Google

エドガーケイシー療法:カンフォケア[Camphor Care]

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

カンフォケア[Camphor Care]

カンフォケア[COLD LINIMENT]

もちろん妊婦にも安全に使用できる。

Ease Congestion

Excellent for the relief of congestion, colds and minor back pain. Best if applied after bath or used with warm compresses. Baar Products

CamphorCare provides a penetrating combination of Mutton Tallow, Spirits of Turpentine, and Spirits of Camphor. Massage into chest, back,neck or feet. "Massage this gently, not rubbing, so that there is used only what the body will absorb." (919-1)

Cayce Formula

285件のリーディングの中で、羊脂(ムートンタロー)と、樟脳(カンフル)精と、ターペンタイン精とを等量ずつ混ぜ合わせたマッサージオイルが処方された。いくつかの変化をもたせたやり方の中には、安息香チンキを加えることもあった。

リーディングで、足や下肢にマッサージを施すことがとくに強調された。マッサージオイル塗る際に、温熱療法を組み合わせることがしばしば勧められた。

これは使用前に塗布薬を温めること、塗布薬を塗る前にかなり熱いお湯場合によってはとうがらしチンキ、松の油を加えるに足を浸して足を温めておくこと、あるいは塗布薬を塗った後で足を温かいタオルでくるむことによりなされるものである。

これらを全部、併用することもあった。

足の下部、足の裏にこれを擦り込んで暖房器具など、足への血行を促す物の前で足を、いわば、あぶるのである。(304−33)

羊脂・ターペンタインオイル・樟脳を等量混ぜ合わせたできるだけ温めること。(2036−6)

少なくとも日に1〜2回、足の裏・喉・気管支・頭部・柔らかい組織、あるいは頭部の柔らかい組織・鼻腔部などに、等量のターペンタインオイル・羊脂・樟脳精を混ぜたものを擦り込むことが望ましい。

マッサージにより患部を和らげ〜ある。(278−2)

リーディングはこのマッサージオイルを血行を良くし、皮膚表面のトニックやしゅうれんとして様々なケースで指示した。

リーディング(632−5)は、マッサージして擦り込んで、その後、熱した塩パックを背中側にも腹側にも同時に使用することを勧めている

キャンペーン

商品案内