Google

B型肝炎ウイルス

ヒトB型肝炎の病原体である。

電子顕微鏡でデイン粒子として検出される。

粒子はDNAポリメラーゼ,プロテインキナーゼおよび遺伝情報としてDNAを含む。

DNAは分子量2×106ダルトンで一部単鎖部分を含む二本鎖環状DNAである。

ウイルス抗原としては表面抗原であるHBs(オーストラリア抗原)のほか,ウイルス粒子のコアあるいは感染肝細胞核にあるHBc,血清の感染力によく相関するHBeがある。

宿主はヒトかチンパンジーである。

核酸の複製にはレトロウイルスの特性である逆転写の段階があることが、このウイルスに似たアヒルの肝炎ウイルスで示唆された。

これらのウイルス群に対して、Hepadnaviridaeの名が与えられている.

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法