Google

便秘のおこる原因

(便秘・・・広辞苑では大便が通じないでとどこおること。便通の回数または量が異常に減少すること。)

便秘の起こる原因は医学書には下記のように

通常1日に1〜2回の排便がありますが、便秘は、排便が異常に少ないばあいをさします。2〜3日おきにしか排便がなくても、ふつうの便がでれば、便秘とはいえない。

便秘とは、便が固く、排便に苦痛や支障がともなう場合です.

便秘には、病気が原因でおこる揚合と、病気がない場合があります。

病気が原因している場合は、急性便秘とよばれ、腸閉塞、十二指腸潰瘍、虫垂炎(癌、癒着など)といった病気の1つの症状として現われます。

一般に便秘とよばれるのは病気がない場合で、慢性便秘といって区別されます。

そして慢性便秘には、弛緩性便秘とけいれん性便秘とがあります。

弛緩性便秘は、大腸の緊張低下や運動不足のために、内容物の移送が異常にゆっくりとなり、便秘がおこります。

原因として体質的、神経障害、低栄養、全身衰弱、ビタミン欠乏症、貧血、感受性低下、機械的刺激不足などがあります。、痙攣性便秘とは、大腸のある部分がけいれんをおこし、収縮し、内容物の通過が障害される場合におこります。

主として、精神的なことが原因となります。

下腹部の不快感、膨満感、腹痛、吐き気、嘔吐などを訴えることが多くなります。

症状とか起こる病気の原因とかがかかれていますが、なぜ起こるのか根本原因はかかれていません。

そこで違うところに目をむけますと、エドガーケーシーと言うたぐいまれな、寝ている間に、病気に手当て、原因などを言ってくれた、大正、昭和初期から20年ぐらいまで活躍した人の膨大なファイルから、一部を取りだし考えてみますと、今の我々にも通用する、治療方、原因解消法もかかれていますので私なりにまとめてみました。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法