Google

ブドウ・ダイエット(葡萄ダイエット)

「食事は吸収されやすいものであるよう留意しなけれぱならない。でんぷん食品及び糖分を大量にとり過ぎてはならない。あるいはこの体は、目下の状況のもとでは、少なくとも3日間の完全なブドウ・ダイエットをやり、それから、既に示した通常の食事をとるのもよい。大量のブドウだ!また、万一これらの期問中に胃及び十二指腸に障害が現われた場合は、ぶどうの果皮と果肉を布の間にはさんで湿布をつくり、それを患部一帯に当てなさい。それをおよそ2cmの厚さにしなさい・・・それだけ大量のブドウが全面にあるようにだ、よいかな?水は大量に飲んでよいが、3日間はその体が食べられるだけの量のブドウだけだ。」[757-6]

「数日間、少なくとも3〜4日は、ブドウだけを食べなさい! 種を一緒に食べてはならないが、できれぱ紫色の品種のものがよい。優良なもので、長期間の輸送または保存をしていないもの。」[1703-1]

「月に3〜4日はブドウだけを食事に用いると有益なのがわかっている。また、その3〜4日間は腹部全体にブドウ湿布を当てるのが良い。」[683-3]

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法