Google

フーディアの実験と報道

ここに書かれている療法は病気の診断・治療、症状の改善を目的とするものでなく米国、日本で報告されたものをまとめたものです。

病気診断治療を目的とする場合は医師にまず相談ください。

私どもの顧問医師を紹介する場合や適切な医師を紹介することもあります。

フーディアの実験と報道

カラハリ砂漠サボテン食事のサンプリング

サンのオーストラリア先住者は何年もプラントを食べました。

特派員のトム飼料用甜菜はアフリカへ移動し、Hoodiaを抑える欲求(カラハリ砂漠オーストラリア先住者百万長者になるプラント)をサンプリングしました。

トム飼料用甜菜によって

BBC2の特派員

これを想像してください:食欲を殺し、肥満を攻撃する有機的な錠剤。

それは既知の副作用を持っておらず、十分であると信じることへあなたの脳をだます分子を含んでいます。

アフリカのカラハリ砂漠砂漠の内部の深淵は、Hoodiaと呼ばれる醜いサボテンを育てます。それは非常に高温の中で繁栄し、ために数年かかります。

カラハリ砂漠(世界の最年長・ほとんどの原始的部族のうちの一人)のサン・ブッシュマンは、長い狩猟旅行中に飢えを避けるために何千もの年のHoodiaを食べていました。

南アフリカの科学者が慣例的にそれをテストしていた時、それらはプラントが以前に未知の分子(それはそれ以外a.57と洗礼名を与えられた)を含むことを発見しました。

ライセンスは、次には開発を売ったCambridgeshireバイオ製薬会社(Phytopharm)および巨大なファイザー株式会社への売買権に売られました。

運サボテン

サボテン中の分子はあなたに十分に感じさせます。

Iがカラハリ砂漠へ旅行した時、Iはサンのオーストラリア先住者の家族に会いました。

それは、悲しく、疲弊し、置き換えられた種族(彼らがドル箱の上に座っていることにまだ気づかない)です。

しかし、Hoodiaが働く場合、サンがカラハリ砂漠の端に沿って糸に通した100,000は、それらの南アフリカの弁護士ロジャーChennellsによって協定されたロイヤルティ上の一夜の百万長者になるでしょう。

また、それらは支援をすべて必要とするでしょう、それら、できる、お金を安全にするために

現在、多くのオーストラリア先住者が、大量のマリファナを吸い、アルコール中毒に苦しみ、所有物も金銭の値のどんな感覚もも持っていません。

真実は誰ではありません、完全に理解した、何、高度に発展した世界のそれらの相当物のためのマジックの分子手段。

血糖量

Britishハート財団によれば、男性の17%および女性の21%は肥大しています。その一方で男性の46%および女性の32%は太り過ぎです。

したがって、薬のマーケティング可能性は独力で話します。

PhytopharmのリチャードDixey博士は、P.57がどのように現実に働くか説明しました。

「あなたの脳(視床下部)の一部があります。その中央の脳の内では、グルコース砂糖を感じる神経細胞があります。

「あなたが食べる場合、血糖量は食品のために上がります。これらのセルは発射し始めます。また、今、あなたは十分です?」

「Hoodiaが含むように見えるものはグルコースより約10,000倍活発な分子です。」

「それは中央の脳に行き、あたかもあなたが十分かのように、それらの神経細胞を現実に発射させます。しかし、食べていません。また、あなたもそうしたくありません。」

臨床試験

Dixeyは、Hoodiaのための第1の動物試みを組織しました。ネズミ(何でも文字通りに食べる種)は完全に食べることをやめました。

第1の人間の臨床試験が導かれた時、人々の病的に肥大したグループは、「過程1つのユニット」(それが得るほど刑務所に近い場所)に置かれました。

ボランティアはみな1日中できました、読まれた書類で、食べることにテレビは、気をつけます。

半分はHoodia(偽薬の半分)を与えられました。15日後に、Hoodiaグループは1日当たり1000までにそれらのカロリー摂取を縮小しました。

それは驚くほどの成功でした。

サボテン・テスト

自分のために見るために、私たちはサボテンを捜して、ケープタウンの4時間北の砂漠へ運転しました。

以前、そこで、私たちは、10の触手に関して発芽し、長いキュウリのサイズである、魅力がないプラントを見つけました。

各触手は、注意深く皮をむかれる必要のあるスパイクでカバーされます。

サンは最後に何千もの数年間の圧迫、欠乏、社会的隔離および差別を取り除くでしょう。

ロジャーChennells、弁護士

内部はわずかに不愉快な味わい肉のプラントです。

で、バナナ・サイズの半分に関して私が食べた1800hrsに関して―またしたがって、その後私のカメラマンを行いました。

後にすぐに、私たちはケープタウンへ4時間の駆動を始めました。

プラントは感触よいほとんど性欲促進の質を持つと言われています。また、私は、私たちが気分がよかったと言わなければなりません。

しかし、より著しく、私たちは、さらに食物に関して考えませんでした。私たちの脳は、実際に私たちが十分であると私たちに伝えていました。それは壮大な詐欺でした。

夕食時間は移り変わりました。私たちはホテルに到着しました、で、真夜中に関して、また食物なしで寝ました。また、翌日、私たちのどちらも望みませんでした、および、朝食を食べました。

私はランチを食べました、しかし食欲および全く小さな楽しみなしで。その後部分的、24時間の後にゆっくり返された十分な欲求。

将来

Chennells氏は無我夢中です。

「サンは最後に何千もの数年間の圧迫、欠乏、社会的隔離および差別を取り除くでしょう。」

「私たちは、それらのHoodiaロイヤルティを備えた信託基金を作成するでしょう。また、子供たちは一生に南アフリカの中流階級に参加するでしょう。」

「私は、ロンドンとニューヨークのHoodiaカフェを思い描きます。サラダは出されるでしょう。また、Hoodiaはサラダ上へキュウリのように切断しました。」

「それは、その不愉快な味に逆らうために調味料を必要とするでしょう、しかし、それが副作用および累積的な副作用を持っていない場合。」

不運にも、重量超過のものについては、Hoodiaが、数年間まわりにありません、臨床試験は、まだ実行するべき数年を持っています。

それが見つけるのが難しく、輸出するのに不法なように、サボテンを盗むためにカラハリ砂漠へ旅行しないでください。

そして、私たちが主要な商標をテストし、それがそれに識別可能なHoodiaを持っていないことを発見したとともに、インターネットが米国から提示するHoodia「錠剤」を置くことに注意してください。

非常に正当なのは患者です。支援は近づいてあります。

プログラム記録を読むためにここをクリックしてください。

BBC2特派員は2003年6月1日(日)に1915年のBSTで放送されました。

特派員

あなたのコメントを読みます。

アーカイブ

特派員に関して

私たちと連絡をとります。

特派員のビデオ

さらに見てください

3月03(24の)日|アフリカ
Sのアフリカのオーストラリア先住者は薬取り引きを歓迎します。
3月03(18の)日|技術
力を治すことはオンラインで行きます。
7月02(30の)日|ビジネス
カラハリ砂漠サボテンは英国の製薬会社を押し上げます。

インターネット・リンク:

アフリカ南部の固有少数のワーキンググループ

BBCは外部インターネット・サイトの内容に責任を負いません。

今対応する物語を上回ってください:


Friday, 30 May, 2003, 09:56 GMT 10:56 UK

Sampling the Kalahari cactus diet

The San bushmen have eaten the plant for years

Correspondent's Tom Mangold travelled to Africa and sampled the appetite suppressing Hoodia, a plant which may make Kalahari bushmen millionaires.

By Tom Mangold

BBC Two's Correspondent Imagine this: an organic pill that kills the appetite and attacks obesity.

It has no known side-effects, and contains a molecule that fools your brain into believing you are full.

Deep inside the African Kalahari desert, grows an ugly cactus called the Hoodia. It thrives in extremely high temperatures, and takes years to mature.

The San Bushmen of the Kalahari, one of the world's oldest and most primitive tribes, had been eating the Hoodia for thousands of years, to stave off hunger during long hunting trips.

When South African scientists were routinely testing it, they discovered the plant contained a previously unknown molecule, which has since been christened P 57.

The license was sold to a Cambridgeshire bio-pharmaceutical company, Phytopharm, who in turn sold the development and marketing rights to the giant Pfizer Corporation.

Fortune cactus

A molecule in the cactus makes you feel full

When I travelled to the Kalahari, I met families of the San bushmen.

It is a sad, impoverished and displaced tribe, still unaware they are sitting on top of a goldmine.

But if the Hoodia works, the 100,000 San strung along the edge of the Kalahari will become overnight millionaires on royalties negotiated by their South African lawyer Roger Chennells.

And they will need all the help they can to secure the money.

Currently, many bushmen smoke large quantities of marijuana, suffer from alcoholism, and have neither possessions nor any sense of the value of money.

The truth is no-one has fully grasped what the magic molecule means for their counterparts in the developed world.

Blood sugar

According to the British Heart Foundation 17% of men and 21% of women are obese, while 46% of men and 32% of women are overweight.

So the drug's marketing potential speaks for itself.

Phytopharm's Dr Richard Dixey explained how P.57 actually works:

"There is a part of your brain, the hypothalamus. Within that mid-brain there are nerve cells that sense glucose sugar.

"When you eat, blood sugar goes up because of the food, these cells start firing and now you are full.

"What the Hoodia seems to contain is a molecule that is about 10,000 times as active as glucose.

"It goes to the mid-brain and actually makes those nerve cells fire as if you were full. But you have not eaten. Nor do you want to."

Clinical trials

Dixey organised the first animal trials for Hoodia. Rats, a species that will eat literally anything, stopped eating completely.

When the first human clinical trial was conducted, a morbidly obese group of people were placed in a "phase 1 unit", a place as close to prison as it gets.

All the volunteers could do all day was read papers, watch television, and eat.

Half were given Hoodia, half placebo. Fifteen days later, the Hoodia group had reduced their calorie intake by 1000 a day.

It was a stunning success.

The cactus test

In order to see for ourselves, we drove into the desert, four hours north of Capetown in search of the cactus.

Once there, we found an unattractive plant which sprouts about 10 tentacles, and is the size of a long cucumber.

Each tentacle is covered in spikes which need to be carefully peeled.

The San will finally throw off thousands of years of oppression, poverty, social isolation and discrimination

Roger Chennells, lawyer

Inside is a slightly unpleasant-tasting, fleshy plant.

At about 1800hrs I ate about half a banana size - and later so did my cameraman.

Soon after, we began the four hour drive back to Capetown.

The plant is said to have a feel-good almost aphrodisiac quality, and I have to say, we felt good.

But more significantly, we did not even think about food. Our brains really were telling us we were full. It was a magnificent deception.

Dinner time came and went. We reached our hotel at about midnight and went to bed without food. And the next day, neither of us wanted nor ate breakfast.

I ate lunch but without appetite and very little pleasure. Partial then full appetite returned slowly after 24 hours.

The future

Mr Chennells is ecstatic:

"The San will finally throw off thousands of years of oppression, poverty, social isolation and discrimination.

"We will create trust funds with their Hoodia royalties and the children will join South Africa's middle classes in our lifetime.

"I envisage Hoodia cafes in London and New York, salads will be served and the Hoodia cut like cucumber on to the salad.

"It will need flavouring to counter its unpleasant taste, but if it has no side effects and no cumulative side-effects."

Unfortunately for the overweight, Hoodia will not be around for several years, the clinical trials still have several years to run.

Do not travel to the Kalahari to steal the cactus as it is hard to find and illegal to export.

And beware internet sites offering Hoodia "pills" from the US as we tested the leading brand and discovered it has no discernible Hoodia in it.

So just be patient. Help is at hand.

Click here to read the programme transcript

BBC Two's Correspondent was broadcast on Sunday, 1 June, 2003 at 1915 BST.

1: Brain Res. 2004 Sep 10;1020(1-2):1-11. Related Articles, Links Increased ATP content/production in the hypothalamus may be a signal for energy-sensing of satiety: studies of the anorectic mechanism of a plant steroidal glycoside.MacLean DB, Luo LG.

Division of Endocrinology, Hallett Center for Diabetes and Endocrinology, Brown Medical School, Coro Building Providence, RI 02903, USA. david_b_maclean@brown.edu

A steroidal glycoside with anorectic activity in animals, termed P57AS3 (P57), was isolated from Hoodia gordonii and found to have homologies to the steroidal core of cardiac glycosides. Intracerebroventricular (i.c.v.) injections of the purified P57AS3 demonstrated that the compound has a likely central (CNS) mechanism of action. There is no evidence of P57AS3 binding to or altering activity of known receptors or proteins, including Na/K-ATPase, the putative target of cardiac glycosides. The studies demonstrated that the compound increases the content of ATP by 50-150% in hypothalamic neurons. In addition, third ventricle (i.c.v.) administration of P57, which reduces subsequent 24-h food intake by 40-60%, also increases ATP content in hypothalamic slice punches removed at 24 h following the i.c.v. injections. In related studies, in pair fed rats fed a low calorie diet for 4 days, the content of ATP in the hypothalami of control i.c.v. injected animals fell by 30-50%, which was blocked by i.c.v. injections of P57AS3. With growing evidence of metabolic or nutrient-sensing by the hypothalamus, ATP may be a common currency of energy sensing, which in turn may trigger the appropriate neural, endocrine and appetitive responses as similar to other fundamental hypothalamic homeostatic centers for temperature and osmolarity.

PMID: 15312781 [PubMed - indexed for MEDLINE]


1:脳事実。

2004年9月10日;1020(1-2):1-11.関連記事、リンク)

視床下部中の増加したATP内容/生産は、満足にエネルギーを感じることの合図かもしれません:植物のステロイドの配糖体の食欲不振のメカニズムに関する研究。

マクレーン・デシベル 、 ルオLG.

内分泌学、Hallett糖尿病センターおよび内分泌学、ブラウン医学学校、コロ・ビル摂理、RI 02903(アメリカ)の区分。david_b_maclean@brown.edu

動物中の食欲不振の活動でのステロイドの配糖体、P57AS3(P57)を名付けて、フーディア ゴルドニィ(Hoodia gordonii)から分離され、強心配糖体のステロイドの核心に対して相同を持つために見つけました。

Intracerebroventricular(i.c.v.)

浄化されたP57AS3の注入は、合成物が有望な中央の(CNS)作用機序を持っていることを実証しました。

P57AS3を示す証拠はありません、Na/K-ATPアーゼ(強心配糖体の推定上の目標)を含む、既知の受容器あるいはタンパク質の活動に拘束するか変更

研究は、合成物が視床下部のニューロン中でATPの濃度を50〜150%増加させることを実証しました。

さらに、P57の3番目の心室(i.c.v.)管理(それは後の24hの食糧摂取量を40〜60%縮小する)は、さらにi.c.v.に続いて、24hで削除された視床下部のスライス・パンチ中のATP内容を増加させます。

注入。

ペア中で、関連する研究で、ネズミに食物を与えた、4日の間の低いカロリー食事(コントロールi.c.v.の視床下部中のATPの内容)を供給しました。

注入された動物は、30-50%下がりました。それはi.c.vによって閉鎖されました。

P57AS3の注入。

同化作用のことを示す増大する証拠あるいは栄養になる感じることで、視床下部によって、ATPはエネルギーを感じる共通物質かもしれません。

温度と浸透性用の他の基本の視床下部のホメオスタシスの中心に似ているものとして、それは次には適切な神経の反応、内分泌腺の反応および食欲の反応を引き起こすかもしれません。

キャンペーン

自然療法
エドガー・ケイシー療法