Google

アレルギーでも食べていい物

アレルギーをおこしにくい食品 あまだい、あなご、鮎、いさき、かます、さわら、鯛類、はも、鯉、ふな、わかさぎ、鶏肉、野鳥の肉、米、麦、小麦、薩摩芋(ただ消化力が弱い人はさけるべき)、ジャガイモ(ただ消化力が弱い人はさけるべき)、インゲン、カボチャ、京菜、こまつな、ブロッコリー、にんじん、株、キャベツ、メキャベツ、葱、玉葱、白菜、大根、もやし、カリフラワー、蓮根、春菊、りんご、パイナップル、ぶどう、麸、麺類(防腐剤保存料の入っていないもの)とうがん
アレルギーを起こすこともある食品 日常生活にとっても差しつかえないもの
山芋、里芋、くり、銀杏、うど、ふき、くわい、茄子、高菜、鰯、マグロ、鱈、鰊、牛肉、鯨肉、馬肉、豚肉(肉類は脂身はなるべく切り取ること)、大豆、大豆製品、バナナ、トマト(乾癬の人はさけるべき)
体力低下時にアレルギーを起こしやすい食品 春や秋の季節の代わり目など、体力の落ちたときに取らないこと。
筍、ほうれんそう、椎茸、ごぼう、蕗の薹、わらび、ぜんまい、などのあくの強いものは、鼻炎や、風をひいた時、下痢を起こしたときも同じです。これら以外に、海老、蟹、鯖、いか、貝類、サケ、さんま、そば、トウモロコシ、ピーナッツ、空豆、えんどう豆、なども体力低下時には取ってはいけません。
同時に納豆もさけるべき

アレルギーの人は食べ物に非常に敏感です。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法