Google

エドガーケイシー療法:ブラック・アンド・ホワイト社製品

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

ブラック・アンド・ホワイト社製品

ケイシーリーディングが、ある特定のブラック・アンド・ホワイト社製品を指示することはほとんどなかったが、それでもこのブランドが一般には頻繁に勧められた。

(Q) Are any of the cosmetics used about the face producing harmful effects?

(A) We would change to the regular Black and White preparations; these are much preferable, these are more beneficial to the cuticle. (GENUINE Black & White Products Co., Chicago - NOT Plough's Black & White.)

(Q) Does patting of the tissues of the face help to keep

the muscles from sagging or are face exercises better?

(A) It does. The patting of the tissue is the better.

「これらは表皮に対してより有益である」(811ー4)という理由から、(811)は、それまで彼女が使っていた化粧品よりもブラック・アンド・ホワイト社の化粧品を用いるようにと助言された。

(Q) What soap, manner of cleansing, creams and makeup would be least harmful and most helpful in correcting the beautifying the skin?

(A) Pure Castile soap [See 2072-6, Par. R19] is the better as a cleanser. As a cleansing cream or the like, the Genuine Black and White products are nearer to normal. The Milkweed Cream used occasionally for this body would be very beneficial.

他のリーディングでは、「純粋のブラック・アンド・ホワイト製品は、正常により近い」(2072-6)と述べている。これらの製品は、少なくともアルカリ性であるという理由から勧められた。

洗顔ローションについては、酸度の低いクリームがより有益である。これらは、使用する前に簡単にテストできる。赤と青のリトマス試験紙はこれらをテストするためのより良い方法である。そして完壁にアルカリ性であり全く酸性とならないものは、いかなるものでも望ましい。我々が既に指摘したように、ブラック・アンド・ホワイト社の製品は、優秀である。(275-37)

別のあるリーディングは、これらの化粧品について次のように述べている。「肌に鉛成分もしくは毒をもたらす大半の化合物よりも望ましい」(2154-2)と。コールド・クリーム、クレンジング・クリーム、バニッシング・クリームなどを、同様の化粧品と同じ方法で使ってもよい。同社の軟膏は、ニキビや軽度の発疹の場合に有効である。スキン・ホワイトナーは、肌の黒ずんだ色を薄くするのに有効である。リーディングは、肌へのこれらの製品の影響について、さらに次のように注釈している。

ブラック・アンド・ホワイト製品は、よりよい製品である。筋肉や全身、顔などを適切な状態に保つ(3051-3)

顔と首のクレンジング・クリームとして、また治療用として、本物のブラック・アンド.ホワイト製品を用いること。これらは、肌の毛穴を刺激し、かつ栄養価を与え、既に生じている状態を改善し、ついには全般的な健康とコンディションの改善が肌を健全,にするようになる。(2175-2)

ブラック・アンド・ホワイト製品が、1925から1944年にわたってリーディングで勧められたものと今も同じであるかどうかということについては言明し難い。リーディングでは、しばしば、プロー製ではない、シカゴで造られた純粋なブラック・アンド・ホワイト製品がはっきりと指定された。

しかし、プロー社は、現在のブラック・アンド・ホワイト製品のメーカーであり、今も昔も唯一の同ブランドのメーカーであると主張している。プロー社によれば、製品のあるものがシカゴ・ラベルであったのは、そこに問屋が設けられていたことによる、ということである。実際、ラベルのあるものは、「純粋な」という言葉を含んでいる。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法