Google

ビタエックスと「紫河車」

現代中国の中薬事典で、胎盤は「紫河車」として収載されています。

「紫河車」の語源を調べてみると、「紫」は[帝王]を意味し、「河車」は[北方の生気]即ち精霊に通ずる言葉をあらわしており、魂の肖像のように考えられていたようです。

紫河車(しかしゃ)

処方名:紫河車・胎盤粉・杜河車・人胞。

基原:ヒトの胎盤[Placenta hominis]を火であぶって乾燥したもの。新鮮な胎盤を用いてもよい。

性味:味は甘・鹸、一世は温。(帰経:心・肺・腎経)。

主成分:estradiol、progesterone、acetylblucosamine、d-galactose、mannose、多種のアミノ酸。

薬理作用:益気・養血・補精。強壮作用がある。

胎盤抽出物は・子宮を収縮させる。

胎盤粉末は実験的な結核に治療効果がある。

このほか乳腺・女性生殖器・卵巣の発育を促進する。

免疫作用があって、抵抗力を増し、抗アレルギー作用がある。

臨床応用:強壮薬として、疲労・虚弱・気虚・血虚・喘息・咳嚇などに用いられて来た。

現在では、主として肺結核・神経衰弱・貧血・気管支喘息・老人の慢性気管支炎などに使用するが、長期間服用しなければ効果があらわれない。

一般に単独で用いる。

1日2〜3回胎盤粉末3〜5g、多いときは6〜9g(再生不良性貧血などに使用するとき)を沖服する。

週に2〜3回新鮮な胎盤半分を煎服してもよい。

胎盤注射液の筋注でもよい。

貧血には、胎盤粉1.5gと人参末3gを毎日3回沖服すると効果がある。

老人・虚弱者には、熟地黄・杜仲などの補益薬を配合し、たとえば河車大造丸を使用する。

用量:粉末は毎回1.5〜9g。煎剤には新鮮な胎盤1/2〜1個。

方剤例:河車大道丸(扶寿精方):成薬。

紫河車・肉ジュヨウ・熟地黄・生地黄・天門冬・黄柏・五味子・鎖陽・当帰・枸杞子・杜仲。

朝晩の空腹時に9gずつ湯で服用する。



新ビタエックス錠剤

ビタエックスG.O.

今回から人由来のものから豚由来の胎盤に変わります。味も変わりますので御了解下さい。

ビタエックスG.Oはこのままでは濃く飲みにくいので美味しく飲む為にSカップをセットにしている商品もあります。

キャンペーン

商品案内