Google

浴剤

アトピー性皮膚炎と診断された小児、成人に漢方薬の当帰、地黄の煎液を用いた入浴療法を単独、また併用して使いましたところ、6週間ほどで臨床症状や角質水分量野改善を74.5%の患者に認められた浴剤です。

アトピー性皮膚炎の患者の皮膚では表皮皮脂量の減少、水分保持能の低下などが知られており、これがアトピー性皮膚炎の増悪因子あるいは発症因子としても注目を集めています。

表皮水分保持能に関する因子は、色々なものが考えれれるが、表皮皮脂あるいは表皮細胞脂質なども重要な因子と考えられています。

浴剤の煎じ方

一包を沸騰したお湯600mLに入れ(土瓶やパイロセラム、あるいはガラスの鍋やアルマイトの鍋、やかんを使用し、ホウロウ、鉄鍋は避けて下さい。)

蓋をしないでトロビで30分間煮詰め、約半量になった煎液を浴槽(200L)の適温(参考28〜34℃ぬるい、34〜40℃暖かい、40〜46℃熱い)に入れ使用する。

なお煮だした後、薬の入った袋はそのままごみ袋に捨てて下さい。

医療用医薬品

以下の医療用医薬品をお買い求めになりたい方はまず医師の受診をお勧めします。
以下の医療用医薬品は対面販売となります。
一度注文は受け付けますが再度連絡確認を取らせていただきます。

ヒマシ油石鹸

注意:ホームヘルス社製のヒマシ油石鹸は企業が買収されなくなりましたご了承ください。

AREが推薦するバアー社パームクリスティ固形石鹸。

日本では直接買えませんので個人輸入は可能です。

製品の中身はすべて日本の化粧品の基準にあったものです。

キャンペーン

商品案内