Google

アトピー・アトピー性皮膚炎・皮膚炎・湿疹

エドガー・ケイシー療法

以下にアトピー性皮膚炎の治し方(皮膚炎、湿疹)とアトピー性皮膚炎の概念を書いています。

アトピーを考えるに一番解りやすいエドガー・ケイシーのリーディングが3つあります。

1つは[2579-1]です。

問.皮膚を清浄にするにはどうすればよいですか?

答.すでに示したことの組み合わせをすることだ。まずアトミダインが排泄の系統の調整に役立つ傾向がある。皮膚状態は、ぜん動をとおし腸の動きの不適正な調節からで、腸の部分での吸収によるものです。そういうわけで、消化管をとおしてよりも、むしろ発汗系統をとおし排出されている毒素から刺激ある炎症をつくり出しているのだ。[2579-1]

(Q) What should be done to clear the skin?

(A) The combination of things as we have indicated. First the Atomidine will tend to make for the coordinating of the channels of elimination. The skin condition is rather from the improper coordinating of the activities through the peristaltic movement, or absorption in the torso of the body. Thus it produces a condition wherein the irritations are produced from the poisons being eliminated through the perspiratory system rather than through the alimentary canal.

腸が正しく機能していなければ排泄器官である皮膚が病む。

リーディングの概念は皮膚からの排泄がうまく行かないのは、腸管からの排泄が十分でないからだといっている。

問.いろいろな排泄を促すのにはどんな治療法がありますか?

答.番いろいろな排泄を促進させるものは規定食運動です。

これまで述べた中にあるように、規定食は、下痢というよりも効き目の穏やかな緩下剤といった効果を及ぼすものであるべきだ。よいかな?
そして、この状態が機能の鈍いうごかない傾向がある場合は、単純なちょうど栄養素としての鉱物質の油よりもオリーブ油をずっと多量ににとるのが望ましい。
なぜなら正しいオリーブ油は(正しくとると)腸管のための食物になるかだら。
次のことはおおくの人が考慮するのが良いだろう。
かだだが吸収する純粋なオリーブ油の成分は栄養かがあり、叉ぜんどうを促す傾向があるようだ、おわかりかな?

次に、食品や飲み物を・・・ほんの少しの量で・・・時々よりもむしろ多くとったら、それであわないのがわかったり時は・・・、やめなさい。
油の酸敗臭より、あるいは系において塩化水素(かだの酸とアルカリのバランスが悪いために生じる)によって過度に作用し過ぎるほどひどいものはないからだ。ちゃんと吸収するものしかだめだ。

だからオリーブオイルや鉱物質オイル(流動パラフィン)・・・を適度に、規定食と運動が最良のものだ。[5603-5]

2. (Q) What treatment to stimulate eliminations?

(A) These are best stimulated by the diet and exercise.

As has been seen in those given, these in the diet should be that as is a mild LAXATIVE, rather than CATHARTICS, see? and when there is the tendency of this condition to become sluggish, those of oils - PREFERABLY much more of olive than just plain mineral oil, for olive oil - PROPERLY taken - is a food for the intestinal tract. This would be well to be considered by many: That, that may be ASSIMILATED by the system - of olive oil - pure - is food value for the system itself, and tends to stimulate peristaltic movements, see?

Taken, then, in very small quantities - but rather often, and when found to disagree - or a tendency, from the foods or the character of drinks taken - discontinue; for nothing is more severe than rancid, or oil that has become over acted on by the hydrochlorics in the system.

Only that as will assimilate.

So olive oil, or mineral oil - in moderation; but diet and exercise the best.

3.・・・すべての病気は罪が原因で起こる。これは気に入ろうが気に入るまいが、すべての人が受け入れなければならないことだ。病気は身体の物であれ、心あるいは魂の物であれ、罪に由来し、そして地にあらわれる・・・

また、病気に対する体または心の反抗がある時には、体の原子が高血圧を起したりかゆみを起したり、発疹や消化不良をひき起こすということに、少しでも疑念があるだろうか?

なぜなら、これらはすべて、真理と光明の反抗、体内の誤りと是正でしかないからだ。

体とは実際、生きた神の神殿(神とあなたがあう所)だからだ。

あなたはこの神殿に何を引っ張り込んでしまったのか?[3174-1]

5. And all illness comes from sin. This everyone must take whether they like it or not; it comes from sin whether it be of body, of mind, or of soul, and these manifest in the earth.

6. For, who healeth all thy diseases? Uncle John, or God the Father? This must be determined in self. For, God is spirit and seeketh such to worship Him in spirit and in truth.

7. True, there are pathological conditions that are disturbed with this body. But do the first thing first. There should be a decision within self, first, as to what you believe. And know it must begin with the spiritual purposes of life.

8. Who is the author of life? Who is the Saviour of life? Who gave His life that ye might have life more abundant? What is light and life in the earth?

9. If you cannot answer these within yourself, you are far, far from knowing the way home.

10. For the soul seeks its own - in Him, who is the light, the life, the way.

11. And when there are rebellions of body or mind against such, is there any wonder that the atoms of the body cause high blood pressure or cause itching, or cause running sores, or cause a rash, or cause indigestion?

For, all of these are but the rebellion of truth and light, error and correction in a physical body.

12. For thy body is indeed the Temple of the Living God.

What have you dragged into this Temple?

さあアトピー性皮膚炎を治すために、真剣に自分のあるがままを受け入れるため以下の文章を読んでみて下さい。

きっとあなたの心が変わる種が芽生えます。

心の変化のない人は治ることは無くいつまでもいつまでも同じ繰り返しをする。


ヒマシ油石鹸

注意:ホームヘルス社製のヒマシ油石鹸は企業が買収されなくなりましたご了承ください。

AREが推薦するバアー社パームクリスティ固形石鹸。

日本では直接買えませんので個人輸入は可能です。

製品の中身はすべて日本の化粧品の基準にあったものです。

医療用医薬品

以下の医療用医薬品をお買い求めになりたい方はまず医師の受診をお勧めします。
以下の医療用医薬品は対面販売となります。
一度注文は受け付けますが再度連絡確認を取らせていただきます。

アズノール軟膏

白色ワセリン

プロペト
(眼科用ワセリン)

亜鉛華軟膏

亜鉛華単軟膏

ベナパスタ

レスタミン軟膏

ザーネ軟膏

5%サリチル酸ワセリン軟膏

10%サリチル酸ワセリン軟膏

グリパスC

プラスチベース

フェノール・亜鉛華リニメント

ヒルドイドローション

ヒルドイドゲル

ヒルドイドソフト

ケンエー白色ワセリンソフト

アンダーム軟膏5%

アンダームクリーム5%

スタデルム軟膏

スタデルムクリーム

ウレパールクリーム10%

ウレパールローション10%

オイラックスクリーム

オイラックスHクリーム

ケラチナミン

コンベック軟膏

コンベッククリーム

ユべラ軟膏

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法