Google

タチカワ電解カルシウム・立川電解カルシウム

液体のびん入り、アルカリ性、これが身体の酸性傾向に歯止めをかけます。

pHは14の強アルカリです。

注:カルシウムのみ身体に入れると電解質のバランスが狂うためササヘルスとビタモエムをまぜると電解質のバランスは崩れにくく飲みやすい。

ササヘルス10mlと電解カルシウム20mlを入れてもpHは14ですこれを微アルカリに持ってこようとすると10の18乗の水で薄めてちょうどになる。

それだけ酸性物質が多くからだに蓄積してると考えると判りやすい。

病気とカルシウム

動脈硬化とカルシウム

血管というのは、体の必要に応じて伸び縮みし、血液の量を多くしたり少なくして調節します。
動脈硬化とは、この血管(動脈)の壁がだんだん硬くなり、自由在に伸び縮みできなくなるばかりか、更に血管が狭くなり血液通りにくくなってくる病気です。
硬く、もろくなった血管の壁に、無理に通ろうと勢いよく流れる血液があたっていくうちに部分的に血管が破裂したり、たとえ食い止めても動脈の一部が突き出して風船のようにふくらむいわゆる「動脈瘤」をおこすこともあります。
硬くなった血管壁にはカルシウムとコレステロールが多く含まれており、カルシウムがコレステロールをひっぱりこむ役目をしているのです。
この悪玉カルシウムは血液中のカルシウムイオンが不足した結果、骨から溶けだしたカルシウムであり、普段から充分なカルシウムイオンを摂っていれば、骨から溶け出た悪玉カルシウムをつくらずにすみ血管を丈夫に保つように働きます。

慢性関節リウマチとカルシウム

慢性関節リウマチは、非常に厄介な病気です。
朝起きた時の強い関節のこわばりと痛みが特色で、全身のどの関節でも侵し(頭蓋骨でも脊椎でも同じ)、関節の変形と慢性の痛みが起こりす。
原因はいろいろありますが、免疫力の低下は必ずからんでます。又、慢性関節リウマチの患者さんでは、力ルシウムイオンの吸収を促進するビタミンDの働きが弱く、カルシウムイオンを自ら吸収することが苦手になっているため、更に免疫力を低下させという悪循環を繰り返しているのです。

免疫とカルシウム

人の体に外から細菌やウィルスなどよそ者が入ってくると、これをやっつけ排除してしまおうとする防御システムが働きます。
これを免疫反応といいますが、この反応はカルシウムイオンなにはおこりません。
よそ者が入ってくると、カルシウムイオンがすばやくキャッチし、細胞に信号をおくり情報を伝えていきます。
この情報を聞いて、細胞の中で武器(抗体)が造られ撃退するのです。
ここでカルシウムイオンが不足していると、外敵が侵入してきもうまく信号が送れず、誤った情報が流れたりして混乱を招きます。
例えば、自分の体の中の成分を誤ってよそ者と判断してしまった場合におこるのが自己免疫疾患と呼ばれる一連の病気です。
自己免疫疾患が血管や結合組織などにおこれば、膠原病や血管炎などの疾患の1つの原因ともなります。

アレルギーとカルシウム

せっかく外敵を退治するシステムが整っていても、それが大げさになりすぎたために、かえって余分な反応がおきてしまうのがアレルギーです。
つまり、アレルギーはデリケートな人の体を守るための防御反応が過剰に働いたものであり、その代表選手が喘息やアトピー性皮膚炎、みなのです。
体内でのカルシウムイオン(アルカリ不足)の減少が過剰防御反応を引き起こす原因の1つになっています。

更年期障害とカルシウム

更年期障害は、女性の生理が停止する閉経をむかえる期におこる体の障害です。
閉経は女性にとってすべての人にやってくるものですから、それ自体を気にやむ必要はありません。
ただこの時期を健やかにごすか、つらい思いをして過ごすかによって大きな差があります。

閉経すると共に、女性ホルモンの分泌が急に少なくなると、身のホルモンのバランスが一度にくずれ、いろいろな体の変調きたしましす。
このホルモンの乱れは自律神経の失調につながり、肩こり・腰痛・不眠症・便秘・骨粗鬆症・肥満・むくみ・イライラ・情緒安定など数えきれないくらい多くのことがおこってきます。
もちろん男性にも更年期障害はあります。
しかし男性ホルモは年令とともに徐々に減っていくので、女性ほど目立った変調みられないのです。

骨組霧症と女性ホルモン

骨組髪症とは、カルシウムイオン不足によりそれを補おうと長期にわたって骨を溶かしてしまうため、軽石のようにスカスカ穴のあいた状態になることです。
心臓発作や脳溢血などのように、すぐに生命にかかわるもないため、軽視されがちですが、骨粗鬆症をおこすと、体の痛みだけでなく骨の変形をきたし、衰弱の一途をたどります。
老後の生活を、より快適に過ごそうと考えている人にとって大きなダメージを与えるものです。
最近、更年期の女性の骨粗鬆症が問題になっていますが、この骨組髪症、女性ホルモンと密接な関係があるのです。

女性ホルモン(エストロゲン)は、カルシウムを骨から引き出す副甲状腺ホルモンに対抗して、カルシウムがでていきすぎるのを防ぐほかカルシウムの吸収を促進したり、尿として体外へでてくのを減らす働きをします。
したがって、閉経すると急に女性ホルモンの分泌が低下するわけですから、骨からのカルシウムを必要以上に溶かしてしまうのです。

肝臓とカルシウム

「肝腎要」といわれるように肝臓は大切な臓器です。 肝臓は2/3を切除しても再生するという非常に強い再生能力をもっていますが、その限度を越えた時はじめて身体の変調をきたすので、初期発見しにくくなかなか厄介な臓器であります。
肝臓の細胞が障害される時最初に起こってくるのは、細胞を守っている細胞膜の働きが悪くなり、細胞の外にあるカルシウムイオンがどんどん中に入り込んでいくのです。
前にも述べたように、細胞の内外のガルシウルイオン濃度差はきまっていますので、あまりたくさんのカルシウムイオンが細胞のなかに入り込むと細胞は死んでしまいます。

肝臓病にも免疫が必ずからんでいますので、充分にカルシウムイオンを摂っていれば予防も可能かもしれません。

高血圧とガルシウム

高血圧症は成人の約3%にみられ、死亡率の高い心不全や脳卒中などいろいろな病気の引き金となるだけに軽視できません。
遺伝的なものと食塩摂取量が深くかかわっているとされていますが、最近カルシウムイオンに降圧効果があることが明らかになってきました。
カルシウムイオンを摂った場合の降圧効果は徐々に現れ、降圧剤のように急激に血圧を下げることはないので安心だといわれています。
高血圧の予防にも、塩分をひかえると共に、普段からカルシウムイオンを充分摂取するように心掛けたいものです。

結石とカルシウム

結石には、腎臓結石・胆石・膵石などがあります。

その成分は様々でありコレステロールや尿酸・システインといったものがあげられますが、どの器管にできる結石も大部分はカルシウムをふくんでいるといってよいでしょう。
そこで、カルシウムをたくさん摂りすぎると結石になりやすいのではないか、と心配する人も少なくありません。

カルシウムは血液中でも溶液となって存在します。結石の基となるものができ、それにある条件が加わるとカルシウムが沈着し硬い石となるのです。

この条件とは、まず第一にカルシウムがたくさん尿の中に出すて濃度が高くなることです。

尿中にでてくるカルシウムは、骨から溶けでた悪玉カルシウムなのです。
カルシウムイオンを充分摂っていれば、副甲状腺ホルモンにより骨からカルシウムを取り出す必要がないので、尿へのカルシウムのでかたが少なくなり腎臓結石はかえって少なくなるといわれています。
しかし、腸の働きが非常に良すぎるためカルシウムを取れば摂るほど吸収し、血中に入って尿にも出てくるような特異本質の人もごくまれにいます。
このような特殊な病気の人だけはカルシウム剤をひかえたほうがよいのです。

腎臓結石のある人はよく検査をしてもらい、自分がどのような種類の結石であることをしることです。

肩凝りとカルシウム

疲れた時方が凝る、といった経験は誰でもアルと思います。

これは筋肉が痙攣を起こしていたり、血のめぐりが悪くなっている為です。

血の中のカルシウムイオンが少なくなると、どういうわけか筋肉の興奮を起こすのです。実際にこった場所を触ってみると、硬くなっているのがおわかりになると思います。カルシウムイオンの重要な働きの一つに血の循環をよくするとがありますが、これが肩こりの緩和につながります。(抗カルシュム血漿剤がこの性質を利用しています)

イライラとカルシウム

他の人のすること、なすことが気にくわなかったり、皆が自分のわるぐちを言っているように思ったり、気分も不安定で落ち着かない・・・このような経験はありませんか?

イライラすることと、カルシウムとは、ちょっと結び付かないかもしれません。
しかし、イライラはカルシウムイオン不足が大きな原因とたています。
今、社会問題となっている学童暴力は、子供たちのカルシウムイオン不足が原因の一つだと言われています。
子供は砂糖の入った甘いお菓子やジュース・スナック菓子・インスタント食品が大好きです。
これらは体内のカルシウムを追い出してしいますので、カルシウムイオンはますます減る一方です。

糖尿とカルシウム

糖尿病は「インスリン」というホルモンが足りなる病気です。
インスリンをつくることができなくなり、太りすぎてインスリンの必要量がふえたのに分泌が間にあわない場合、又、せっかくインスリンを生産してもその働きが充分に現れない場合、インスリンの働きを邪魔するものが体の中にてくる場合があります。
糖尿病の人の尿を調べてみますと、カルシウムイオンが多量に発見されることから、糖尿病の人の体からはカルシウムイオンがどんどん少なくなっていくと言われています。

それだけでなく、インスリンが有効につかわれるように細胞から引き出すお手伝いをするのがカルシウムイオンなのです。

タチカワ電解カルシウムを飲み続けると

1.タチカワ電解カルシウムを飲み続けると、骨にカルシウムを貯金できる体質になります。

早朝尿中カルシウムヒドロキシプロリンの量を測定

長期飲用者のほうが、尿中のカルシウム分が少ない!

【解説】私たちが生きていくために¥、血液中のカルシウム濃度は一定に保たれています。つまり

立川電解カルシウムを長期に取ってゆくと骨に貯えられたカルシウムが溶け出す量が少なく、カルシウムが体の中で有効に利用されます。

ヒドロキシプロリンの値も長期飲用者のほうが低い。

ヒドロキシプロリンは骨に貯蓄したカルシウムが溶け出す時に出る物です。

血液中のカルシウムが不足したときや新陳代謝が起こるときに、骨に貯えたカルシウムが解け出るのを促進、不足したカルシウムを補います。その際破骨細胞が骨を溶かす時に出るのがヒドロキシプロリン

量が少ないということは骨に貯蓄したカルシウムをあまり使わなくてもカルシウム濃度が一定に保たれていることです。

2.体に吸収されやすい形

投与後、すみやかに吸収されている。

カルシウムは胃酸でイオン分解され、主に十=指腸で吸収されます。

しかし、胃の弱い人やお年寄りでは胃酸の分泌量が減少しているため、吸収効率を考えれば、

となります。タチカワ電解カルシウムは、カルシウムを最初からイオン分解しているので吸収スピード、吸収効率が高いのです。

投与後、短時間で全身にゆぎわたっている!

【解説】カルシウムは十二指腸で吸収された後、血液を通して全身に運ばれます。

体の中のカルシウムは、その99%が骨に、残りの1%が血液や細胞の中にあります。その部分ごとにふさわしいカルシウムの量を供給するため、大部分を骨に貯えているといってもいいでしょう。

カルシウムをしっかリ摂取し、全身にゆきわたらせれぱ、骨に蓄えられたカルシウムを使う必要がないのです。

45Caを含む水酸化カルシウム溶液を経口投与した後のラット体内分布(dpm/g)
臓器・組織 投与後の時間
15 min 1 hr. 3 hr. 6 hr. 12 hr. 1 d. 3 d.
血液 95,110 93,479 20,060 17,778 9,764 4,970 4,204
筋肉 26,956 31,130 15,322 11,656 9,122 2,937 982
大たい骨 133,515 673,921 895,239 840,714 620,752 670,681 624,166

タチカワ電解カルシウム

タチカワ電解カルシウムは、吸収のよい、良質のカルシウム製剤です。

私たちのからだにとって、カルシウムは必要不可欠のものであり骨格の主要成分です。

この重要なカルシウムが、私たち日本人に、ともすれば不足がちなのは、注意を要することです。

例えばカルシウムを豊富に含む海藻や野菜を取っても、食品中のシュウ酸やフィチン酸と結合するとカルシウムが不溶性になり、体内に吸収されません。

カルシウムは、イオンとして吸収されてはじめて効果が現れるのです。

無臭無色でpH11〜13のアルカリ性の水溶液で、カルシウムイオンによる特徴のある味をわずかに感じさせますが吸収がよくカルシウム補給に効果があります。

日本人が不足する1日量のカルシウムを含有しています。

成分・分量

本品は100ml中、カルシウム(Ca++)として80mgを含有しています。

用法・用量

成人は1日量40mlを3回にわけ空腹時に服用します。小児は成人の半量です。

効能・効果

最近の水の研究で、長寿な地域の人達は身体にとっていい水(水の分子がくっついて6角形)。悪い水は5角形をしているのが判ってきました。

このいい水はミネラルを多く含む水、冷たい水、電気分解した水に多く含まれる事が判りました。

カルシウムだけでなく、水もいいことが示唆されます。

服用及び貯蔵に際しての注意

  1. 服用前はお茶を飲まないで下さい。
  2. 服用後は密栓し、冷蔵庫に立てて保管して下さい。
  3. 液はなるべく振らないで下さい。
  4. ビンに開栓年月日を記入して下さい。
  5. 添付の計コップは、ご使用のつど水洗いなどして常に清潔に保管して下さい。
  6. 本品を使用中、ビン口のまわりが白くなることがありますが、これは空気により酸化されたカルシウム結晶ですので、服用には差し支えありません。

使用上の注意

  1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
    医師の治療を受けている人。
  2. 服用に際して、次のことに注意して下さい。
    1.定められた用法、用量を守って下さい。
    2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
  3. 服用中又は服用後は、次のことに注意して下さい。
    1.本剤の服用により、便秘等の症状が現れた場合には服用を中止し、医師又は薬剤師に相談して下さい。
    2.しばらく服用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談して下さい。
  4. 保管及び取扱い上の注意
    1.小児の手の届かない所に保管して下さい。
    2.誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないで下さい。

キャンペーン

商品案内