に勧められて民間療法「フィーバーフュー(夏白菊)の葉を噛む」を試してみたのである。

噂では1日に葉を3枚噛むとよいというので、彼女もその量から始めてみると、本当に効くことがわかった。

片頭痛に襲われる回数が減り、頭痛も軽度になり、10ヶ月後には片頭痛が起きなくなったのだ。

医師である彼女の夫は、このニュースをシティ片頭痛クリニックのドクター・E・スチュワ-ト・ジョンソンに伝え、興味を抱いたドクタ-・ジョンソンは、このポピュラーな片頭痛の民間療法薬を調べてみる決心をした。

彼はフィーバーフュー(夏白菊)を毎日摂っている片頭痛の人を300名近く捜し出して質問をした。

その人たちの話を聞いて確信を抱いた彼は、ただちに他の研究者たちと研究に着手し、夏白菊が片頭痛を治す助けになることを証明して、英国のトップの医学雑誌に発表した。

1985年にドクター・ジョンソンはその研究結果を[ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル]で報告したのだが、片頭痛で苦しんでいる人270名を対象にした試験で、フィーバーフュー(夏白菊)の葉を噛んだ人の72パーセントが片頭痛の起きる回数が減り、痛みが軽度になったと断言している。

ドクター・ジョンソンは、その彼らの確信が架空のものか、それともそこに何らかの身体的な根拠があるのかどうかを確かめる試験を行っている。

片頭痛に苦しんで毎日フィーバーフュー(夏白菊)を食べている人17名選んで、夏白菊を断ってもらった。そして、テスト用のカプセルを作って、それを摂ってもらった。

カプセルの外観は同じだが、一つにはフィーバーフュー(夏白菊)の葉を乾燥させて粉末にしたものが入っており、いま一つはフィーバーフュー(夏白菊)が入っていないダミーのカプセルである。

被験者はそのどちらのカプセルを摂っているのかわからないようにして、毎日、6ヶ月間接ってもらったのだ。

その結果は際立っていて、フィーバーフュー(夏白菊)が本当に効果をもたらすことを確信させるものだった。

フィーバーフュー(夏白菊)のカプセルを摂っていた人は以前とあまり変わらず、ほとんど片頭痛を経験しなかった。

しかし、ダミーのカプセルを摂って急にフィーバーフュー(夏白菊)を断つ結果になった人は大変な苦痛を味わった。

彼らの頭痛は3倍になってって来て、試験に耐えられる状態ではなくなったのだ。

それで、何人かは被験者の役を止めてもらうしかなかった。

そして、その人たちがフィーバーフュー(夏白菊)の摂取を再開すると、片頭痛が減るか起きなくなるかしてしまった。

決め手となる決定的証拠は、これに引きつづいて行われたフィーバーフュー(夏白菊)を摂ったことのない片頭痛患者を対象にした二重言検法による研究で得られた。

イギリス、ノッティンガムの大学病院の研究者たちによるもので、1988年に[ランセット]に発表されたのだが、この場合もフィーバーフュー(夏白菊)の乾燥粉末入りのカプセルが使われている。

中くらいの大きさのフィーバーフュー(夏白菊)の葉二枚分が入っているカプセルと、キャベツの乾燥粉末が入っているカプセルで比較したのだ。

この研究でもフィーバーフュー(夏白菊)は顕著な効果を示した。

4ヶ月間を2つの期間に分けて、被験者にフィーバーフュー(夏白菊)かキャベツのいずれかを毎日摂ってもらったのだが、フィーバーフュー(夏白菊)を摂っているときは、片頭痛の起きる回数が1/4に減り、頭痛の程度がはるかに軽度になり、嘔吐や視覚の乱れを伴わなくなった。

これらの研究結果をふまえて、現在ではフィーバーフュー(夏白菊)のカプセルや錠剤が作られるようになっており、それは医師の処方する人工合成製薬と対等の存在になっているのである。

私の患者に対しては、私は片頭痛の治療をする必要がほとんどなくなった。

フィーバーフュー(夏白菊)を試してみてくださいというだけでよいからだ。

ダニエル・タッカー医博、フロリダ州ウエスト・パーム・ビーチの内科医・免疫学者・アレルギー専門医。

どのように作用するのか?

フィーバーフュー(夏白菊)に含まれている主要な抗片頭痛物質はパセノライドである。

多くの専門家は、フィーバーフュー(夏白菊)の効果を期待するにはこの植物化学物質が比較的高濃度に含まれていなくてはならないと、いっている。

パセノライドは、セロトニンの放出を抑えることが証明されている。

セロトニンは脳の細胞と血管に働きかける血管収縮物質(血小板から放出される)で、それが過剰に放出されると、血管を収敏させることにより片頭痛の引き金を引く方向に影響を及ぼすと考えられている。

だから、セロトニン拮抗薬で片頭痛の予防的治療に用いられているマレイン酸メチセルジドと似た作用をするようである。

フィーバーフュー(夏白菊)には抗炎症作用もあることが確かめられていて・それによっても片頭痛が防がれると考えられている。

炎症も片頭痛の引き金を引く方向に影響を及ぼすからだ。

最近の英国での研究によると、フィーバーフュー(夏白菊)に含まれている植物化学物質の複合体は、トロンボキサンA2とロイコトリエンB4を「強い効力」で抑制している。

それらは体内で作り出される調節物質だが、ロイコトリエンB4は炎症を促進させる。

試験管での研究で、フィーバーフュー(夏白菊)はそのロイコトリエンB4の放出を58パーセント阻止している。

それはフィーバーフュー(夏白菊)の抗炎症作用を説明するものだが、トロンボキサンA2は血小板凝集作用と血管収縮作用をもった物なので、それを抑制するフィーバーフュー(夏白菊)には流血栓作用もあることがわかった。

また、フィーバーフュー(夏白菊)はマスト細胞からのヒスタミンの放出を抑制するため抗アレルギー作用をもち、抗細菌の働きもあることが確かめられている。

あなたにはどれだけ必要か?

乾燥させたフィーバーフュー(夏白菊)の葉を1日に2〜3枚食べれば効果が得られると考えられている。

カプセルや錠剤になった製品には通常、フィーバーフュー(夏白菊)の葉が最低300ミリグラム合まれている。

そして、ラベルには1日3個摂るように書かれている。最初はその量で摂りはじめるとよいが、片頭痛を予防するには多くの場合、1日1個で十分だと専門家たちはいっている。

安全性

通例、フィーバーフュー(夏白菊)の副作用はほとんどない。

あってもきわめて軽微である1つの研究ではユーザーの8パーセントが胃腸の具合が悪くなったり口に小さな瞳れものができたりしている。

ごく少数のユーザーから、まれに起きるアレルギー反応や、鼓動が速くなるなどの副作用が報告されている。

何世紀にもわたって食用にされてきたハーブなので、急性の毒性はないと考えられている。

しかし、慢性毒性試験は行われていない。

片頭痛に対する医師の処方を必要としない薬としてフィーバーフュー(夏白菊)が承認されているカナダでは、予防薬として毎日の摂取を4ヶ月以上つづける場合には臨床医の監督下で行うようにと、健康の権威たちが勧告している。

自然療法医のドクター・マイケル・マーレイは、フィーバーフュー(夏白菊)を非ステロイド抗炎症薬(アスピリンやアセトアミノフェンなど)と一緒に摂るのは避けるようにと、いっている。

フィーバーフュー(夏白菊)の効果を減らすからだ。

フィーバーフュー(夏白菊)を摂ってはいけない人は?

妊娠している女性(子宮の収縮を招く恐れがある)、授乳中の母親、2歳以下の幼児はフィーバーフュー(夏白菊)を摂ってはいけない。

抗凝固薬を摂っている人がフィーバーフュー(夏白菊)を摂る場合は、注意が必要。

フィーバーフュー(夏白菊)にも抗凝血作用があるので、相互作用によってまれに出血を促進することがある。

ブタクサに過敏な人はフィーバーフュー(夏白菊)がアレルギーの引き金になりうるので摂らないほうがよい。

フィーバーフュー(夏白菊)の製品についてフィーバーフュー(夏白菊)の葉は苦いので、葉を噛んで食べたり、お茶で飲むよりもカプセルや錠剤のほうが摂りやすい。

ただ効果を得るためにはカプセルや錠剤になった製品は、薬理学的物質のパセノライドが最高率で一定して含まれている(それを意味している英語のstandardizedという語のラベルを注意して見ていただきたい)ものでなくてはならない。

高品質の製品にはパセノライドが0.2パーセント(それが最高率である)含まれているはずで、標準的な大きさのカプセルや錠剤の場合、それはパセノライド250ミリグラムを意味していると、ハーブの権威のドクター・バアロ・テイラーはいう。

イスラエル製のこのものは0.8%含んでいる。

報告されている一つの分析結果では、ルイジアナの健康食品店で購入した3つのフィーバーフュー(夏白菊)製品のうちの2つにはパセノライドがまったく入っていなかった。

品質の劣化を防ぐために、フィーバーフュー(夏白菊)は冷蔵庫で保存していただきたい。

あなたは試してみるべきか?

菊舶もしもあなたが片頭痛に襲われたら、フィーバーフュー(夏白菊)はファースト・チョイスの薬である。

フィーバーフュー(夏白菊)は片頭痛を抑え、その程度を和らげ、医師の処方する人工合成製薬よりはるかに副作用が少なく、はるかに安価である。

もしも、それが効果をもたらすならば、あなたにとって奇跡であり、効果がなかったならば、一般に医師が使っている薬を含めて他の代りになる薬を試してみればよい。

それによって失うものはないし、害もない。

他にもよいことがあるか?

英国では慢性関節リウマチの痛みを減らすためにフィーバーフュー(夏白菊)が広く使われている。

細胞にロイコトリエンB4があふれると慢性関節リウマチの症状が燃えあがるのだが、フィーバーフュー(夏白菊)にはロイコトリエンB4を抑える作用があるので、症状が鎮静すると考えられている。

フィーバーフュー(夏白菊)が関節炎に対して効果があることセ裏付ける優れた臨床研究は行われていないので、効果的な摂取量も不明である(一つの研究では関節炎に対してフィーバーフュー(夏白菊)は効果はなかったが、摂取量が少なすぎたと思われる)。

フィーバーフュー(夏白菊)はまた、喘息、アレルギー、皮膚炎、乾癬の症状を和らげるといわれてきた。

それらの病気で特徴的なのは炎症反応なので、その治療にフィーバーフュー(夏白菊)を使うことは理にかなっているように思われる。

しかし、臨床試験が行われていないので、実際にどのくらい効果があるのかわかっていない。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法