Google

β3アドレナリン受容体

みなさんβ3アドレナリン受容体を知っていますか?

私は始めて見ました、それも栄養と料理の本の中で書いていました。

なんか薬理でも見ているような感じです。

「アドレナリン受容体にはαとβの2つのタイプがあります。たとえば脳のαアドレナリン受容体が刺激されると食欲が増加し摂食が増加しますし、βアドレナリン受容体が刺激されると食欲が低下して摂食が減少します。」

こんな事も知らなかった。

これで喘息の人が食事を多量に食べた時によく発作が起こるのもわかりました。

話はちょっとずれましたので、本題に移ります。

第50回日本栄養・食料学会で分子栄養学(遺伝子発現)では京都府立医科大教授吉田俊秀教授から肥満の原因は遺伝子にあるという発表がなされた。

簡単にいうと同じものを食べても肥る人と肥らない人がいる理由は遺伝子異常が関与しているといっているのです。

昨年8月肥満者がおおくいるピマインデアン(アメリカの少数民族)の2人に1人が脂肪代謝にかかわる遺伝子に異常が認められたと報告されていた。

そこで日本人を見ますと、脂肪代謝にかかわる遺伝子異常は3人に1人、欧米人は10人に1人だそうです。

問題の遺伝子は「β3アドレナリン受容体」という物質の動きをつかさどる遺伝子のことです。

β3はどこにあるかと言えば脂肪細胞の表面にあって外から刺激をうけると細胞内の脂肪を分解したり、エネルギーを発散させたりします。ようするに「痩せるように働く受容体」

痩せるように働く遺伝子に異常があるとどうなる?

「β3アドレナリン受容体」遺伝子異常だと正常の人より基礎代謝量が200kcal少ない。脂肪を分解したり燃焼する働きが抑えられるのでその分基礎代謝量が小さくなると考えられます。そのため食事療法をしてもなかなか痩せないし同じものを食べても肥満するひととそうでない人の差は遺伝子異常による基礎代謝量の違いがあると吉田さんは報告しています。」

200kcalを消費するためには、歩くと2時間水泳だと平泳ぎで20分も泳がねばならない。

といっています。なぜ日本人が多いのか?

この鍵は「ピマインデアン」モンゴロイド日本人も同じです。

モンゴルは自然環境は厳しく非常に食べ物が少ない地域です。

この環境のなかで生き抜くにはエネルギーの消費は少ないほどいいのです。

そのため、アメリカでのピマインデアンの健康状態は全人口1万人の7割りが肥満と糖尿です。

最後になかなか痩せない人は、遺伝子に問題があるだけではなく大きな問題は、「食生活と運動の仕方に問題がある。」

肥るのは「遺伝子のせいだけにしないで」と結んでいます。

このことを理解するのは断食すると慢性病が良く治るのが解ります。

ヒマシ油石鹸

注意:ホームヘルス社製のヒマシ油石鹸は企業が買収されなくなりましたご了承ください。

AREが推薦するバアー社パームクリスティ固形石鹸。

日本では直接買えませんので個人輸入は可能です。

製品の中身はすべて日本の化粧品の基準にあったものです。

医療用医薬品

以下の医療用医薬品をお買い求めになりたい方はまず医師の受診をお勧めします。
以下の医療用医薬品は対面販売となります。
一度注文は受け付けますが再度連絡確認を取らせていただきます。

アズノール軟膏

白色ワセリン

プロペト
(眼科用ワセリン)

亜鉛華軟膏

亜鉛華単軟膏

ベナパスタ

レスタミン軟膏

ザーネ軟膏

5%サリチル酸ワセリン軟膏

10%サリチル酸ワセリン軟膏

グリパスC

プラスチベース

フェノール・亜鉛華リニメント

ヒルドイドローション

ヒルドイドゲル

ヒルドイドソフト

ケンエー白色ワセリンソフト

アンダーム軟膏5%

アンダームクリーム5%

スタデルム軟膏

スタデルムクリーム

ウレパールクリーム10%

ウレパールローション10%

オイラックスクリーム

オイラックスHクリーム

ケラチナミン

コンベック軟膏

コンベッククリーム

ユべラ軟膏

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法