Google

アトピー性皮膚炎診断・アトピー診断基準

日本皮膚科学会で提唱されているアトピー性皮膚炎の診断基準を下にあげておきます。

「アトピー性皮膚炎は、増悪、寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ」

アトピー素因:
1)家族歴・既往歴
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数の疾患)
2)IgE抗体を産生しやすい素因

アトピー性皮膚炎の診断基準

  1. そう痒
  2. 特徴的皮疹の分布
    1)皮疹は湿疹病変
    ●急性病変:紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
    ●慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
    2)分布
    ●左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲、口唇、耳介周囲、頚部、四肢関節部、体幹
    ●参考となる年齢による特徴
    乳児期
    頭、頸にはじまりしばしば体幹、四肢に下降
    幼小児期
    頸部、四肢屈曲部の病変
    思春期・成人期
    上半身(頭、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向
    3)慢性・反復性経過
    (しばしば新旧の皮疹が混在する):乳児では2カ月以上、その他では6カ月以上を慢性とする。

上記1)、2)および3)の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、経過を参考にして診断する。

除外すべき診断

診断の参考項目

臨床型(幼小児期以降)

重要な合併症

ヒマシ油石鹸

注意:ホームヘルス社製のヒマシ油石鹸は企業が買収されなくなりましたご了承ください。

AREが推薦するバアー社パームクリスティ固形石鹸。

日本では直接買えませんので個人輸入は可能です。

製品の中身はすべて日本の化粧品の基準にあったものです。

医療用医薬品

以下の医療用医薬品をお買い求めになりたい方はまず医師の受診をお勧めします。
以下の医療用医薬品は対面販売となります。
一度注文は受け付けますが再度連絡確認を取らせていただきます。

アズノール軟膏

白色ワセリン

プロペト
(眼科用ワセリン)

亜鉛華軟膏

亜鉛華単軟膏

ベナパスタ

レスタミン軟膏

ザーネ軟膏

5%サリチル酸ワセリン軟膏

10%サリチル酸ワセリン軟膏

グリパスC

プラスチベース

フェノール・亜鉛華リニメント

ヒルドイドローション

ヒルドイドゲル

ヒルドイドソフト

ケンエー白色ワセリンソフト

アンダーム軟膏5%

アンダームクリーム5%

スタデルム軟膏

スタデルムクリーム

ウレパールクリーム10%

ウレパールローション10%

オイラックスクリーム

オイラックスHクリーム

ケラチナミン

コンベック軟膏

コンベッククリーム

ユべラ軟膏

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法