Google

エドガーケイシー療法:アトミダイン

ここに書かれているエドカー・ケイシー療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。


1914年に発見され、S.A.Bisey.D.Sc博士が何年もの研究されたものです。

1794年に設立されたSCHIEFFELIN &COが配貨していた、が現在の商品名アトミダイン、アトミックアオイダインとは異なっていた。

昔のケイシー時代にいった同じ原子状ヨウ素と同じものはフィルトーマスが制作したものです。

有毒でなくて、炎症を起さなく、さびなくて、無臭そして内服投与のために安全な水溶性の化合物である。

ここでいう水溶性ヨウ素トリクロダイン(1%三塩化ヨウ素=アトミダイン)という名前は「原子状ョウ素」に由来するもので、1%3塩化ヨウソで一日の必要量の6倍が1滴の中に含まれる。

エドガー・ケイシーが言う量は取って問題は有りません。

ただし日本人はヨーロッパの人たちとくらべヨードの耐性が有るのではっきりした病気(甲状腺機能亢進症など)ならさけるべきです当然医師が禁止する場合はしたがうのが当たり前です。

分子ヨウ素になると毒性が強くなるがトリクロダイン(1%三塩化ヨウ素=アトミダイン)は原子ヨウ素(Icl3)の形で存在する。

アルコール溶液中のヨウ素をウエットセル中で電気分解した形がI-という原子状ヨウ素を保つものがリーディングに従ったものであることは明白です。

ヨウ素は甲状腺機能を亢進する働きがあるので使用時は医師の指導のもとに使うことが安全です。

アトミダインの使用量・服用量

原子状ヨウ素:アトミダイン服用例とリーディング

(およそ1滴のなかに原子状の三塩化ヨウ素(原子量=233.246)0.5mgが入り原子ヨード0.27mgの原子ヨウ素が存在している。1日の許容量ヨウ素で3mgですので日に10滴まで取れる。)

平均の容量は、2〜3時間ごとに繰り返されて、ガラスに冷たい水の半分に5〜10滴です。

しばしば少ない容量はより大きい量で余り何回もいれないよりいっそう有効です。

集中的な効果が望まれるとき、20滴あるいはもっと多くの滴が重大な時期に与えられたり、必要とされるように、繰り返されるかもしれない。

アトミダインはただ必要な時に、薄められて、そしてでんぷん質の食事の後に決して与えられないべきでない。それは他の薬と共に使われるべきではない。(REPORTS OF READING 1734-5 M 51) 

ヨウ素の効果

腺系統のバランスを取るために服用する。

だから我々は、内服で少量のアトミダインを取り始める;グラス半分の水に1滴をおとしたものを5日間朝食前に服用、5日目に3日間あける。

また毎日2滴朝食前に5日間とる。

3日休みまた1滴を5日間とり、3日休んで、また2滴というサイクルをさらなるアドバイスが与えられるまで続けるのです。(1413−1のケース)

アトピー性皮膚炎や皮膚炎にはアトミダインを使用するリーディングが数多くある。

(Q) What should be done to clear the skin?

(A) The combination of things as we have indicated. First the Atomidine will tend to make for the coordinating of the channels of elimination. The skin condition is rather from the improper coordinating of the activities through the peristaltic movement, or absorption in the torso of the body. Thus it produces a condition wherein the irritations are produced from the poisons being eliminated through the perspiratory system rather than through the alimentary canal.


「皮膚をきれいにするにはどうすればよいですか?」

「すでに示したことの組み合わせだ。まずアトミダインが排泄のチャネルの調整に役立つ傾向がある。この皮膚状態は、ぜん動、あるいは腸の部分での吸収による動きの調節が不適正なことがむしろ原因だ。そういうわけで、消化管よりもむしろ発汗系統から排出されている毒素が炎症をつくり出しているのだ。」(2579−1)


したがって、腸が正しく機能していないと排泄器官である皮膚が病むわけだ。

リーディング中の概念は、皮膚からの排泄がうまくいかないのは、腸管からの排泄が充分でないと言っている。

関節炎の人に(18才オハイオの女性数年間関節炎で苦しんでいる)医者はすでに患者は関節の硬化と関節をのばすことするために、何をしても絶望していた。すべての関節、特に手と足から腱と筋肉のゆるやかな収縮があった。

アトミダインのコース小さい服用量を3週間の間1日3回処方された;それから1週間休み、そして次にアトミダインを使った香気浴と他の推賞したものし、厳密な食事を含めてのもう3週間おこなう。

4週の終わりに患者はどんな苦しみ、うずき、堅さ、についてもそして今日まで完全に自由であった −今ほとんど6カ月− どんな良くない徴候もない。

手当てはまだ、アトミダインの減少した量で続けられている。

アトミダインの使い方

アトミダインはまずコップに一滴おとしてから水を加えるほうがよい。

グラス半分の水に1滴をおとしたものを5日間朝食前に服用、5日目に3日間あける。また毎日2滴朝食前に5日間とる。

3日休みまた1滴を5日間とり、3日休んで、また2滴というサイクルをさらなるアドバイスが与えられるまで続ける。

喘息の発作は茶さじに5滴おとし水をいれすするようにかかれているし、海草の錠剤やルゴール液に含有されるような分子状ョウ素に較べて肉体に対する毒性が弱いという点において有益である。

そのような理由から、約610件のエドガー・ケイシー・リーディングが、体内のョウ素不足に関連した腺の不調もしくは機能不全のケースに対して、アトミダインの服用を強く勧めている。

これは広範な症状に勧められ、その点についてエドガー・ケイシーの情報源はリーディングの中で次のように述べている。

腺の不調のある人にはこのようにも勧めている。

アトミダインはどれくらい取らなければならないのですか

時々:4〜5日毎月少量とるべきです。4〜5日連続して取り、とったら一月近く休むそう28日を1月と呼ぶあいだあける。

これは、歯、衛正、そして内的な状態に対して用いることができるだろう − 腺もしくは消化と排せつ系の活動に不調和の症状があるところならどこにでも・・・(358−1)

これは、治療としてだけでなく、予防としても有益であるだろう。また、内的に服用することも、または外的に適用することも可能であり、特に腺や肉体組織におけるあらゆる不調に対して使用され得るだろう。(358−2)

アトミダインについて他のリーディングはさらに「・・・悪影響に抵抗できるよう腺組織を浄化する…」(1521−2)と述べている。

そこで、この場合においては特に(内分泌腺と関連した)体内の腺の分泌や活動力を増大させ、また血行を刺激するような元素を与えることにする。このような元素は、トリ=アトミダインとして知られる化合物の中に見出されるものである。(411−1)

アトミダインは誰にとっても安全な外用の治療薬ではあるが、服用に際しては注意が必要である。

多量に服用すれば誰にとっても有害である。

必要以上のョウ素を摂取すると甲状腺が過剰に刺激され、その結果として、神経過敏、不眠症、激しい動悸などといった症状を招くことになる。また、長期にわたって多量のョウ素を摂取すると、皮膚の発疹を招くこともあり得る。

とはいっても、必要以上のアトミダインを服用していると警告された人達は、既に、カルシオスやカルシディン、あるいは食事などといったほかの供給源から、充分なョウ素を得ている人々であった。=アトミダイン)は、フォーミュラー636や海草タブレット、あるいはョウ素を含んでいるあらゆる複合ビタミンやミネラル錠剤と併用してはならない。

トリクロダイン(1%三塩化ヨウ素=アトミダイン)は、それのみで治療の中心をなすものとして処方されたことはほとんどなく、もっばら、ほかの重要な処置を含む様ざまの治療の一部として用いられるべきものであった。

そのような使用の1例はハゲ治療の幾つかのケースに見られるが、そこでは、原油による外的治療を補うためにトリクロダイン(1%三塩化ヨウ素=アトミダイン)の服用が勧められている。

また、アトミダインは関節炎(服用)、女性の衛正法、爪割れの予防(服用、外用)、蔦漆(服用、外用)、甲状腺腫(服用)、白血病(服用)、性病(外用)、小児麻痒(服用、外用)、アトピー性皮膚炎、喘息(服用)、歯の保護(服用、外用)、咽頭炎のためのうがい薬(薄めたもの)、そして外用として切り傷、腫物、接触による感染等に勧められた。

なおこの商品についてに使用は、あくまで個人の責任ですので使用に際しては医師指導を受けられると良い。

関節炎時の飲みかた

リーディングの関節炎の治療は、アトミダイン、エプソム塩入浴とマッサージの組合せです。体が普通に戻るまで、休み期間を入れ反復してください。

注意:アトミダインは甲状腺機能亢進の人は絶対とってはダメです。日本人は他の人種に比べヨードの摂取量の上限は高いく普通の人が飲めないことはほとんどないが心配な方は医師に相談され検査してもらうと良いです。

  1. アトミダインは、朝食前に毎日グラス半分の水に1滴滴下3日間、2日間毎日3滴、2日間毎日4滴滴下、2日間毎日5滴滴下してください。
  2. 5日間は休んで下さい。
  3. 再びアトミダイン療法を始めてください、毎日5日の間、毎日コップ半分の水に一滴入れそれから、2日間、10滴滴下。
  4. 5日間休んだ後、同じ指示で、アトミダインとエプソム塩入浴を繰り返してください。
  5. それからより長い間休み、それからアトミダインの一貫した量を、次のサイクルで、前と同様に入浴の前に使用してください。

アトミダイン服用例とリーディング

アトミダインの使用量服用量

およそ1滴のなかに1/100グレインのヨードが存在している。

平均の容量は、2〜3時間ごとに繰り返されて、ガラスに冷たい水の半分に5から10の滴です。

しばしば少ない容量はより大きい量で余り何回もいれないよりいっそう有効です。

集中的な効果が望まれるとき、20滴あるいはもっと多くの滴が重大な時期に与えられたり、必要とされるように、繰り返されるかもしれない。

アトミダインはただ必要な時に、薄められて、そしてでんぷん質の食事の後に決して与えられないべきでない。それは他の薬と共に使われるべきではない。(REPORTS OF READING 1734-5 M 51)

ヨウ素の効果

腺系統のバランスを取るために服用する。

だから我々は、内服で少量のアトミダインを取り始める;グラス半分の水に1滴をおとしたものを5日間朝食前に服用、5日目に3日間あける。また毎日2滴朝食前に5日間とる。

3日休みまた1滴を5日間とり、3日休んで、また2滴というサイクルをさらなるアドバイスが与えられるまで続けるのです。(1413−1のケース)

アトピー性皮膚炎や皮膚炎には

(Q) What should be done to clear the skin?

(A) The combination of things as we have indicated. First the Atomidine will tend to make for the coordinating of the channels of elimination. The skin condition is rather from the improper coordinating of the activities through the peristaltic movement, or absorption in the torso of the body. Thus it produces a condition wherein the irritations are produced from the poisons being eliminated through the perspiratory system rather than through the alimentary canal.

「問.皮膚をきれいにするにはどうすればよいですか?」

「答.すでに示したことの組み合わせだ。まずアトミダインが排泄のチャネルの調整に役立つ傾向がある。この皮膚状態は、ぜん動、あるいは腸の部分での吸収による動きの調節が不適正なことがむしろ原因だ。そういうわけで、消化管よりもむしろ発汗系統から排出されている毒素が炎症をつくり出しているのだ。」(2579−1)

したがって、腸が正しく機能していないと排泄器官である皮膚が病むわけだ。

リーディング中の概念は、皮膚からの排泄がうまくいかないのは、腸管からの排泄が充分でないと言っている。

関節炎の人に(18才オハイオの女性数年間関節炎で苦しんでいる)医者はすでに患者は関節の硬化と関節をのばすことするために、何をしても絶望していた。すべての関節、特に手と足から腱と筋肉のゆるやかな収縮があった。

アトミダインのコース小さい服用量を3週間の間1日3回処方された;それから1週間休み、そして次にアトミダインを使った香気浴と他の推賞したものし、厳密な食事を含めてのもう3週間おこなう。

4週の終わりに患者はどんな苦しみ、うずき、堅さ、についてもそして今日まで完全に自由であった  今ほとんど6カ月− どんな良くない徴候もない。

手当てはまだ、アトミダインの減少した量で続けられている。

アトミダインの使い方

アトミダインはまずコップに1滴おとしてから水を加えるほうがよい。

グラス半分の水に1滴をおとしたものを5日間朝食前に服用、5日目に3日間あける。また毎日2滴朝食前に5日間とる。

3日休みまた1滴を5日間とり、3日休んで、また2滴というサイクルをさらなるアドバイスが与えられるまで続ける。

喘息の発作は茶さじに5滴おとし水をいれすするようにかかれているし、海草の錠剤やルゴール液に含有されるような分子状ョウ素に較べて肉体に対する毒性が弱いという点において有益である。

そのような理由から、約610件のエドガー・ケイシー・リーディングが、体内のヨウ素不足に関連した腺の不調もしくは機能不全のケースに対して、トリクロダイン(1%三塩化ヨウ素=アトミダイン)の服用を強く勧めている。

これは広範な症状に勧められ、その点についてエドガー・ケイシーの情報源はリーディングの中で次のように述べている。

腺の不調のある人にはこのようにも勧めている。

アトミダインはどれくらい取らなければならないのですか

時々:4〜5日毎月少量とるべきです。4〜5日連続して取り、とったら一月近く休むそう28日を一月と呼ぶあいだあける。

これは、歯、衛正、そして内的な状態に対して用いることができるだろう −腺もしくは消化と排せつ系の活動に不調和の症状があるところならどこにでも・・・(358−1)

これは、治療としてだけでなく、予防としても有益であるだろう。また、内的に服用することも、または外的に適用することも可能であり、特に腺や肉体組織におけるあらゆる不調に対して使用され得るだろう。(358−2)

アトミダインについて他のリーディングはさらに「・・・悪影響に抵抗できるよう腺組織を浄化する・・・」(1521−2)と述べている。

そこで、この場合においては特に(内分泌腺と関連した)体内の腺の分泌や活動力を増大させ、また血行を刺激するような元素を与えることにする。このような元素は、アトミダインとして知られる化合物の中に見出されるものである。(411−1)

アトミダインは誰にとっても安全な外用の治療薬ではあるが、服用に際しては注意が必要である。

多量に服用すれば誰にとっても有害である。

必要以上のヨウ素を摂取すると甲状腺が過剰に刺激され、その結果として、神経過敏、不眠症、激しい動悸などといった症状を招くことになる。また、長期にわたって多量のョウ素を摂取すると、皮膚の発疹を招くこともあり得る。

とはいっても、必要以上のアトミダインを服用していると警告された人達は、既に、カルシオスやカルシディン、あるいは食事などといったほかの供給源から、充分なヨウ素を得ている人々であった。

アトミダインは、フォーミュラー636や海草タブレット、あるいはョウ素を含んでいるあらゆる複合ビタミンやミネラル錠剤と併用してはならない。

アトミダインは、それのみで治療の中心をなすものとして処方されたことはほとんどなく、もっばら、ほかの重要な処置を含む様ざまの治療の1部として用いられるべきものであった。

そのような使用の1例はハゲ治療の幾つかのケースに見られるが、そこでは、原油による外的治療を補うためにアトミダインの服用が勧められている。

また、アトミダインは関節炎(服用)、女性の衛正法、爪割れの予防(服用、外用)、蔦漆(服用、外用)、甲状腺腫(服用)、白血病(服用)、性病(外用)、小児麻痒(服用、外用)、アトピー性皮膚炎、喘息(服用)、歯の保護(服用、外用)、咽頭炎のためのうがい薬(薄めたもの)、そして外用として切り傷、腫物、接触による感染等に勧められた。

なおこの商品についての使用は、あくまで個人の責任ですので使用に際しては医師指導を受けられると良い。

なおこの商品は米国からの個人輸入ですので入庫日などはメールで御相談下さい。

関節炎時の飲みかた

リーディングの関節炎の治療は、アトミダイン、エプソム塩入浴とマッサージの組合せです。

体が普通に戻るまで、休み期間を入れ反復してください。

注意:アトミダインは甲状腺機能亢進の人は絶対とってはダメです。日本人は他の人種に比べヨードの摂取量の上限は高いく普通の人が飲めないことはほとんどないが心配な方は医師に相談され検査してもらうと良いです。

  1. アトミダインは、朝食前に毎日グラス半分の水に1滴滴下3日間、2日間毎日3滴、2日間毎日4滴滴下、2日間毎日5滴滴下してください。
  2. 5日間は休んで下さい。
  3. 再びアトミダイン療法を始めてください、毎日5日の間、毎日コップ半分の水に一滴入れそれから、2日間、10滴滴下。
  4. 5日間休んだ後、同じ指示で、アトミダインとエプソム塩入浴を繰り返してください。
  5. それからより長い間休み、それからアトミダインの一貫した量を、次のサイクルで、前と同様に入浴の前に使用してください。(ATOMIDINE)

Atomidine is a commercial product which is sold as an antiseptic for cuts, sores, infections, insect bites, and skin rashes.

 

However, Atomidine is also often taken internally in minute doses as recommended by Edgar Cayce as a glandular stimulant and purifier. Atomidine contains 1% iodine trichloride and other unlisted ingredients.

Edgar Cayce stated that Atomidine "will increase the flow of secretions or activities in the glands of the system (as related to the ductless) ..." [411-1] It is used for treating a wide variety of conditions related to glandular dysfunction.

Since Atomidine contains iodine, when taken internally, it can over-stimulate the thyroid gland and heart. Edgar Cayce recommended that Atomidine be taken under the supervision of a physician.

Typically, Atomidine is taken in cycles which vary greatly depending upon the needs of each individual.

A typical cycle may involve taking Atomidine for five days and then resting for five days.

Here are some basic instructions for taking Atomidine:

Take Atomidine in a cycle of 1 2 3 2 1 drops per day for 5 days, off 5 days, and 1 2 3 2 1 drops per day for 5 days. Do this once per month (that is, when the cycle is done, wait 2 weeks and begin again). [1 2 3 2 1 means 1 drop the first day, 2 drops the second day, 3 drops the third day, 2 drops the fourth day, and 1 drop the fifth day - in half a glass of water, before breakfast. CAUTION: Atomidine should only be taken under the supervision of a physician.ハ Some individuals may experience increased anxiety and/or cardiovascular functioning as a result of taking Atomidine.  

キャンペーン

商品案内